2020年4月の日記

●4月1日(水)

今日から新学期
8:40 大学
9:30 学生生活委員会
2年目がスタートしました。
委員長、がんばります。
これは90分ほどかかりました。

65歳の定年まであと3年となりました。
歳を取ると、人生の見え方も変わってきます。少しゆっくり行きたいのですが・・・・
ただ、やりたいことがドンドン溢れてきて、困ります。
世に中に恩返しすることが、まだまだありそうですし、もう少しお役に立てそうです。
最後まで、しっかり頑張りたい。

午後も練習

今日は早めに帰ります 17:35


●4月2日(木)

8:40 大学
9:30 練習
午後も練習

夕方からコロナ対策のミーティング。
先が見えない・・・・・

考えることも、やるべきことも山ほどある。
20:30 帰ります。


●4月3日(金)

8:45 大学
午前中、研究室の片付けを目論んだのですが、進まず。
二瓶コーチ、吉田コーチと部の運営について相談。
川本が部長、吉田が監督(男子コーチ兼務)、二瓶が女子コーチではどうでしょう?

13:30 らんと市内某所に。助かりました。

福島市内は桜満開一歩手前。
竹内まりやさんが「人生の扉」で
「満開の桜や色づく山の紅葉を  この先いったい何度 見ることになるだろう  
 ひとつひとつ 人生の扉を開けては 感じるその重さ  
 ひとりひとり 愛する人たちのために 生きてゆきたいよ」と歌っています。
ジジイになると心から実感。


●4月4日(土)

朝の散歩:阿武隈川の土手で菜の花が満開でした。
これまで菜の花の存在すら気がつかなかった ><
物事は、見ようとしないと見えない!!
忘れないでおこう。

8:45 大学

ツバメがグランドに初飛来!!!
今年は、すっげーっ早いぞ。

17:00 帰ります。
愛犬りくの夕方の散歩に間に合いました。


●4月5日(日)

8:45 大学


お昼ご飯は、菊田コーチ、二瓶コーチとおそば屋さんに。
帰りに木蓮の大木を発見!!見事でした。
福島に春が来た。

16:00 帰ります


自宅近くの福島東高の桜を眺めました。

1997年4月2日 浦ノ崎駅
満開の桜に見送られて、大学進学のため、ふるさと伊万里を後にしました。
いくつになっても、あの満開の桜の光景は忘れないモノですね。
北京五輪出場、伊万里高校創立100周年記念講演など地元・浦ノ崎駅の桜が「いつかは、ふるさとに錦を飾りたい」と旅立った川本青年の気持ちを見てくれていました。


●4月6日(月)

8:45 大学

今日は、なにやったっけ?
本来なら、入学式。ガイダンスなどで忙しいはずですが・・・・
コロナで簡単入学式。残念 ><

18:20 帰ります。


●4月7日(火)

午前中は、市内某所。

15:00 大学
東邦銀行チームの練習。少しだけ

練習が終わって、コーチと選手達の状態の確認。
18:25 帰ります。


●4月8日(水)

8:45 大学
9:30 練習
12:30 教室会議
コロナ対策です。
2時間くらいかかりました。

16:30 総務委員会
18:10 大学を出て、珍満賓館に。
東邦銀行に田代、広沢、馬場の3名の新人を迎えました。
本来なら歓迎会をチームでやるところですが、コロナ禍で多人数の会食はNG。
じゃあ、監督・コーチと食事をということで、吉田・天下谷コーチに加えて、いつもお世話になるであろう二瓶先生もご一緒に。
3人の前途を祝しました。


●4月9日(木)

3/30福島出身の作曲家古関裕而さんをモデルにしたNHK連続テレビ小説「エール」がスタートしました。
1週目の総合視聴率は27.6%。ただ福島では驚異の43.6%。
川本も初回から観ています。
1週目は裕一の福島が舞台でしたが、2週目は音の豊橋が舞台。
今日は「いつもやさしいお父さん」・涙でした。

8:45 大学
9:30 練習

お昼ご飯ですが「ローストチキン」を食べたかったので、練習に来るついでに吉田コーチにに「買ってきて」
「なかったらケンタッキーでもOK」

 ←イメージはこんなヤツ(スーパーのお総菜程度)

ただ、どこにも売っていなかったようで・・・・吉田コーチが「監督にローストチキンを絶対!食べさせたい!!!」と探し当てたのは。

丸ごとのローストチキン!!!びっくり!そうきたか。
ただ、「ケンタッキーフライドチキンではなく、今日はローストチキン」という気持ちが嬉しい。
天下谷コーチが巧に解体してくれました。
当然、ひとりで食べられる量ではないので、吉田コーチも食べました。これが狙いでしたね。
味は、さいこーっ!!でしたよ。

