2010年11月の日記
●11月1日(月)

今日から11月ですか。本当に時間の経過は早いですね。
でも・・・・10月の1日から5日まで開催された国体は、遠く記憶の彼方です。
わずか、1ヶ月前なのに・・・・
いや、いや、1週間前の日本選手権リレーも記憶の彼方ですね。
これは、いかん!「短期記憶」が「長期記憶」に移行しないということ?
それとも・・・・いろんなことがありすぎて、短期記憶のメモリがいっぱいになって、バックアップする前に容量オーバーになっているってことでしょうか?
困った!
この2ヶ月は、記憶力アップ月間にしましょう。
記憶の情報が海馬から側頭葉に送られれば、長期記憶になると聞いたことがあります。
海馬はどんな基準で、情報を送るのでしょうか?
きっと、というか、たぶん印象度ですよね。
印象が強いもの、こころに響いたものはきっと忘れないはず。
きっと感動が少なくなっているんですね。
もう少し、大きく心を動かして、ものごとを見るように心がけてみます。
11月は感動の月だ!

で、今月感動しなくてはいけない行事は・・・・
ももりんダッシュNo.1、川本塾、クロカンリレー、岩見キャプテンとの飲み会、ユニオン講演会、推薦入試、アジア大会、OBとの飲み会、お疲れさん会。このくらいですかね。
よ〜し感動するぞ!

午前中、授業の資料作り。
これが、面白くて、ドンドンはまっていきました。

途中で、学生指導。
折角、資料作りの神が降りてきていたのですが・・・・もう!!!って感じですが、とりあえず対応しました。
が、全然話になりません(これは昨日からの続きです)。

12時に「今日の体トレは、M21教室で、座って勉強です!実技はありません。」と午前中の出来たての資料を眺めて、受講生に一斉メール。
それから15分くらいして、体トレ受講生の菊田が「先生、今日の4コマ目はウエイトトレーニングですが・・・・」
菊田は、ウエイトトレーニングも体トレも受講しています。
ありゃあ〜、体トレは明日!今日の4コマはウエイトトレーニングでした!
菊田が「先生・・・」と言ってこなかったら、4コマ目M21教室に行って、驚くところでした。
記憶の問題ではなくなってきているような・・・・・心配ですね。
訂正メールを出して、そこからウエイトトレーニングの授業準備。

3コマ目、大学院の授業でしたが、院生は、動作分析ソフトの使い方を勉強中。
今日は、お休みにしました。

4コマ目、ウエイトトレーニング。
今日は「筋肉痛は何故起きる?」を少しだけ解説して、その後は、本格的なウエイトトレーニング。
マニアックにバーベルを挙げていきます。
ハイスピードビデオを渡したら、挙上フォームチェックをしながら、トレーニング!!
マニアたちは違う!
でも、微妙な修正点が分かって、非常に役立ちました。

夕方から、ずっと仕事。
明日のゴルフのフォームをアップするのを忘れていました。
ハイスピードカメラでフォームを撮影したので、それぞれのフォームを学生が見られるようにHPにアップ。
お手本に川本のフォームを載せようと試みましたが、やっぱり遼君にしました。
まあ、そうですね。
ゴルフの授業は、「携帯を持ってきなさい」と伝えています。
携帯のムービー機能を使って、自分のフォームチェックをしてもらっています。


机の上が全然片付きません。
この机の上のものは、どんどん机の下に置かれて、山積み状態。
もう絶対仕事ができない人の部屋になってしまいました。
きっと、頭がいっぱいなんだと思います。
もう少し整理整頓して、仕事がしたいな! 今日は帰ります。21:00


●11月2日(火)

10:00 雑誌「野球小僧」の取材。
当然野球ネタなので、楽しみながら時間がかかりました。

3コマ目、ゴルフ。

4コマ目、きょうこそ「体力トレーニング」

研究室に戻ると、鳥取からK森先生とN代先生がいらっしゃっていました。
明日のももりんの視察です。
って、鳥取からですよ・・・・
でもこのダッシュイベントが世間に広がるのは、陸上人として良いことです。
日本各地でやって欲しいものです。
「11月3日はダッシュの日」なんてことになると、凄いですね。
すぐに飲みながら話しに行きたかったのですが・・・・・ももりんの準備が進んでします。
最後の確認などもあるので、19:30まで川本は研究室で待機。
鳥取と言えば、砂丘。
あとは・・・・ん〜出てこないなあ・・・・勉強不足ですね。
県の人口が60万を切った!とおっしゃていました。
60万県民で戦うのは至難の業。
でも、県全体(県体協)の強化費は福島県の2倍あります。
強化対象競技団体の数は同じなので、どのくらい強化にお金を掛けるかは、その県によって違いますね。
ただ、福島県で言えることは、強化費の低下と共に競技成績が落ちていったと言うことです。
お金がある時の強化策をお金がない状態でやっては、実が上がりません。
が、お金がないところでの強化策は、たぶん出てこないので、ダメですね。
ふるさとSAGAの強化費は、福島の10分の1で、47位!国体順位(天皇杯)は、47位。
ただ、大阪や愛知は福島より少ない予算で上位にはいますが・・・・・
ここは、堂々と県民の皆さんに強化費がないので、負けます!と言っておきましょう。
もうスポーツに過度の期待をするのは、なしにしましょうね。

こんな話や陸上のファン獲得について、いろいろアイディアを出し合って、そのまま市内某所で飲み会に突入。
明日の天気回復を信じて、飲みました。


●11月3日(水)

朝の散歩は快晴!
今日は文化の日、絶対晴れる!
と、7時過ぎに駅前に行って、さあ準備!というときに雨が降り出しました。
天気予報は、晴れ時々曇りだったので、楽観して、8:30の交通規制の時刻を待つことに。
本格的な準備に入る前に雨も上がり、いい感じ。
菅野建設のトラックが器材を運んできてくれます。
もう今年で4回目ですが、このトラックが到着した時は、胸の奥にこみ上げてくるものがあります。
「本当にやれるんだ!」という感慨ですかね?
街中で、ダッシュ大会を開くって、そんなに簡単にできることではありません。
本当にたくさんの人たちの協力と支えが必要です。その分、感激も大きくなります。
「悲願」は大切です。
その悲願を実現していただける「チーム川本」の皆さんには、大感謝です。
イベントは、大成功!
本当に感激の連続でした。
みんなで、創り上げたイベントという感じがして、ちょっと泣けました。
この日は、出場した「選手」だけではなく、イベントを作っていったスタッフもそれぞれのところで主役になれたはずです。
今年から、少し出場区分を変えてみました。
小学生を2部門から、3部門に分けました。
また、未就学児の部門を新設。これは、好評でした(勝手な判断ですが・・・・・)。
新設と言えば、「CM奪取」
お店の人に競走してもらって、勝った方が30秒のCM時間を奪取するというもの。
負けた方も10秒ー疾走タイムのCM時間(5秒ほどですが)を確保。
恒例?キャスターダッシュは、口と脚の回転力をテーマに早口言葉の後にママチャリ「ももりん号」で30mダッシュという競技スタイルでした。
県内民放4局とNHK、ラジオふくしま、6社のキャスターが挑戦してくれました。
優勝は、昨年に続いてラジオふくしま!
日頃のトレーニングが活きているんでしょうね。
10時から15時まで川本と深野アナはMCです。
昨年に続いて、チアリーディングがあったので、5分ほどひと息つけました。
が、ずっと話し続けるので、ちょっと大変。

今年は、最速王が誕生!
追い風に乗って「3秒58」がでました。
もうビックリ!

