2015年8月の日記

●8月1日(土)

朝からトラッククラブ競技会。
今日は暑いぞ〜!!

クラクラ感がありました。終了は15時ちょっと前。
一旦、研究室に戻り、エアコンの効いた部屋で、ちょっと休憩。

15:30 報道特番バンキシャ!(日本テレビ系)の取材。
サニブラウン君のすごさについて

これまでの川本の常識・・・・
100mの歩数を数えて、平均のピッチとストライドを求めて大雑把な傾向を出しています。
得意の女子だと日本トップクラスで53歩か54歩です。
二瓶先生だと52.9歩、11秒36なので平均ストライドが1.89、ピッチ4.66です、
福島さんは、ストライド1.85、ピッチ4.79
男子も47から48歩で、ピッチは4.6から4.7です。
ピッチは山縣君や桐生君は4.7台です。インターハイの大嶋君も4.7。
世界のトップクラスもピッチの速さは重大な要因です。
カールルイスが43歩、ピッチ4.36と川本の常識を打ち破っています。
おっと、ルメートルも40.5歩、4.08!と驚異的な低ピッチ、ロングストライド。
ボルトは40.9歩、4.27のピッチです。
ルイス、ボルトが川本のスプリンターの常識を越えていますが、大部分のスプリンターは一定の範疇です。

で、昨日、バンキシャ!のデイレクターから告げられたのが「サニブラウン君は44.2歩でした」
ピッチは4.29です。
これは!ルイス、ボルトクラスの可能性!
4.29のピッチで10秒30!国内だけで考えても・・・・スプリンターの平均ピッチは4.6から4.7。
4.7に入るとトップクラス!ピッチの速さが命だ!みたいな気持ちでいたのですが・・・・
川本にとって100mを47歩、48歩が日本人の常識でした。
バンコクで走った伊東浩司選手の100mの10秒00は44.5歩(記憶違いかも?)だったので、これまた衝撃でしたが・・・・
その伊東選手にサニブラウン君は肉薄している!!

と、ここまでが、昨日考えていたこと。

で、クルーが研究室に到着。
一通り、研究室で解説した後、グランドに。
バンキシャ!クルーが取り出したのが、足跡!?
「サニブラウン君の足のサイズは30センチなので、30センチで作ってきました」
ボルトの分まで作って、偉いぞ!
それを1歩ずつ、トラックに張って行ってボルトの41歩とサニブラウン君の44歩を再現。
手間のかかることをクルー達はやります。
「ところで・・・・うちの大学が全天候トラックだと知っていた?」
「いいえ」
「土のグランドだったらどうしたの!?」「考えてもいませんでした」
AD君「自分は埼玉大出身ですが・・・・陸上競技場は土でしたね」

まあ、結果オーライで、ボルトとサニブラウン君のストライドなどについて講釈を。

今日も暑い、熱い一日でした。

自宅に19時過ぎにたどり着き、ぐったり


●8月2日(日)

朝8時に菊田先生に迎えに来てもらいました。

研究室で今日の段取りなどを確認して
10:00 川本ジュニア塾。
信じられないくらいの酷暑でした。
様子を見ながら、練習。

12:30に終了。

午後からは「パワーアップジャパン from Tokyo ふくしま大運動会 4時間リレー」です。
全体で400名近い参加でした。
13:10 開会式。
13:30 スタート 暑さとの闘いですが・・・・チームの絆で乗り切って欲しい!!

で、4時間無事に終了!

終わって、バーベキュー。川本は自宅に戻り、バタンキュー


●8月3日(月)

午前中、大学で仕事。

午後から県庁に行き、紫村仁美の東邦銀行入行発表。
紫村は、佐賀の鳥栖出身です。
高校はお隣の福岡県の名門高・筑紫女学園高校に。
早稲田大に進学して、卒業後は、佐賀県の教員に。
難関の教員試験を一発で合格する才媛です。(特に佐賀県は小さな県なので、採用もほとんどありません)
100H13秒02の記録で2013年のモスクワ世界選手権に。
この頃から、紫村のコーチの吉松先生と本格的に再会?。
吉松先生は、川本の一学年下。
佐賀の高校時代はよきライバル。
筑波大では、先輩後輩の関係で、一緒にマイルリレーを走りました。
現在の吉松先生は行政職(佐賀県スポーツ界のキーパーソンです)の傍ら、紫村のコーチを務めています。
大会毎に「先輩、ちょっとよかですか!?」と川本に相談を持ちかけたりして、勉強熱心なコーチです。
紫村は、三養基高校の教諭をしながらの陸上競技です。
トレーニングをきっちりやるのは実際には大変だったと思います。
この冬に12月、3月と一緒に合宿をしました。
その時に紫村の陸上競技に対する真っ直ぐに気持ちに感銘を受けました。
で、紫村とだったら世界に挑戦できる!と感じて、ダメ元で口説きました。
紫村も世界に挑戦したい!という気持ちが強かったので、教諭という職を投げ打って東邦銀行陸上競技部に飛び込んできてくれました。
将来が安定している教諭を棄てるのは、凄い決断です。
吉松先生も「川本さんなら、紫村ば、安心して預けられます」と送り出してくれました。
これまで60・100・200・400・400H・4×100R・4×400Rと短距離系の日本記録を樹立することが出来ました。
100Hだけは、池田の13秒02で日本記録を更新できずにいました。
とりあえずの目標は日本人初の12秒台です。佐賀県の期待と共にがんばります!