チキンを食べて、東邦チームの練習。
新人にスキップAの極意を伝授。身につけるためは、天下谷コーチと試行錯誤が必要。


●4月10日(金)

8:55 大学
10:00 L4教室で「遠隔授業の導入について」1時間の 説明会
コロナ感染リスクを減らすために、全教員のために昨日と今日5回に分けて実施しています。
同じ話を5回もしなくてはならない担当の先生方、ホントに大変。ご苦労さまです。
一生懸命聴きました。
ただ、講義棟までだからと、ジャケットだけで行ったら、L4教室は風通しをよくするためにドア、窓が全開。
昨日はポカポカだったのですが、今日は山は雪。冷え込んでいます。
ジャケット1枚のジジイには、寒さが応えました。が、一生懸命に拝聴。

あっ、川本の学生生活委員会も対応で大変ですが・・・・大変と言わずにやっています。
ほとんどメール会議にしています。
日々、状況が変わるので、対応力が試されますね。臨機応変に変幻自在を心がけます。
朝令暮改もあり!

午後は、遠隔授業の準備などを。
17:45 今日は早めに帰ります。


●4月11日(土)

8:55 大学
9:30 練習
今日は、福島大学トラッククラブ競技会の予定でした。
少々肌寒さは残りましたが・・・・2020シーズン突入です。
諸般の事情から公認競技会は開催することができないので、記録会形式のトライアルにしました。
ユニフォームに身を包み、みんな精一杯トライアルしてくれました。

義弟の正倫くんが、見学がてら遊びに来てくれました。
懐かしい!!
夕方、「龍苑」で焼肉を一緒に。楽しく過ごせました。
女将さんもコロナ禍の中、頑張っていました。客足の低下は否めませんよね。

龍苑には、30数年通っています。
信夫山のトンネルを越えた北側・御山にあった頃からです。
タレはその当時のと同じ味。
もうずーっと前「春の友合宿」で山内先生、力丸先生、向井先生、孝夫先生と龍苑で食事をしました。
山形の孝夫先生が米沢牛を食べながら「山形の美味しいお肉はここに来ていたのか!!」とみんなを笑わせてくれたのを昨日のように憶えています。


●4月12日(日)

8:55 大学
9:30 練習
さあ、今日から明日を見つめて練習。
学生達の掛け替えのない1年を大切してあげたいですね。
やりたくてもやれなかった辛い思いは、震災の時だけでもう充分。
学生達に夢と希望を持たせることが最重要課題(当然、安全第一)。
夢を忘れて練習しても、何の意味もありません。
明日への希望!これが人を突き動かす。
練習前に川本の話を真剣な眼差しで聴いてくれる学生達、ホントに清々しいですよ。
若者の力って凄いと思います。この潜在力を如何に引き出せるかですね。

今日も木次谷先生が来てくれました。
ラベックの使い手になってくれそうです。研究にも活かせるといいですね。
木次谷先生は、コツコツと物事に取り組める研究者タイプです。
手順などをしっかり守れますが、発想がまだまだってとこがあります(ゴメンね)。
これは経験というか、考えるクセの違いです。
福島に呼んでおきながら、しっかり指導しなかったと(少しだけ)反省しています。
研究してもらいながら、発想の転換ができるよに一緒にやれればいいですね。

16:00 帰ります。


●4月13日(月)

8:55 大学
今日は雨。
練習は休みです。
遠隔授業の準備をしようと思ったのですが・・・・
身の回りのことが気になってしまい、机の周りの整理。逃避です。

資料を整理していると、次から次にいろんなものがでてきてしまい、頭が収集つかなくなりました。

こんな時は、外に食事。
安達町のおそば屋さんに。
大盛りを頼んでしまいました。

午後も整理の続き。
ホントに多くの情報に囲まれて、過ごしていますね。我ながら感心。

整理の途中で、拙文に出くわすのですが・・・・その時の思いが出ています。ついつい・・・・
交流磁気のことが気になって、しっかり調べてみました。
昔からの本や最新論文をあさっていくと、ホントに不思議な作用です。
「磁気シャワー」は改めて凄いことを確認。最近、勉強していなかったことを反省。
人間、分かったつもりになってはいけないね。
日進月歩。
松山千春先生が言っている「歩き続ける時」
ちなみに25歳の時に担任をした茨城県利根町立文(ふみ)小学校3年4組の学級便りのタイトルも「歩き続ける時」
あの頃の子ども達も40の半ばですね。