設営もそうですが、撤収もテキパキと進行しました。
本当に手際の良さには、脱帽です。

17時からラヴィバレでお疲れさん会。
その後、Eヴで2次会。
川本は後半の記憶が、まったくなし!


●11月4日(木)

「昨日の後半・・・・憶えていないけど・・・・」
「私は先に帰りましたから、その後は分かりませんが・・・・」と二瓶。
吉田が出勤してきたので、二瓶が「先生が、昨日のこと憶えていないって言ってるけど・・・」
すかさず吉田が「先生、後半は眠られていました!」
道理で記憶がない訳だ!寝ていましたか!
まあ、仕方ないですね。
昨夜は、あまり飲んだ覚えがないのですが、寄る年波には勝てませんね。

2コマ目、トレーニングマネジメント。
競技的状態の解説を。

3コマ目、教養演習。
「なまはげ」「横手焼きそば」「睡眠」のプレゼンでした。

4コマ目、医大の非常勤。
今月は、サッカー。

帰ってきて、授業準備。

6コマ目、18時からスポーツ競技の世界。
今日はメーカーさんの活躍ぶり。

19:30に終わって、pdfと少々格闘。
市教委に出す報告書が手書きなので、担当の吉田と何とかならないものかと思案していて、
pdfも書き込めるとMacの雑誌で読んだことを思い出して、マニュアルもなしで、とにかくやってみました。
一旦は、貼り付けることに成功したのですが、どうもきれいじゃない。
やっぱり、テキストで書き込んだ方が、絶対きれい!
何とかやれました。ちょっと頑張った感じです。
でも、川本の仕事は残っていたので、そこから猛ダッシュで仕上げました。
そろそろ帰ります。3人のOLたちは、残業中です。21:10


●11月5日(金)

午前中、科研費の申請書の訂正などを。

3コマ目、研究室のゼミ。
M2は、脳の仕組みというか運動が身につくメカニズムについて。
指導ともども、ちょっと大変です。

終わって、二瓶とこまごまとした打合せを。

16時過ぎに大学を出て、石川町に。
東北ろうきん石川支店20周年記念講演でした。
18:15から60分。
講演会の後の懇親会は、いろんな方のお話を伺える貴重な機会なので
基本的には、参加させていただいています。
が、あまりの疲労感に今日は、辞退させていただいて、帰りました。

自宅には、20:45到着。
あまり普段と変わらない帰宅となりました。


●11月6日(土)

朝から、仕事ひと筋!

13:30 川本塾。
今日は・・・・・17時まで。
塾生からもだんだん意見などが出るようになってきました。
次回、忘年会をやることが決定!
大きな進歩ですね。

CM:快汗コラム出版記念講演会:11月14日


●11月7日(日)


明日晴れますように・・・・と星に願いをして、昨夜大学を出ました。
今朝は、抜けるような青空。
絶好のクロカンリレー日和です。
あづまの銀杏並木も色づいて、いい感じ!

今回のクロカン担当は、木田ちゃん。
やっぱり木田ちゃんの日頃の行いの良さでしょうか?

今回のエントリーは、44チーム。
みんな一生懸命あづまを駆け巡りました。
山ちゃんも息子さんの応援で、来ていました。
長距離はママの血筋かな?

終わって、荒川の河原で芋煮会。
トラッククラブと学生です。
今日は、味見だけで10杯の芋煮を食べました。
そのうちで、おいしかったものをもう一杯!という気分には、ならないほど、お腹いっぱいです。


●11月8日(月)

午前中は、授業準備や仕事でした。

3コマ目、大学院の授業。

4コマ目、ウエイトトレーニング。
北野さんが、学生にデッドリフトの正しいやり方を伝授してくれました。

終わって、用事が次々に登場。
川本は、18:30から市内某所で岩見キャプテンと飲み会なのに・・・・・
飲み会は、ギリギリセーフでした。
久々にシメの米沢ラーメンまで、行ってしまいました。


●11月9日(火)

木田ちゃんたちが、クロカンリレーの事後整理に。
10:30 大塚製薬の担当の方が2名来室。
ちょっとしたヒアリングでした。

3コマ目、ゴルフ。

4コマ目、体力トレーニング。
今日は、インターバルトレーニング。

終わって、二瓶コーチに福島駅まで急いで送ってもらいました。
16:47の新幹線に飛び乗って、東京・羽田空港へ。
乗り換えがスムースに行ったので、羽田空港でカレーを食べる時間がとれました。
「海老とホタテのカレー」を注文。
お店のお姉さんも「シーフードひとつお願いしま〜す。」なんて言っていたので、
川本の頭は、シーフードカレー!ビールも進みます。
で、出てきたカレーには、普通のカレーに蒸し海老とホタテがコロコロと入っているだけ。
カレーはシーフードの風味無し。
ただのカレー味。
まあ、仕方ないか!?
海老とホタテをビールのつまみに。

19:45のフライトでしたが、中々飛び立たず・・・・・
那覇空港到着は23時ちょっと前。

車のラジオからは「明日朝の最低気温は18度・・・・」
??今日の福島は、ポカポカで良い感じでした。
が、昼間の気温は18度。
沖縄の最低が18度って、やっぱり来て良かった。

いつものデイゴホテルに入ったのは、23:35。
でも、中曽根さんが「先生お帰りなさい!」と最高の笑顔で迎えてくれたので、
カレーのガッカリも、飛行機の遅れも吹き飛びました。
とりあえず、オリオンビールのロング缶を買い込んで部屋に。


●11月10日(水)

昨日、科研費の申請書に不備があるというメールが入っていました。
二瓶に電話を入れて、川本のPCから書類を送付していもらい、解決。
クラウドコンピュータ化はしていませんが、
こんなことがあると、クラウド化も必要かも?
それより、二瓶がいてくれるので、大助かり!