夜は、紫村の歓迎会。


●8月4日(火)

9:30 免許更新講習会。
福島は信じられないくらいの猛暑です。
その中で、先生方の免許更新講習会。
ちょっと危険です。
で、講義も入れて、2コマ。受講生は大変だったと思います。

午後は、採点作業。

終わって、種々打合せ。


●8月5日(水)

大学は、まだ授業・定期試験が続いています。
2コマ コーチング論。最後の講義でした。

午後から、練習。
絶対無理!というくらいの猛暑でした。
少し遅めの開始で良かったと思います。

陸上競技の追試も実施。

夜、水戸に移動。いっぱいいっぱいですね。


●8月6日(木)

水戸市の陸上競技場で陸上教室。
水戸の陸上競技場は、「水戸陸上」でお世話になっていました。
ケーズデンキスタジアムとなって、もうビックリするくらい立派な競技場に変身。

申込が多すぎて(ありがたいことです)午前中だけでは出来なかったので、
午前、午後の2部に分けて、やらせていただきました。

今日の水戸も酷暑。
ただ、エアコンが入る広いスペースがあったので、何とか乗り切ることが出来ました。
ちょっと疲れました。この酷暑の中での陸上教室2ラウンドは、オヤジには酷でした。
もう若くはないな!と実感。

帰りの車の運転は、イッパイイッパイ。


●8月7日(金)

午前中、大学に。
ちょっと仕事。
今日は午後から盛岡です。

あまりの疲労感に「今日は新幹線!」
車が便利ですが、今日、長距離運転するときっと途中で睡魔が来る!!と思い、自宅に車を置いて新幹線で盛岡に。
弁当は、お約束の「牛肉ど真ん中」

15時から盛岡県営陸上競技場で北日本インカレの代表者会議。
川本は東北学連のヘッドコーチなので、やることがたくさん。

終わって、清水先生送ってもらい、市内のホテルに。

夜は、恩師の関岡先生(日本学連会長)を囲んで楽しく食事。


●8月8日(土)

北日本インカレ
男子
400:5位 照内颯 48.80
10000:2位 矢走拓斗 32.38.52
女子
400:6位 原菜月 58.95
100H:2位 山本千裕 14.92、3位 吉田菜穂15.03、5位 後藤美優15.27
3000SC:4位 大関佳11.29.47
400R: 4位 48.62
走幅跳:優勝 高橋英里 5m80、5位 青木成美 5m34

夜は、北日本学連のコーチの皆さんと懇親会。


●8月9日(日)

男子
800:優勝 角田拓也 1.55.05
5000:4位 矢走拓斗 15.30。20
400H:2位 照内颯 52.91、5位 宮越裕太 54.23
10000W:7位 藤田剛 49.35.02
1600R:5位 3.17.09
走高跳:優勝 鈴木真悟 2.10
三段跳:2位 高橋裕仁 15.06、8位 武田聖生 14.09
やり投:5位 須藤俊亮 61.87
十種:2位 浅澤豊 6032

女子
200:4位 齋藤歩夏 25.44
800:3位 中村あゆみ 2.20.59
400H:2位 松尾祐里 61.91
1600R:2位 3.51.91
棒高跳:2位 阿部南美 3.00、7位 堀裕子 2.40
三段跳:優勝 高橋英里 12.00
やり投:優勝 荒裕子 46.14

盛岡からは、「はやて」で仙台まで行き(40分くらい)、「やまびこ」で福島(20分)が早い(2時間ちょいですね)のですが、仙台で乗り換えが、ちょっと面倒。
盛岡で、福島までの各駅停車「やまびこ」があったので、それでゆっくり帰ることにしました。


●8月10日(月)

今朝は、元気です。
愛車で、仙台空港に。

10時過ぎの便で、札幌に飛んで、合宿です。
千歳空港には、先週から合宿に合いっている吉田コーチが迎えに来てくれました。

ホテルにチェックインして、グランドに。
しっかり練習!!


