言わんばことは、ちゃんと言うバイの トップへ


●2000年5月6日
みんなと同じ様に草取りをしていてはいけない。
自分の中で優先順位をちゃんと決めろ。
草取りや、グランド整備でも、自分がやらなければいけないことがあるだろう。
人と同じことしていてもだめ。
自分を出していかないと。
求められる人材というのは、そういうことができる人なんだ。

4月20日
「種はまかないと芽は出ない」 
このフレーズから分かるように、種はまかないと芽は出ない。
心の芽もそうである。種をまいて、水をやり、肥料をあげるから芽が出る。
種をまかなかったら芽が出るわけがない。
でも、不思議なことに雑草だけは何もしなくてもどんどん生えてくる。
心の雑草は、毎日きちんと抜いてあげないと、心中が雑草だらけになってしまうぞ。

4月19日
今の世の中、就職するのはとても難しい。
会社側が人を選ぶ立場。
この人物は、どんなことが出来て、会社にとってどれだけ使えるか、ということが評価される。
大学生になって、一人暮らしを始めて、今まで実家では当たり前だったことが当たり前ではなくなる。
炊事、洗濯、掃除は、自分がやらないと誰もやってはくれない。
当たり前のことを当たり前にやれる人間になっていけ。
いまはできなくてもいい。
4年かけて、一人前の人間になれればいい。
就職難の今は、自分の努力や、やってきたことが正当に評価される。
だから、目標を持って、コツコツ頑張るしかない。

4月18日
今週の学連記録会に出場する者は、ちゃんと目標を持って臨むこと。
インカレに向けて、学連記録会、県北記録会、県北選手権と段階を踏んで臨むこと。
これらの大会を、インカレにつなげなければ。
だから、ただ走るのではなく、きちんと目標を持って走ってくること。

4月15日
先日おこなった高校生合宿。
その高校の陸上部部員から手紙が届いた。
内容は「合宿でお世話になった」という感謝の意が記されていた。
山形北高校の部長の子が、先生に宛てた手紙にこんなことを書いていた。
「福島大は強い選手が集まっているから強いのかと思っていました。だけど、違うんですね。
強いのには理由があるんですね。
強い理由は、あんな辛い練習と自分に対する厳しさがあるからなんですね。」
高校生でも、これだけのことを感じている。
だから、競技が強いだけではだめなんだ。心も磨いていかないと。

3月24日
沖縄の合宿を行ってきて、ナショナルの選手と福島大の選手を比較すると、気持ちが負けていると、実感した。
練習は辛いのが当たり前である。
しかし、気持ちが強い選手は辛くても練習をどんどんこなす。
それは、自分のもっている目標が明確だから出きること。
自分の目標に対して自覚を持って練習しているからである。
記録で負けて、気持ちで負けて、一体どこで勝つんだ!?
いくら記録で勝ってても、気持ちで負けてたら意味がないだろ。
自覚を持って練習に取り組んでいこう。

3月8日
最近、家の周りを消防車がよく通る。
一人暮らしの者が多いから火の始末には気をつけること。
一人暮らしといえば、人間、生活をすれば当然ゴミが出る。
そのゴミを捨てる場所は汚れていないか?
汚れていなかったら誰が掃除しているのだろう。
自分で汚しているところだ、たまには掃除してみろ。
また、価値観が変わるぞ。

3月7日
「やりなさい。」と、言われた課題はすぐに片づけてしまう癖を身につけること。
考え方のくせより、行動のくせをつけることが、大切。
社会に出たとき、会社に勤めて、社長に言われた仕事をやらなかったら解雇されてしまう。
社会に出たら学生に通用しないことは山ほどある。
催促されなかったら、課題(飯田史彦先生の講演会の感想文)を出さなくてもいいなんて思うな。
注意されてから課題を出すようないい加減な人間になるな。
ちゃんとした人間になれ。

3月5日
小さな変化はいつか大きな変化にかわる。
その変化を起こさせるのは自分しかいないのである。
今日から変わるかもしれない。明日変わるかもしれない。
そのきっかけがいつくるかわからない。
そのきっかけを見逃さないようにし、一日一日大事にすること。

2月某日3 練習前 
マラソン選手の有森裕子さんや、雉子波秀子は自ら行動を起こす。
有森さんは、大学を卒業するとき、決して競技力は高くなかった。
しかし、実業団で走るために自分から進んで、小出監督に会いに行った。
呼ばれもしないのに自分から相手に近づくというのは、非常に難しいものだ。
だが、彼女はそれをやってのけた。
だから、2度のオリンピックで、2つのメダルを獲ることにつながった。

雉子波は、97年に日本記録を樹立したとき。
「毎日、毎日、その日の練習を一つずつやり遂げれば、目標は、向こうからやって来る。
毎日の練習は、大きな目標につながっていると信じられるようになった。だから、練習をやるんだ。
日本記録は、神様の贈り物」と言った。
自分から歩いていくのか、引き寄せるのか。
タイプは、2とおりだけど、そこには「行動」が伴っている。
まずは「行動」。「行動」ができる人間になれ。

2月某日2 練習前
人間は目標を失うと駄目になる。
辛くなったときは隣の人間を見てみろ。
ただし、どちら側の人を見るかが問題だ。
例えば、鉄棒にぶら下がっているとしよう。
この行為は、辛いな。
このとき、隣の人が力尽きて手を離し、落ちてしまったらどうする。
下に落ちてしまった人をみたら、気が抜けてしまい、自分の手も離れてしまう。
これは、目標をなくした状態と同じだ。
しかし、その反対側人を見てみろ。
必死で頑張っている姿が見えるぞ。
そしたら自分も一緒に頑張れるだろう。
それが仲間だ。
だから、辛いことがあったとき楽な方ばかり見ないで、
必死でがんばっている隣人を見ろ。
目標を見失わずにちゃんとやること。

2月某日1 練習前
「まあいいや。」「このくらいはいいだろう。」などという消極的な気持ちを「心の雑草」と呼ぼう。
この心の雑草は抜いても抜いてもまた生えてくる。
いつ生えるか?それは、寝ているとき。
日中に積極的な気持ちを持ったり、作ったりしても、寝ているうちにそれは、なぜか、無くなってしまう。
その証拠に今まで何度「よし、やるぞ」と決心したこととか、今までの分を全て覚えていて、実行できていたら、
それこそ素晴らしい人になっているはず。
だが・・・・・今の自分がここにいる。
やっぱり積極的な気持ちは、いつの間にかなくなっている。
「やる気」は、なくなるものと考えていた方がいい。
逆に考えれば、どんな人でも朝起きたら積極的な気持ちは、小さくなっている。
ということは、毎朝、毎朝が逆転のチャンスあり、ということになる。
だからこそ、毎日、毎日自分を作るということをしていく。
メンタルトレーニングの中の「自己確認書」や会社・学校の「朝礼」などがそれにあたる。
「心の雑草」が生えたらちゃんと抜いて、心の中をいつでもきれいにしておくこと。

言わんばことは、ちゃんと言うバイの トップへ