久保倉、渡辺、丹野、青木が、6日のアジア大会結団式を終えて、直接沖縄に来ています。
何とかなるかな?とも考えたのですが、やっぱり、福島は寒いので、行かせました。
日本代表ですから、きちんとした準備をして、大会に臨みたいですからね。

日本選手権リレーできっかけをつかんだ渡辺、実学で思うようなレースができた青木は、良い感じに来ています。
丹野も実学以来、昇り調子なので、心配はいりません。
が、久保倉の調子が上がりません。
7日、8日の送られてくる練習タイムからしても、ピンチ!
で、川本の登場です。
技術走をやりながら、いくつか修正していきました。
その後、120のイン・アウト走。
1本目のタイムは、やっぱりダメ!ですが・・・ひと頃よりは脱した感がありました。
いろいろ本人とディスカッションしながらいくつかの修正点を指摘。

ただ、久保倉につきっきりという訳も行かず、他の3人の練習もチェックしながら走る前の久保倉を遠目で眺めていると・・・・・・
人が変わったような良い感じの流しをしていました。
これは行ける!
実際に走ってみると120のタイムが0.5秒も短縮されました。
やっと久保倉に春風が吹き始めました。
「練習は積めているので、足さえ速くなれば大丈夫だよ」と常々言ってきて、足が速くならなかったので、本人も不安だったと思います。
これで行けると思います。
沖縄まで飛んできた甲斐がありました。

みんなに見送られて、17:15の飛行機で東京に。

東京湾上空で、妙な感じに飛行機が飛んでいます。
旋回っていうヤツですね。
着陸待ちでした。
今回は、行きも帰りも飛行機には恵まれませんでしたね。

21:00にホテルに一旦チェックイン。
東京のホテルは、もうクリスマスモードでした。
半袖の沖縄から来たので、サンタの気分には、乗り切れませんでした。
ちょっと早くないですか?

今日は遅めのスタートで、ここから打合せ。
オヤジたちの飲み会に早い遅いはありません!


●11月11日(木)

今日は2コマから授業です。
2コマの開始は10:20。
8:08の新幹線だと9:46福島です。
東京発7:40の各駅停車だと9:35到着です。
考えた末、11分早く福島に着く7:40に乗ることにしました。
福島駅で、二瓶にピックアップしてもらい、大学に。
コーヒーを研究室で飲むゆとりがありました。
このゆとりって大切ですよね。
お陰で、心に余裕ができて、2コマ目のトレーニングマネジメントは、いい講義ができました。

3コマ目、教養演習ですが、昨日合同講義があったので、今日はお休みです。
と、言うことで、時間的な余裕が少しできました。
夜の講義の授業準備などを。

4コマ目、医大の非常勤。

6コマ目、スポーツ競技の世界。
今日は,力強さを科学するをテーマに筋力アップの仕組みなどをドーピングの話を交えて。
この授業の終わりは、19:30。
そこからちょっとやり残した仕事を片付けて、帰りはいつもと同じくらい。21:15


●11月12日(金)

9:30 附属小学校5年生35人がグランドに。
総合学習で、川本監督に足を速くする方法を教わろう!という企画です。
これは、大学の教員として、張り切らなきゃいけない!と思い、
ナイキのジャージを新調して臨みました。

結構楽しく、グイグイスタートとポン・ピュン・ランを学習してもらいました。
その他にも、サッカーや野球の質問も受け、川本自身も楽しめました。
この授業は90分。

終わって、11時過ぎから県の観光交流課の方が来室。
合宿の里ふくしまをうりだすための取材でした。
これは、1時間ほどで終了。

昼休みに二瓶と打ち合わせ。

3コマ目、ゼミ。
途中で、図書館に注文していた本を借り出しに。

夕方、福島銀行本店に。
ちょっとしたミスがありました。

夜は、ずっと仕事。
もうすぐ出国なので、解決すべきいろんな事が山積みです。


●11月13日(土)

朝イチで、菅野社長が来てくださいました。
川本から相談事があったのですが、「ちょっと行くから!」と大学に来てくださいました。
感謝!
少しお知恵を拝借!しました。

10時過ぎに大学を出て、福島駅に。
10:47の新幹線です。
上野で乗り換え、日暮里に。
日暮里から、新しくなったスカイライナー。
これが速い!というか近い!
12:45に乗って、13:21に成田第2ターミナル駅到着!
これだと成田空港も、近いぞ!

今日は、海外ではなく、そこからタクシーで40分ほどかけて佐原に。
香取郡市のPTA研究会に講師として呼ばれました。
今日の講演は、PTAの方と教職員対象。
コーチングについて・・・・いつもの「勝利への伴走者」
結構、集中して話せたと思います。
また、聴かれる方が、本当に真剣でした。

帰りもタクシーで送っていただきましたが、PTAの方が、出迎え、見送りをされるので、佐原から2往復です。
乗っている時間が長いですから、金額にすると結構な額ですよ。
ただ、PTAのお父さん2人とタクシーの中で、楽しく会話できたので、川本は退屈せずにすみましたが・・・・
今日の講演は、主催者からするとハイコストです。
素敵な花束をいただきました。
持ちやすいように紙袋に工夫がしてあり、思わずニッコリしてしまいました。

帰りは、成田エクスプレス。
これは、17:48のノンストップで、東京に18:47着。
帰りは、遠い気がしますが・・・・新幹線に乗ことを考えると、
トータルでは、同じくらいですかね?


●11月14日(日)

午前中、研究室で、午後の準備。
実は「夢を追い続ける群像」のテーマで40分話さないくてはいけません。
実は、今日まで何も準備をしていません。
話す構想さえできていません。
二瓶や吉田と会話をしながら構想を練りました。
その後、パワーポイントの写真を集めたり、スライドを作ったり・・・・・
そうこうしているうちに集合時刻になりました。
銀行に寄って、会場の福島県教育会館に。
学生が駐車場係を始めていました。
ただ、開場は13:00!川本が開場入りしたのは、11:30。
学生はやる気満々です!が、お客さんはまだですよ。

会場に到着して、パソコンの設定や今日の段取りを読売新聞塚田支局長と。
今日は、福島大学スポーツユニオンと読売新聞福島支局の共催で、「快汗コラム出版記念講演会」です。
今日の講師の白石先生が、12時過ぎに登場。
ありゃ?下柳選手@阪神タイガースも一緒?
ありゃ?岡部選手@競輪も一緒?
豪華お客さんでした。
県庁の肩書きのある方も、「今日は個人的に!」とたくさん駆けつけてくださいました。
600人以上も入る大ホールなので、入場者が心配だったのですが、
開演前には300程度埋まっていました。
ひと安心です。
その後もどんどん人が入り、最終的には、7割方席が埋まっていました。

13:30から川本の「夢を追い続ける群像」が40分。
続けて、吉田のコーディネートで、北野さん、丹野、智美ちゃんの座談会。
北野さんは、64歳のおっさんなのに世界チャンピオン!
53歳から始めたパワーウエイトで夢に向かって挑戦中です。
丹野は、誰もがやったことのあるかけっこで、NO.1を目指しています。
オンリーワンが脚光浴びるこの時代ですが、誰もがやったことのあるスポーツで、NO.1を夢見るって並大抵の努力ではできません。
そして、智美ちゃん。
目が不自由なのですが、昼間はパン屋さんで働きながら、大学で陸上の練習に励んでいます。
うちに来たときは、本当に陸上を始めたばかりで自信なさげだったのですが、
今は、「ロンドンを目指します」と言えるまで成長しました。
3人それぞれの立場で、夢を追っています!