●8月11日(火)

午前中はグランドが使えなかったので、ちょっとゆっくり。

午後から、しっかり練習。
夜は、ぐっすり!!


●8月12日(水)

午前中、トラック練習

午後は、新宮のスプリト調整と紫村のハードル調整。
改善の兆しが見えました。
他のOLさん達は、ウエイトトレーニング。


●8月13日(木)

今日は練習お休み。みんなでリフレッシュ。


世界選手権の4×400mリレー出場が決まったので、3人で喜びのポーズ。
正式な喜びのポーズは、東邦銀行陸上競技部のHPで。


●8月14日(金)

午前中はグランドが使えなかったので、ちょっとゆっくり。

午後から、しっかり練習。
紫村のハードルを重点的に。


●8月15日(土)

午前中、トラック練習。

午後、トラック練習。
満足できる合宿でした・・・・OLさんたちは、もう少し残って練習。
千葉と青木は、世界選手権に出して恥ずかしくない状態に仕上がっています。
17時過ぎに新宮と千歳空港に。
あまりの混雑に新宮が一瞬迷子に!

自宅には22時到着。


●8月16日(土)

朝、7時過ぎに自宅を出て、南相馬に。
今日から大学女子チームのインカレ合宿です。
南相馬は自宅から2時間弱。

9:30から南相馬の小学生を対象に陸上教室。
まあ、これはお約束ですね。
比較的涼しかったので、何とか一人で頑張れました。

午後から選手、コーチが集合。
インカレを見据えて、頑張りましょう。

夜は、地元の南相馬のスポーツ好きのオヤジたちと懇親会。
これもお約束で、大切なこと。


●8月17日(月)

午前中、しっかり練習。
午後もしっかり練習。

終わって、自宅に帰ります。
途中、大学に寄って調べ物。


●8月18日(火)

今日は、附属四校園の夏休み研修会。
会場は附属小学校ですが・・・・何時開始かちょっと不明。
というか、今日のプログラムを校長室に忘れてきました。
と言う訳で、一旦、中学校に出勤。

9:30開始でした。
川本は10:00から11:30まで講演。
ちょっと気合いが入りすぎで、10分超過。反省。

そのまま、車で南相馬に。
14時からの午後の練習に間に合いました。

2時間ちょっと練習を見て、福島に。
自宅で着替えて、県庁横の杉妻会館に。
17:30から研修会夜の部です。
川本は少し遅れて、参加。
若手教師の勉強熱心さに感心!!
でも、明日があるので、1次会で失礼しました。


●8月19日(水)

7時に自宅を出て、南相馬に。
合宿最終日です。

しっかり練習ができました。
ただ、できは不満足。

13時にグランドを出て、自宅に。
急いで着替えて、15:30県庁記者クラブで、世界選手権決定!の記者会見。

終わって、研究室 → 帰宅。


●8月20日(木)

10:13の新幹線で千葉に。
午後から全国附属校園長研修会。
周りを見ると・・・・同級生生の赤松先生が!
おっと、後輩の有川先生も。

文科省の説明:これは勉強になりました。
いすみ鉄道の社長さんの講演:これも勉強になりました。

夜は、懇親会:これも勉強になりました。
ここで、原田先輩を発見!
飲み足らなかったので、赤松とちょっと外に!


●8月21日(金)

午前中は、校長先生達の研修会。
12時に終わって、赤松とソバを食べて、帰宅

実り多い、2日間でした。
久々に何もしなくていい研修会だったので、気楽に臨めました。
こんな研修会っていいですね。

夜、スカパーでこれまでの世界陸上のハイライトをやっていました。
織田さんの解説で、世界陸上を観るのは・・・実は初めてで、新鮮でした。


●8月22日(土)

午前中、いつも通り練習。

午後は、研究室で、仕事。
18:00から辰巳屋で附属校園の旧現職教員の懇親会。
川本は、附属校園の代表あいさつ。

これは楽しい会でした。

終わって、2次会に突入。
これまた楽しく語り合いました。


●8月23日(日)

午前中、練習。

午後は、陸上競技の最終試験の予定だったのですが、雨のため、明日に順延。
メールが運んできている仕事を少しずつ片付けました。

夕方、とっとと帰り、世界陸上。
準決勝までは、ガトリンが行くと思っていたのですが・・・・・
心の強さって、大切ですよね。
ガトリンのラスト5歩の慌てブリは、NGでしたね。
普通に走る難しさは、県大会だろうが世界選手権だろうが、同じです。
そのステージにふさわしい心の強さが必要ですね。
ただ、若い時のボルトにその心の強さが備わっていたかは、疑問。
圧倒的な速さが彼を支えていたのだと思います。
今は、心の強さがボルトを支えていますね。