教務委員長の杉浦先生から新入生のガイダンスの連絡が入りました。
2教室に分かれて実施することになったので、学生生活委員会のガイダンスも2手に分かれることになります。
今日はその段取りなども。

今日は帰ります。17:30


●4月14日(火)

8:55 大学
今日は風があるものの、晴れ。
1年生に二瓶先生がドリルを伝授。
4年間で1度しか教えません。傍から見ていても二瓶先生はうまい!!
新入生がどれくらい理解できるかですね。
ドリルの前に重要性やこのドリルが上手くなるかどうかで4年間が決まる!とアドバイスをしてあげました。
高校生のつもりで、先生は優しくいつでも教えてくれると思ったら大間違い。って事も伝えました。
受け身のヤツは、成長しない。
早く分かって欲しい。あと、固執して亜流に走る者。成長なし。


ツバメたちの巣作りが始まりました。

13時に関西のテレビとLINEで番組の相談。
初めてグループ電話会議なるものをやってみました。
これで充分ですね。

午後は、スケルトンの高橋選手の指導。
北京で絶対にメダル!!!そのために氷上ダッシュ。
理屈抜きで、楽しいですよ。

夕方から委員会の仕事。
ガイダンスの日程などが二転三転します。
それだけ大変なんですよ。臨機応変、変幻自在。
誠実に前を向いていれば、間違いなし。
帰ります 19:20


●4月15日(水)

午前中は、ちょっと市内某所

13:20 大学
お昼ご飯は、買い置きのフルグラ@カルビーかっ込みました。
フルグラ(糖質オフ)結構気に入っています。
13:30の教員会議に間に合いました。
学生生活委員会からの報告事項が4件。
密を避けるため、会議も短めでした。でも、2時間。
これを機に会議の短縮を考えましょう。1時間で負われそう。
東邦銀行チームの練習の最後の方を見ることができました。
やっぱり陸上好きですね。

18:00 帰ります


●4月16日(木)

8:55 大学
9:30 練習
練習前の学生への話しが30分以上になってしまい・・・・終わりも13:00過ぎ。

午後は実験の準備。
ちょっと失敗。
でも、とりあえずやれるだけはやってみました。

緊急事態宣言が全国に発出されるとの情報が!!
学生課などと打合せです。
ここは、学生の安全第一。
一体どうなるんだろう?先が見えない・・・・

18:20 松川のたまご屋さんに寄って帰ります。


●4月17日(金)

8:50 大学
コロナ対策の授業準備です。

大学では危機対策本部会議が始まっています。
また、変更があるかと思いますが・・・・・遠隔授業はマストでしょうから、頑張ります。
実技は・・・難しいですね。
前期開講を通年にして、7月くらいから始められたら11月で終われるけど。
12月の専門実技は、暖冬傾向とは言え、気候的に厳しいよね。

14時過ぎに吉田、天下谷コーチと打合せ。
明日は、雨予想。
今日の内に庭に除草剤と肥料を撒こう。
ということで、帰ります。17:30
途中、お店に寄らなくては・・・・開いているのかな?


●4月18日(土)

8:50 大学
雨でした。今日から学生の練習を休止することにしました。
一度、みんなを集めてから話をして帰そうと考えていたのですが、雨なので辞めました。
ただ、今は一斉に伝える手段があるので、文書にして送りました。
残念です。

危機対策本部会議の決定を受けて学内における課外活動は全面的に禁止になりました。
学内施設も学生への感染予防から全面使用禁止になりました。 本日を以て、陸上競技部の活動を休止します。
再度、大学からの「新型コロナウイルス感染症のための学生行動ガイドライン」を確認して(更新は週明けかも知れません)安全に行動するように。
「感染するかも知れない」というようりは「自分は今感染している(無症状)」「誰にも移してはいけない」と発想の転換をして周りの人にも気を遣うように。
咳やつばが相手に飛べばその人に移ります。
相手のためにマスクの徹底を忘れずに。
また、感染拡大を止める重要な人物だと自覚することが大切。
正しい知識を入れて、正しく怖がろう。
学生の移動等についても制限があるので、学内のルールを熟知すること。
授業開始は5/7ですが、全科目遠隔授業になるため、学内の運動施設がその時から使えるか不明です。
また、みんなで楽しく陸上競技がやれる日が、一日でも早く来ることを祈っています。
それまで各自健康と安全には充分気をつけて、暮らすように。
また、無駄に時間を過ごさないように!!
日はまた昇る 川本