最後は白石先生の「夢を叶えるコツ」でした。
これも教務深い内容でしたが、60分という短い時間だったために最後まで行けませんでした。
でも、本当に面白く興味そそられる話でした。
今度飲みながら、ゆっくり聞き出します。

夜は、一杯やりながら、反省会。
おっと、今日のもう一人の主役は、福島中央テレビの須賀アナウンサー。
今日の司会を務めていただきました。
うまい!

最後の締めは、吉田と智美ちゃんを連れて、軽い食事。
本当に智美ちゃんが成長したな!って感じた一日でした。


●11月15日(月)

午前中は、二瓶と仕事。
今日は、はかどりました。

昼休みに県管理センターに行き、北野さんの実験の協力をお願いしました。

3コマ目、大学院の授業。
今日のテーマは、地上の作用反作用。

4コマ目、ウエイトトレーニング。
黙々とみんなでウエイトトレーニング。

終わって、仕事。
ハックの様子が心配だったのですが、結局21時過ぎに帰宅。


●11月16日(火)

午前中、いろんな仕事。

11時に資生堂の山田コーチが2人の選手を連れて来室。
今日から1ヶ月ほど、若手の800選手をお預かりすることに。
90分ほど、いろんな話をして、ガイダンス。

3コマ目、ゴルフの授業。

4コマ目、体力トレーニング。
今日は、北野プロのウエイトトレーニング教室。
いや〜、勉強になりました。

16:20から国際交流委員会。
これが終わったのが、18:10。
やることはたくさんありましたが、18:30には大学を出て、市内某所で資生堂のお二人の歓迎会。
資生堂の長距離の皆さんは、中国の昆明で合宿と聞いたので、今日は中華にしました。


●11月17日(水)

朝から夜まで、推薦入試でした。
人の一生を左右してる責任感で、本当に疲れました。


●11月18日(木)

昨夜は、自宅に帰っても疲れが抜けずに何もする気力が湧きませんでした。
で、今朝、広州行きのパッキング。
小1時間かかりました。
大学に到着したのは9:40。
OLのみんなには、練習開始時刻を少し遅らせてもらいました。
練習は始まったばかりですが、個別的な対応も必要です。
そのためひとりずつに指示。

2コマ目、トレーニングマネジメント。
今日はいい感じで講義ができました。自画自賛。

3コマ目、教養演習。
「でっかいどう、北海道」「扁平足」「ナンバ走り」それぞれ面白いテーマでした。

4コマ目、医大の非常勤。
今日で実技は終了です。

帰って、練習の開始に顔を出して、研究室に戻り、次の授業準備。

18:00。6コマ目、スポーツ競技の世界。
今日は、育てる技術について。
受講生は50名強。若い人(いわゆる学生さん)とおじさん、おばさんの混成です。
なので、コーチを受ける立場、コーチをする立場それぞれについて、解説しました。
結構、いけたと思います。
5分ほど早く終わらせてもらいました。

自宅に一旦戻り、スーツケースに不足分を入れて、福島駅に。
20:23に新幹線。
駅ビルは20時で終わっていたので、弁当を買うことができませんでした。
キオスクも弁当はなく、とりあえずビールとつまみを購入。
新幹線に乗って、荷物を置いていたら、運が良いことにワゴンサービスが!
早速、前沢牛弁当を購入。
ちょっと幸せな気持ちになれました。

上野到着は21:50。
乗り換え案内を見ると・・・・・22:00のイブニングライナーがあります。
これは、乗りだ!とダッシュ!と言っても、スーツケースを持っているので、ダッシュはできませんが・・・・・
まあ、急ぐとこはできます。
ただ、新幹線ホームは地下3階。
このエスカレーターだけは急げませんでした。

京成上野で、駅員さんが、券売機の前にいてくれました。
「スイカで購入できますか?」
「モバイルSuicaはダメです」
で、現金で、イブニングラーナー券を購入。
「乗車券は?」
「モバイルSuicaで大丈夫です。」
「指定ですか?」
「座席ではなく、車両指定です。ライナー券はお持ちください」
本当にテキパキと答えていただきました。
お陰で、ギリギリセーフで22時の列車に乗り込むことが出来ました。
ここからの10分、20分は大きいですからね!

京成成田には、23:03到着。
タクシーで日航成田へ。遅くなったので、とりあえず、寝ます。


●11月19日(金)

朝7時のシャトルバスでホテルから空港に。
9:35 広州便です。
フライトは5時間ちょっと。
比較的空いていて、快適なフライトでした。
今回のツアーは清田先生@平成国際大と一緒でした。
機内では、いつものとおり。
ちょっと睡眠不足だったので、いつもの一杯(正確にはビールとワイン)が終わったら、眠っていました。

目を覚ましても、まだまだ時間があったので、ここは、映画を。
ラスト10分くらいでしょうか?
まあ、ここからが、最後のまとめ!というときに非情な「当機はこれから着陸態勢に・・・・」というアナウンスが。
まあ、続きは、帰りのフライトで。
昨年のこの時期にアジア選手権で訪れた広州空港ですが、その時に比べて、周りは格段にきれいになっていました。
本当に力が入っているって、感じです。

タクシーでホテルまで。
今回のホテルは、日本陸連が準備してくれました。
広州東駅の真ん前で、となりにJUSCOがあったりして、都会の中にいる感じです。
★★★★ホテルですが、部屋の感じは、★3.5こくらいですかね?