心と心の100mのレースを堪能しました。


●8月24日(月)

9時から陸上競技の追試。
これは1時間で終了。

午前中は、二瓶先生と実験打合せ。

13:30 本当に最後の最後の陸上追試。
1時間。

成績処理も終わり、今日は早めに帰ります。

北京に行くのは、決まってるのですが・・・
観戦チケットが手に入りません ><


●8月25日(火)

8:00 ラジオ福島。
朝から全開!「週刊朝ゼミ」に生出演。

終わって、二本松に。
川本市民の元気塾。健康作りのアドバイスを。
これは9:30から2時間ほどかかりました。

練習の終わりの方に顔を出すことができました。

午後は、いろんな事をテキパキと?
ニュースで「市内の小中学校は、今日が始業式」
附属中は。「明日から」だけど・・・・ちょっと心配になってきました。

17:30 本部棟で附属校園運営委員会。
会議前に附属小学校の副校長先生が、校長先生に「今日は、涼しくて良かったですね。
昨年は、全校集会で何人も倒れましたからね」
って・・・・附属小学校は、今日から学校開始!?
不安がよぎります。
中学校の副校長先生に(勇気を出して)訊ねようとしたら、会議が始まりました。

終わって、副校長先生が、「校長先生、明日から宜しくお願いします」
よかった!中学校は、やっぱり明日からだ!!


●8月26日(水)

中学校は、今日から開始・・・・・
いつものように7:15に出勤して、登校指導。

全校集会で校長講話。ホントに今日で良かった。

終わって、大学に。
午前中、練習です。

14時過ぎに自宅に戻り、パッキング。
奥さんを福島駅に送って、中学校に。

16:30公務運営会議。
金曜日の職員会議に出席できないので、伝達事項などをお願いしました。
終わって、自宅に戻り、タクシーで福島駅に。

19:16の新幹線で、東京に。
今日は、羽田泊まりです。


●8月27日(木)

9:25 羽田から北京行きです。便利になりました。
4時間ほどのフライトで北京です。

空港からホテルにはタクシー。90元(1元は20円くらいで計算)でした。

市内のホテルにチェックインして、ナイキのA島さんに連絡。
ナイキのホスピタリティーは、スタジアムの近くらしい。
早速行ってみることに。
ホテルからは、タクシーで20分ほど50元。
安いですね。

8年ぶりの鳥の巣です。
2008年の感動がよみがえってきました。

で、ナイキでお茶して、作戦会議。
最初のミッションは、観戦チケット購入。
奥さんをナイキに残して、早速A島さんとチケット売り場に。
ちょっと英語が通じにくいみたいです。
が、どうもここではないみたいです。
「じゃあ、どこで売っているの?」
「知らない」って・・・・ありゃあ〜そっぽ向いちゃった・・・・><

困った!!

チケット売り場を探すしかない。
ナイキに戻ったら、丹野、青木がお茶していました。
何という偶然!しばらく歓談。
おっと、そんなにゆっくりしてはいられない。
で、奥さんとナイキを後にして、競技場周りのチケット売り場に。
で、ひろ〜い、ひろ〜い会場を歩いて探したのですが、チケット売り場は、全部クローズ。
チケットは結局手に入らず。ただ、これで、競技周りの地理は完璧です。

ホテルに戻って、日本陸連のH野さんに連絡。
お願いは、観戦チケットとサブの入場IDです。

これは、中々難しい!
世界選手権のADですが、これは通常、IAAFが、日本陸連を通して「AD買わない?」って言ってくれるのですが、今回は、出場決定が遅かったので、「買わない?」が間に合いませんでした。
ADがなくて、サブに入れるのか・・・・・?

まあ、心配しても仕方ないので、ホテルの近くの中華料理屋さんに行って、食事。
これが、美味しい!!
当たりのお店でした。

夜は、ホテルの部屋でTV観戦。
ゆっくり観戦できました。
ただ・・・・織田さんの説明はなしです。


●8月28日(金)

前日練習です。
スタートに合わせて、8:30にサブ。

朝は、流石に北京市内は混んでいました。
サブグランドの入場は、制限されています。
で、ウォームアップエリアに入るためのIDをIAAFは各国に配布しています。
で、そのIDで入ってみました。
ADがないので、普通は入れないと思うのですが・・・・これが入れました。
まあ、何も言われなかったので、いいのでしょう。