午後からは、調圧の実験をひとりで細々と続けています。
がんばります。
が、今日は早めに帰ります。17:00


●4月19日(日)

8:50 大学
授業の検討などを午前中に。

神奈川県医師会 いいこと言っている。その通り。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200418-00000006-jct-soci

午後から庭坂。
終わって、ケンタッキーフライドチキンに寄って、今、我が家で流行りのガーリックチキンを買ってみました。
でも・・・・川本はちょっとダメ。
オリジナルチキンが一番ですね。


●4月20日(月)

8:45 大学
午前中は、ガイダンスの資料作成。

10:00 教室会議
これは2時間くらい。

お昼は、南福島。
携帯屋さんで、スマホの解約。
お姉さんが、安くなる裏技をたくさん伝授してくれました。
王将で肉と野菜のナンとかを食べました。

午後から実験とデータ整理。
それと授業準備。

18:20 帰ります。


●4月21日(火)

8:45 大学
午前中は、研究室の整理など

昼ご飯は、外でとんかつ。

午後は、新入生ガイダンス用の資料作成。
19:00 帰ります。


●4月22日(水)

よい夫婦の日です。
8:45 大学
部員の健康観察・トレーニング観察の段取りなど。

昼間、学外に。

夕方から実験の検討。
19:10 帰ります。
おっと、快汗コラムの締め切りでした ><
書くことが浮かばないので、勝手に締め切り延期!!


●4月23日(木)

8:45 大学

午前中、研究室整理。
机周りをキレイにしてみました。
快汗コラムは浮かばず・・・・ゴメン><
脳がスポーツに向いていません。何も出てこない・・・・

今日はとろろソバ。

15時から1時間ほどタイヤ交換で学外に。
19:00 帰ります。
アスリート食堂の献立を更新していますが、4/21の「ラッシー」って飲み物の名前・・・・初めて聞きました。

吉田コーチが的確な食レポを書いてくれました。
寒い日はなぜか塩味が恋しくなる。 ニラとたけのこ、しめじの生姜スープはピリッとした生姜の辛味がアクセントになっている。身体がほんのり温かくなるのを感じる。 春の味覚「たけのこ」もたっぷり入っている。
シャキシャキとした食感もいい。
一人ではなかなかたけのこを買う機会がないので、春を感じるありがたい瞬間である。 中華丼は豚肉、うずらの卵、白菜、人参、ニラ、などなど具材が豊富。とろみのある餡とともにご飯がよく進む。
小松菜、人参、ちくわのサラダ。ドレッシングはマヨネーズに醤油を混ぜたのだろうか。コクがあり、ちくわの旨味とともに、野菜の爽やかさを引き立てる。 しかし、ここまでで一体、何品目食べたのだろう。
ふと思う。 数えてみると13品目。一人でこれだけの食材を買い揃えられるだろうか。
いや、一食のために、ここまで買い揃えることはできない。おっと、スープに白ごまが入っていた。生姜も合わせれば15品目。
すごい。
そこにデザート登場。
今日はバナナヨーグルト。これで17品目だ。 食事はバランスよく、とはよく言うけれど、一食でこんなに食材を豊富に食べられるのは本当に有り難い。


●4月24日(金)

8:45 大学

昨日、岡江久美子さんが亡くなられました。合掌
癌治療で免疫低下の話が出ていました。
放射線治療と抗がん剤治療・・・ごっちゃに語られていますね。
TVに出演してる専門家もどきの方は、正確の情報を伝えて欲しいですね。

午前中、藤田先生が来室。
藤田先生は、川本の医大時代の恩師です。
いろんなことで意見交換。勉強になります。

18:30 帰ります


●4月25日(土)

9:00 大学
データ整理など
補食を摂るようにしてみました。

13:00 大学を出て、庭坂に。
外にあまり出ていないので、色白になりつつあります。

16:00 帰宅
途中、農産物直売所によって、野菜果物を買ってました。


●4月26日(日)

8:40 大学
午前中は、快汗コラムの原稿書き。
水曜日の締め切りでしたが、担当の記者さんが「日曜日で間に合います」と言ってくれたので甘えました。
コロナ禍で、おうちでジッとしていながら、トレーニングみたいなものがたくさん出回っているので
少し毛色を変えて、重苦しくならないように、肩の力を抜いて北京冬季五輪のスケルトン選手のサポートについて書きました。
40年以上、どうしたら速く走れるか?とず〜っと考え続けたジジイの挑戦でもあります。
夢は見たいね。
希望も欲しいね。