ずは地下鉄に乗って、JISSのサポートハウスに。
JUSCOの横を通って行くのですが、もうビックリ!!日本と同じです。
福島にはこんな都会的なところはありません。
地下鉄に乗るには、チケットが必要ですが、料金を入れると、500円玉よりちょっと大きめなプラスチック製のコインが出てきました。
これが日本のSuicaと同じ働き?をします。
このプラスティックコインをピッとかざすだけで、改札を通れます。
出るときは、改札口のコイン入れに投入するだけ。
驚きです。

それより驚いたのは・・・・・
中国の若者。
地下鉄は、混雑!です。川本が立っていると、若者が、スッと立って、席を譲ってくれます。
そこまで、おっさんではないので、いいよ!大丈夫!と言うと(勿論日本語で)、若者は自分の服の胸のところを指さして、「どうぞ!(勿論中国語で)」
川本は、JAPANの上着を着ていました。
若者が指さした所には、日の丸が入っています。
5人で移動をしていたので、JAPANのジャージを着ても大丈夫かな?と考えていましたが、バッグには、ナイキの上着も入れていました。
そんな心配は、全然ナシ!
中国の若者は、さわやかに日本を歓迎してくれました。
出国前にある役員さんが「ホテルのブッキングが一方的にキャンセルされた!」と言っていたので、相当覚悟してきたのですが、中国の若者の行動が、川本の緊張を解いてくれました。
シェイシェイ!と言って座席に。

ホテルを出て、1時間ほどでJISSのサポートハウスに到着。
地下鉄の駅前広場は、アジア大会、やる気満々って感じ。
サポートハウスは、もうビックリするくらいの、立派なホテルです。
アジア大会に向けるJISSの意気込みが伝わってきますね。
選手のために、選手村だけではできないサポートをしていますが、中の様子は、勘弁してくださいね。

ここで1時間くらい過ごして、帰宅。
帰りの地下鉄も大混雑でした。
が・・・・帰宅時間だと思うのですが、乗っているのが、普通の人。
女性と子ども、若者が中心で、サラリーマン風の人が、全然いません。
働き盛りの人は、どうしているんだろう?ちょっと疑問が湧きました。
これは明日解決しましょう。

ホテルの近くのレストランで食事。
どうも四川料理みたいでした。
村尾さんが「桂魚を食べよう!」と言い出して・・・・・・淡水魚は、ちょっと・・・・
食べてみたら、おいしい!
「蒸しているからですね」と今村さん。
4人で楽しく食べました。


●11月20日(土)

朝は、8時に朝食がてら、打ち合わせ。
午前中は、身の回りの整理などを。
12時に清田先生とホテルを出発。
1時間かけて、サポートハウスに。
13時ちょっと過ぎに女子短距離チームが、競技場から到着。
当たり前ですが、みんな元気そうでした。
ここで昼食。
川本は、レトルトのカレーを頂きました。
調理方法?がちょっと分からなかったのですが、JISSのお姉さんが優しく教えてくれました。
ご飯のパッケージのはじを少し空けて、電子レンジに。
次にレトルトのカレーを深めの皿に入れて、ラップをかけて、電子レンジに。
4分待って、できあがり!
ですが、知らないとできないことですよ。

食事をとりながら麻場先生と打ち合わせ。

食事が終わって、ミーティングルームで、久保倉、渡辺、丹野、青木と打ち合わせ。
まあ、携帯電話があるので、コミュニケーションは大丈夫ですが、実際に会って話すことも大切。
うち合わせを済ませて、ホテルに戻ります。
モノは試し!ということで、帰りはタクシーに乗ってみよう(満員電車がイヤだったのですが)。
外に出て、タクシーの運転手に「景星飯店」の場所を示したら、どの運転手さんも「行けない」と乗車を断られました。
後で、中国通の小林先生に聞いたら、
1.遠すぎて、そのホテルの場所が分からないから。
2.遠すぎて、帰りの客がいなくて、燃料の無駄がでるから。
とのことでした。
たぶん、150元くらいの高収入になるはずですが・・・・・遠距離が喜ばれる日本では考えにくいことです。
ただ、ホテルの場所が分からないのは、困りますがね。

ホテルに戻り、ルームチェンジをして、清田先生と同部屋に。

夜は、近くの中華料理店に。
昨日は四川料理だったので、「東北」と書いてある昨夜の隣のお店に。
昨夜は、辛めだったのですが、今日は、ちょうどいい感じ。
1皿12(150円くらい)元の餃子を注文したのですが、なんと12個も来ました。
こちらの餃子の皮は、厚い。
物知り村尾さんが「こちらで餃子は、主食だから、皮を厚く作っている」成る程!
2時間以上飲み食いしながら話していましたが、一番の「成る程!」でした。
いろんな国に行っている村尾さんは、成る程!の小ネタをよく知っていますね。

今日の食事は、支援コーチチーム8人全員集合。
だと思っていたら、村上トレーナーが選手村で、ケアをしてしました。
トレーナーさんは、本当に大変です。

08年の北京五輪のときも・・・・
選手村の2部屋で、1バスルームでした。
川本は一人で1ルームに住んでしました。もうひとつの部屋には、越川先生が。
ずっと、2人でバスルームを使っているつもりでいたのですが、
何だか、別の人がもう一人いるような感じ。
でも、隣の部屋には、越川先生だけ。
でも、ちょっと様子が変わっているような・・・・妙な感じがしていたのですが、
会期も最後の方になって、越川先生の部屋にトレーナーさんが住んでいることが判明!
トレーナーさんの生活パターンが、我々の暮らしと全然違っていたので、ずっとすれ違いでした。
本当にビックリ!
でも、チームはこうやって廻っていくんですね。


●11月21日(日)

フロントで両替。
10000円で766元でした。
1元=13円ですね。
ホテルの1階にある「洗衣中心」にズボン、シャツを持って行きました。
ルームサービスもあるのですが、何でも実体験することが、経験値を高めます。
きっと持ち込みの方が安い!と思います。
ズボン18元、Yシャツ18元×2=54元でした。
明日の仕上がりが、楽しみです。


昼は、ホテルの近くの「味千ラーメン」に。
「熊本ラーメン」と日本語で書かれています。
豚骨味でした。
カツ丼もあったので、迷いましたが、ここはラーメン。
たくさんお客さんが入っていました。
普通、ラーメン屋さんは、静かに食べるものですが、ガヤガヤしています。
しゃべりながらラーメンは食べていました。
川本と清田先生は、食べるときは無言でした。
お肉入の人気No.1のラーメンが、29元。
昨日の餃子の価格からすると、少し高いお店ですね。

午後からメイン競技場に。
夕方からのセッションは、17時から。この写真の時刻は14:15くらい結構人が集まってきています。

セキュリティチェックは、厳しい!
地下鉄でも、改札前にセキュリティチェックを受けています。
どの駅でもやっています。
みんな並んで、チェックを受けていました。

で、ここのチェックはもっと厳しいものでした。
カメラは、「一度写して下さい」
お姉さんの顔を撮ろうとしたら、「やめて!」と恥ずかしそうに。ちょっとシャイな広州のボランティアです。