丹野と青木は、絶好調です。26日の10+300のトライアルでも37秒5前後で走れています。
いくつかの修正点はあったのですが、今日もいい動きで、安心。
サブからメインに行けるかな?
五輪の時は、トンネルを通って、メインスタジアムに行き、階段を上がれば、観客席でしたが・・・・
今回もそうでした。

観客席は、午前のセッションなのにそこそこの入りです。
これで、サブからメインに行けることが分かりました。

お昼は、ナイキに行って、おいしい食事。
そこにH野さんから電話が入りました。
チケットショップを見つけて、「1枚だけ売っていました」ナイスな情報でした。
ずっと探してくれたみたいです。
本当に感謝です。
流石!日本陸連事務局!!本当に大変だったと思います。
だって、昨日あんなに探したのに探せなかったんですから。
(H野さんに)聞けば、スタジアムの北側の大通りの向こう側にありました。って・・・・
一体誰にどうやって聞いたの?
でも、ずっと、ずっと探してくれたみたいです。感謝

夕食は、近所の鉄板焼き。
でも、これはブーって感じでした。まあ。あたり外れはありますね。


●8月29日(日)

アップ開始は 8:00なので、早めにスタジアムに。
だったのですが・・・・観客用のセキュリティーチェックのところが超満員。
こんなに人がいるの?っていうくらいの人、人、人。
勘弁してよ〜と思いながら、スタジアムに。
入ったところが、競歩のコース側だったので、ぐる〜〜〜〜っと、回らされてしまいました。
まあ、仕方ないか。

H野さんとサブグランドに。
アップの状態は、ホントにいい感じ。
丹野も「出産以来、一番いい状態です」
青木もしっかり走れています。
自信を持って、「さあ、行ってこい」と言えました。

メインに行くと、50キロ今日のフィニッシュでした。
感心したこと・・・・
その1:トップの選手がスタジアムに入ってきたときに中国の観客の皆さんが、スタンディングオベーションをした!!
その2:ビニール袋に食べ物を沢山入れて持ち込むのは、五輪の時と変わりないが、ゴミを床に捨てずに持ち帰っていた。
その3:中国人はピスタチオが好きらしい。で、ピスタチオを食べる。当然、外の殻を捨てる・・・ことをせず、ちゃんと袋に入れて持ち帰る。
本当に北京の方は、我々と同じよな常識で行動していました。
成熟を感じました。

マイルリレー
丹野、青木の渾身の走りでした。3分28秒91の日本新。
組7位、全体で13位。
10位のバハマは28秒46.11位ルーマニア:28秒60、12位オーストラリア:28秒61なので、
女子短距離の現状から考えると上出来すぎますね。
決勝へのプラス2はカナダの26秒14。いつか行きたい。


写真は、レースが終わって、サブに戻ったばかりの2人との記念写真。
予選落ちで喜んでいる場合か!と言うご意見もあるでしょうが、
3分30秒を切れたというのは、我々にとっての金メダルです。
少しずつ上がっていくしかありません。
この世界選手権、これまで自己記録を出したのは、女子マイルだけではないかな?


●8月30日(日)

朝は、TVでマラソン応援。
中国のマラソン中継は、距離表示がなかったので、ちょっと残念。
ただ、自分のペースで見ることができたので、OKでした。

チェックアウトは12時。

空港に行き、オヤジはラウンジに。奥さんはショッピングに。
肝心の飛行機ですが・・・・これが滑走路近くに行ったものの中々飛び立たない!
到着予定は20:00。羽田から東京駅に行って福島行きの最終新幹線に乗るには、20:50くらいのモノレールがタイムリミット。
これは、幾度となくこれまで経験して、危機一髪を乗り切ってきています。
結局、15:35のフライトでしたが、飛び立ったのは、16:15・・・ちょっとピンチです。
でも・・・パイロットさんが頑張ってくれて、羽田に20:10到着。
これで、大丈夫ですね。
帰りはワンセグで、世界陸上観戦。
久々の織田さんの解説もいいもんですね。
結構最後まで楽しめました。   

福島到着23:20。                    


●8月31日(月)

7:15 登校。

今日は全校集会。
夏休みの表彰がたくさんありました。
生徒達は、しっかり頑張ってくれていました。校長として、大変嬉しい!!

今日から教育実習が始まります。
校長は8:40から9:10まで講話。

その後、打ち合わせを終わって、大学に。
ちょっと留守をしてたので、検討課題がたくさんありました。

19:00 二本松市川本元気塾。
今日のテーマは、当然、世界選手権。

20:30 元気塾終了。
新宮、山下と茨城の勝田に。
23時前にホテルに到着できました。