13:00 大学を出て、庭坂に。

帰りに再び農産物直売所
「桃味のポテトチップス」をついつい買ってしまいました。
二本松のトマトジュースがあったので、これも。
椎茸が美味しそう!!ってことで購入。
16:00 自宅に戻り、ゆっくりというか疲れて昼寝。


●4月27日(月)

8:50 大学

授業準備を本気でしっかりしてみました。

18:30 帰ります


●4月28日(火)

8:50 大学

朝から日体大から東邦銀行に来た広沢のビデオ分析です。
一番楽しい時間ですね。って言うか時間を忘れて「先生、お昼どうしますか?」と二瓶先生に聞かれるまで没頭。
早くこのデータをフル活用できる日が来るといいけど・・・・
GWはステイホームですね。
例年だと今日は広島ですね。
今日明日で、お約束のお好み焼きを食べています。何だか懐かし〜
この時期の広島は、藤の花が綺麗!!

山形大学の渡邊先生と7月の北日本インカレ開催について確認。

19:00 帰ります


●4月29日(水)

今日は、じいちゃんとばあちゃんの命日です。
ばあちゃんがなくなったとき、織田陸上が終わってから、広島から伊万里に帰りました。
お通夜でばあちゃんにお別れを言って、サーキットに戻りました。
今日は一日中研究室。

木次谷先生と研究打合せ。
16:00 帰ります


●4月30日(木)

8:50 大学
大串啓二さんが3/17に亡くなっていました。
心よりお悔やみ申し上げます。
東京五輪の時の陸上主将です。
佐賀の先輩なので大学入学時に世田谷のご自宅にごあいさつに。
「川本君、今のタイムは」「49秒5です」
「じゃあ、1年に0.5秒ずつ縮めなさい。4年になると47秒5で走れる。それだと日本のトップクラスだ!」心の底から信じて、練習に励みました。大恩人です。
大串先輩から得られた教訓を附属中学校校長時代の3年目最後の卒業式での式辞として使いました。

後半部分を書きますね。

昔、陸上競技の400mの競技者がいました。高校時代は全国大会の入賞まであと一歩という無名選手です。
「日の丸をつけて走りたい!」と大きな夢を持って、大学の門をくぐりました。
その時の日本のトップとのタイム差は 2秒。
距離にして16mもの開きがありました。これは、途方もない差です。
ただ、彼は、4年で2秒縮めればいい、1年間で0.5秒縮めるのだから、数字の上では、簡単な事だと考え、それだけの努力をすればいいと自分に言い聞かせてトレーニングに励みました。
そして、ひたすら、自分を信じればいいと 夢を追い続けました。
どんなにうまく行かないときでも 中学校時代の成功体験が 彼を支えてくれました。
4年後、その2秒を縮めることができ、念願の日本代表として スタートラインに立つことができました。
日の丸のユニフォームに袖を通したときに彼は、「その記録で走れたことが、偉いことではなく、自分の潜在能力を引き出せたことに 大きな意義がある。」と強く自覚することができました。
自分を信じて、言い訳をせず、必死に努力すれば、必ず何かがつかめます。
彼が大学院を修了し、陸上競技のコーチとして働き出すときに 大学生活で培った「自信と自己肯定感」を持って 世の中に出て行くことができました。
その後の35年間で、25名の日本代表を育てています。
どんな窮地に陥ったとしても、どんなに 困難に直面しても、「自分には強い力があるのだ」と、心の底から 呼び出して下さい。
自分の中にあるのだから「やれる」という思いがあれば、いつでも、呼び出すことができます。強い思いを持って、困難に立ち向かって欲しい。
自分の夢に向かって
どんな辛いことがあっても、
絶対にくじけてはいけない!
くじけたら、夢はつかめない!
東日本大震災で大打撃を受けた三陸鉄道が、震災一年後に発売した切符を知っていますか。
切符の名前は、「復興未来行き」
有効期限は、「諦めない限り有効」
さあ、胸を張って、背筋を伸ばして、
前を向いて 生きていきなさい。
そうすれば、強い力が 湧いてきます。
人の幸せは、他人を幸せにした総量で決まります。
君たちが、福島の未来の、そして 日本の未来の かけがえのない人材になることを 大いに期待して 「式辞」とします。

19:30 帰ります