清田先生は、パソコンを持っていたので、「起動させて下さい」起動には、少々時間がかかるのですが、安全第一です。
今は、人が少ないので、こんなんで大丈夫ですが、混んできたらどうするんでしょうか?
きっと、大変だと思います。
競技場は、昨年来ているので、勝手知ったる・・・
ただ、今回はチェックが厳しいので、ADが取れない我々支援コーチはサブに行けません。
が、そこを何とかしないと、ここに来た意味がありません。
で、非常階段を使ってサブに近づく道を発見。
これで、試合前のアドバイスは大丈夫です。
サブの入り口を見ると、入っていけないこともなさそうですが、まあ、ムリをせずに。

2階席(実際には5階かな)に行く途中の階段からサブが見渡せます。
そこで、100のアップを清田先生と見ました。
その間、続々と人が入ってきます。
昨年は、ガランとしたスタンドでしたが、アジア大会となると様子が違っています。
本当に次から次に人が来ます。

16:30過ぎに丹野のアップ開始です。
17:00、100の予選。
ちょっとだけメインに入って、高橋さんと福島さんのレースを見ました。
この時点で、スタンドは結構な入りです。
ただ、メインスタンドの真ん中は、警備の関係からか?まったく人を入れていません。
スタンドの階段から移動して、サブのすぐ近くまで行きました。
大声を出せば、話せる距離です。
このシーズンは、春先のケガの影響で、精彩を欠いた丹野です。
そのため、「速いオーラ」が体から出ていませんでしたが、今日は、体から充実感があふれ出ていました。
本当にいい状態に仕上がっています。
これは行ける!と直感的に感じたので、レース構成は、前半だけ行って、後はスーッと走る感じにしました。
充実感がみなぎっているときは、こんな感じで大丈夫。

スタンドにでました。
もうビックリ!超満員!
この写真はバックスタンドです。
たぶん、6万以上の人です。
10000で周回遅れの選手がいたのですが、ラストの直線は大拍手。
レース中も、当然、中国選手には大声援ですが、他の選手にも声援が飛びました。
このレースはインドの選手が1・2位で、ウイニングランをしましたが、これにも大歓声。
広州の人のマナーが向上しましたね。

予選は2−3+2。
でも・・・・丹野の1組の顔ぶれは、アジアの俊足ばかり。
番編に納得いかなかったのですが、ここは行くしかありません。
丹野は9レーン。
本当に事前の相談通り、いい走りができました。
52秒66で2着。感動的な復活です。
このレースは、52秒35、52秒66、53秒13、53秒22、53秒26、53秒44。
激戦!!
6着の53秒44は決勝に進めません。
ちなみに2組の1着が53秒53。
国際ルールでは、予選はランダムに番編しているということですが、これでいいのでしょうか?
それにしても急にレベルが上がりました。
2組4着で53秒99。このタイムで決勝に行けません。

終わって、サブの前で丹野と今日のレースの反省と明日のレースの対応策を。

そのまま、会場を後にしました。
が、問題は、タクシー。
昨年も大変でしたが、今年はもっと大変。
大勢のお客さんが帰っています。
タクシーの取り合いです。
これは、中国式の早い者勝ち!
昨年同様、なかなかタクシー自体が走っていません。
必死でタクシーを停めて、無事乗り込めました。

そのまま、清田先生と中国大酒店に。
昨年泊まっていたところです。ここにアシックスのサービス・リラックスブースがあります。
何と、サーバーから出てくる、生ビールがありました。
また、おいしい食事も準備されていました。
実は、グランドで、アシックスのK林さんが、「先生、おいしいビールが冷えていますから寄って下さい」と言っていたので、寄ってみました。
最後の締めは、ワインを頂いて、楽しくおしゃべり。
清田先生から、シューズ(スパイク)担当の感動的な頑張りが紹介されました。
いい話でした。が、内容は、ひみつ。
アシックスの発表を待ちましょう。


●11月22日(月)

午前中は、洗濯など。
これは手洗いできる簡単なモノですが、これがなかなか乾かない。
湿度が高いんですかね?
下着や靴下は、2日くらいかかります。
クリーニングセンターに洗濯ものを取りに来ました。
ズボン、シャツともに完璧なできあがりでした。

お昼は、ホテル内の日本料理店「亀」に。
川本はカツ丼定食。
豚肉がすごく、すごくうまい!本当の豚の味がしました。
この豚の味だったら、日本では凄く高い値段だと思います。
久しぶりに豚の味を思い出しました。

14時にホテルを出て、競技場に。
普段は4番入り口なのですが、タクシーの運転手さんが、2番に口に行ってしまいました。
「そっちじゃないよ!」と言ったのですが、通じるはずもなく・・・・・
2番口の会場は陸上専用なので、15時開門です。4番口は会場の中心なので、いつでも開いています。
2番の場所はフィニッシュの後方、4番は100のスタート後方。
こう書くと簡単ですが、歩くと大変。
何せ、巨大なスタジアムです。
競技場脇の道は規制されているので、ずっと外周を歩くことになります。楽に1キロ以上はあります。
また、たくさんの人が歩いているので、これまた、困難さが増します。
今日は、サブに着くだけでも大変でした。

この写真はバックスタンドの様子です。
月曜なので、こんなもんかな?
ただ、今日は劉翔の110ハードル予選。
ドンドン人が増える感じがします。

丹野の400決勝。
昨日のレースは、そのまま行ったら51秒が出る走りでした。
ただ、今日は、エネルギー不足。
まあ、これまで追った練習は何日もやっていません。
そのために、1本走るだけの力とスピードはついたのですが、2日間のレースをこなすだけのスタミナは、溜めることができませんでした。
残念にも52秒68で銀メダル。
ただ、ラスト重視のレース構成はうまくいきました。
ただ、よく復活できたと思います。
丹野の心の強さに感心しました。

おっと、表彰式だ!
と思い、バックからメインに移動しようとしたのですが・・・・・
生憎というか、間が悪いことに劉翔がグランドに入ってきました。
中国では、大英雄です。
バックにいた観客が、一斉にホームスタンドに移動し始めました。
地下鉄でも、セキュリティチェックでも中国の方はきちんと並ぶ習慣が身についていて、非常に良かったのですが、
ここにきて、今までの習慣というか、割り込みは当たり前、早い者勝ち!のスタイルが現れていまいました。
ドンドン人が流れ込んできて、もう収拾がつきません。
係員が制止して、少人数ずつ通しているのですが、後ろはお構いなしに「早く通せ!」とばかりに、ドンドン押してきます。
本当に将棋倒しの危機を感じました。
劉翔の人気は本当に凄い!観客もボランティアもGO、GO、GOでした。
やっとの思いで、メインに移動できたのですが、
劉翔登場で、セキュリティが厳しくなって、ADカードを持っていない川本は、正面まで進めませんでした。
普段なら、ニイハオ!なんて言いながら簡単に突破!できるのですが・・・・
まあ、写真が撮れただけでも充分です。
川本にとっても、丹野にとっても本当にうれしい銀メダルでした。

夜は、みんなで地元の中華料理屋さんで、食事。


●11月23日(火)

「先生!明日は9:00から練習します」
で、8:30くらいに競技場に行くと・・・・今日も2番入り口でタクシー降ろされました。
こればっかりはしょうがありません。
2番口の所は、競歩の20キロがやっていましたが、やっぱり開いていません。
まあ、歩くしかありませんね。
で、4番口に行ってもうビックリ!
人、人、人・・・・・
春休みのディズニーランドのチケット売り場状態でした。
仕方ないので、中国の方と一緒にちゃんと並んでゲートの中に。
久保倉は、日本選手権後に故障して、回復が遅れていましたが、ここにきて、やっといい感じで仕上がってきました。
明日は、いいレースができると思います。

久保倉の練習が終わって、13時ちょっと前にチームの皆さんとアシックスのサービスブースがある中国大酒店に。
アシックスさんが昼食にご招待していくれました。

14時過ぎに中国大酒店を出て、競技場に。
午後は、4×100mRの予選。
真弓は1走。
アップのときに「先生、私少しインを責め過ぎですよね?」
そうです、ラインを踏んでいました。
自覚があれば、OK。
レースでは、お姉さんらしくいい感じで走ることができました。

終わって、清田先生とホテルに戻り、夕食は、ショッピングモールのしゃぶしゃぶ屋に。
メニューが、写真なしの中国語!困った!と思っていたら、英語のものが出てきたので、何とか対応できました。
でも、ここは、結構高いところなのに若いお姉さんが一人で、食事をしていたり・・・・
不思議の国、中国です。

我々、村外の支援コーチは、入場券で対応していますが、明日の午後のチケットが取れていません。
担当の陸さんが、最初からずっとチケットを探していますが、なかなか手に入りません。
明日は・・・・劉翔の決勝があるからだそうです。
予選の人気からも分かりますが・・・少々困っています。


●11月24日(水)

今朝の始動は早かったですよ。
6:50ホテル出発。
久保倉の予選のアップが7:30開始。
ちょっと入りが速すぎてしまって、1台目が遠い感じです。
もう少しゆったり1台目を入ることを指示して、予選です。
1台目も予定通りいい感じで入りました。
5台目、24秒6、8台目の通過も40秒を切っていたので、予選としては、申し分ありません。
ラストは力を抜いて、全力走のインドの選手に抜かれました。
それにしても、1組のインドの選手といい、この組のインドの選手といい、信じられないくらいのラストの走りです。
1組は、8台目を40秒3で通過して、56秒7でフィニッシュ。ラスト110は16秒4です。
流した久保倉は、39秒8通過の57秒29のフィニッシュで、17秒5。
明日の本気走りに期待しましょう。

午前中のスタンドはこんな感じです。
夜は、きっと満員になるんでしょうね。

終わって、ホテルに戻りました。
心配した夕方のチケットは、3枚手に入りました。
混成の松田コーチの分が手に入らない!
ので・・・・川本の分を松田先生に渡して、川本は留守番することに。

お昼は、小林コーチたちと餃子のお店に。
帰りに広州体育学院大学の陸上施設を見学。
こっそり、学内に入っただけですが・・・・・そのため写真なし

ホテルの外に出ると、スタバ、ピザハットが並んでいます(福島では、こんな光景はありません。はっきり言って負けています)。
地下に入ると、おしゃれな店が並びます。
Apple、Levi’sって・・・・
広州は大都会です。
ここで売られているモノは、日本で売られているモノと価格も同じ。i-Padは5万円ほどです。ユニクロやナイキで売っているモノも同じです。でも、昼間食べた餃子は、12個で150円ほど。一体、ここの経済ってどうなっているんでしょうか?


ただ、道沿いは普通の中国らしい風景を見ることができます。
路上で落花生、みかん、かきを売るおばさん(左)や、バナナを自転車に山積みしたおじさん(上)。
写真には撮っていませんが、夜、高速を降りて、近道をする街角は「絶対ここで降ろさないで!」というくらいディープな中国もあります。
昔ながらの街並みを一気に壊して、広い道を造り、巨大なビルを建てる。
そのために道の片側は、おしゃれな近代都市、逆側は、昔の中国を見ることもできます。

夜は、TVで200予選の応援。
スタンドは、超満員でしたね。
夜は、村尾さんたちと、いつもの中華料理店で食事。
料理をお腹いっぱい食べて、ビールを10本(5人ですからね!一人では飲めません!)飲んでいましたが、一人50元(650円)ですみました。
一緒にいた西コーチが「昨夜、日本料理店「亀」の食事は一人300元かかりました」と嘆いていました。


●11月25日(木)

午前中は、身の回りのことなどを。
昼は、味千ラーメン。
カツカレーに行くつもりでしたが、清田先生が「ラーメンと餃子!」だったので、
味千の焼き餃子が食べたくなりました。
我々が、10元で食べているいつもの餃子は水餃子です。
この餃子は、オーダーしてから具を包んで、蒸し上げます。
で、ここの餃子は焼き餃子。日本の味ですね。
で、カツカレーから「ラーメンと餃子」に変更。
で、焼き餃子は・・・・日本がうまい!当たり前ですか?
この焼き餃子が失敗でした。
日本の焼き餃子と同じく、ニンニクが胃にもたれます。
中国式水餃子は、何個食べてもそんなことはありません。
中国4千年の食文化は、すごい!

午後は、マイルチームと渡辺の練習。
丹野は50秒台で走れる感じのできでした(ちょっと言い過ぎ)。
でも、本当にいい感じで充実してきています。
青木も、本人が自覚できるほど絶好調。
田中さんも含めて、バトンパスの練習も。
渡辺は、予選の反省を活かして、スタート@1走のコース取りを少し変更しました。
こちらの方が、加速がうまくいきそうです。

久保倉のレースは、18:50。
アップではいい感じです。
1台目をゆったり入ることと10台目以降の走りを確認。

スタンドに入って、ブロック合わせ。
1台目が合いません!
2度やったのですが・・・・・ダメ!
後は、久保倉の開き直りを期待しましょう。
1台目は、心配をよそにいい感じで入りました。
5台目、24秒6も予定通り。8台目の通過は39秒6。
ここから、インド、中国選手と勝負です。
が、2位にわずかに及ばず56秒83で銅メダル。
本人の反省も同じですが、10台目を越えてから、もうひと伸びがありませんでした。
ただ、これは仕方ありませんね。
アキレス腱痛で追った練習は、ほとんどできていませんから、ラストの伸びを期待するのは、酷ですね。
でも、本人は、金を狙っていたみたいで、悔しがっていましたが・・・・・
ただ、このくらいの練習ではアジアの頂点に立てません。逆に立ってはいけません。

よく、ここまで、もってこれたなあ!というのが正直なところです。
久保倉といい、丹野といい素晴らしい競技者です。
今シーズンで、またひとまわり大きく成長できたと思います。

写真は、ちょっとだけディープな中国のお店をタクシーの中からパチリ。
夜は、小林コーチたちと食事。
日本にも道路にテーブルを出しておしゃれに食事をするお店がありますが(福島にはありません)、ここ広州も道路にテーブルを出して食事をします。
ただ、違うのは、1.イスが粗末。2.テーブルは台座に板を乗せたもの(少々がたつきあり、一方に力をかけるとひっくり返る危険あり)。3.テーブルクロスは、はっきり言ってただの厚手の布です。
おしゃれにはほど遠い、路上のおかゆやです。
とりあえずハルピンビールを注文して、つまみの肉団子が絶品でした。
最後の締めは、カニとエビを入れたおかゆ。
これが、最高の味でした。
今日の食事もいうことなし。
小林コーチが中国語が堪能なので、食することができました。
川本と清田先生だけなら、「亀」で散財しているところです。


●11月26日(金)

午前中、身の回りのことを。
お昼は、沢木専務理事から村外コーチ慰労!ということで、ごちそうしていただきました。
メインは、「鳩」でした。
顔もありましたが・・・・結構いけました。


15時にグランドに行き、4×100リレーのアップ。
渡辺は、いい感じで走れています。
高橋さんとマークの確認をして、決勝に備えます。
本当に落ち着いて、自分のやるべきことをきちんとできるようになりました。
凄い成長です。
レースは、44秒41で銅メダル。ちょっと残念。
いつもタイがライバルです。タイの仲良しコーチが戻ってきました。
彼とレース前に話すと「日本はエースを温存しているから・・・・・」と言って今回は「日本の勝ち」のはずだったのですが、走力に劣るタイチームのバトンパスに負けました。
リレーは4人で走るモノ!を再び教えられました。

マイルリレーは、青木、丹野、久保倉、田中さんのオーダー。
アップは、みんないい感じです。
カザフは少し抜けるとして、インド、中国と日本の銀・銅メダル争い。
ただ、メダルよりもマイルチームは、先日発表になった来年の世界選手権参加標準記録:3分32秒00の突破が第一目標です。
上位争いをすれば、何とか達成できそうなタイムです。
以前の3分31秒から1秒標準が下がりました。
この1秒は日本にとって大きな1秒です。
レースは、残念にも4着。メダルに届きませんでした。
これも4人の総力です。日本チームとしては、アジアの4番目という位置づけです。
また、頑張るしかありません。
タイムは・・・・・3分31秒81!!!!!標準突破です。
とりあえず、目標達成です。
みんなと話をして、サブトラックを後にしました。
外は、帰る人でごった返していました。

これまでは、観客が帰り出す少し前にグランドを出ていたので、何とかタクシーを拾えたのですが、今日は、全然ダメ。
また、公安もたくさん出ていて、車道に出てタクシーを停める行為には、警告の笛をドンドン鳴らします。
本当に今日はタクシーに乗れるというか、タクシーが捕まる感じがしません。
普段より車はたくさん走っているのですが、タクシーが・・・・・
そこへ1台のタクシーが、小林コーチが行き先を告げると「150元」
普段は30元ちょっとです。
それを断ると、タイなどで見かける「ツゥクツゥク」がどこからともなく近づいてきました。
後で冷静になって考えたのですが、このツゥクツゥクは、街の中では、なかなか見かけません。
きっと・・・・公の乗り物ではないと思います。
ましてや、この本会場近くに出没することはありません。
はじめての登場です。
中国語堪能な小林コーチが、「タクシーが乗れるところまで行ってくれ!」と交渉。
オヤジは3人15元でOK!
きっとオヤジの稼ぎからすると破格なのでしょう。写真はツゥクツゥクに乗り込む清田先生と小林先生ですが・・・・・
この道路は、片側4車線ほどの大通り。中央分離帯もあります。
3人が乗り込むと、オヤジはUターン。
ちょっと待て!車はドンドン走っています。
そこをUターンというか横断するなんて、自殺行為です。
ツゥクツゥクの真横に車が突っ込んできます。
オヤジはフルスロットル!と言っても・・・・・・ボトボト音だけで、全然進みません。
どうするんだろう?と考える間もなく、オヤジは突進。
何が起こったかわかりません!
公安の笛が、けたたましく鳴ります。
一体・・・・・
そう、逆走です。そのまま普通に500mくらい走ると、Uターンできるところがあって、中央分離帯を逆に行けますが・・・・・そこには、公安が交通整理のためにたくさんいます(これも後で考えました)。
よりによって逆走ですよ。
道路の外側は、公安が20mおきくらいに立っているので、オヤジは中央分離帯側を走ります。
中央分離帯側ですよ!
それも4車線道路の。
向こうからは、どんどん車のライトが迫ってきます。
考えてみていください。
真っ暗な中をライトもつけずに中央分離帯を逆走するツゥクツゥク。
車はドンドン来るし・・・・走っている車と中央分離帯の距離なんて知れたモノですよ。
1mなんてありません!
そこを走るんですよ!!逆に!!!
シャトルバスのヘッドライトが突っ込んできます(突っ込んでいるのはこちらですが・・・・)
そこをオヤジは、度胸一発、突っ込んでいきます。
隙間なんて・・・・・ありません。
もういいよ!と叫んでも、停まりませんし、Uターンできるほど車が途切れません。
ここまできたら行くしか方法はありません。が、怖い!!
小林コーチと清田コーチは前を向いているのですが、川本は座席の関係で後ろ向き。
前を向こうとすると・・・・目の前を車が走り抜けます。
側筋がつりそうでした。
数100メートル走ったでしょうか?
もうずっと走っている感じですが・・・・・
そこに大きな横断歩道。
人が大勢渡り出しました。相変わらず公安の笛!笛!笛!
人に突っ込むと思ったときにオヤジはスローダウン。
「オヤジ!もういいよ!停まれ!」なんて言っても通じません。
この人たちは、こうやって暮らしているのでしょうか?
もうダメ!停まったら飛び降りよう!と考えていました。
横断する人混みに突っ込んだ瞬間、オヤジはハンドルを右に切って人と同じ速度で横断歩道を横断。
中央分離帯の所には、車止めがあるのですが、そこをギリギリ通過。
素晴らしいハンドルさばきです。
さっきの逆走のときも中央分離帯ギリギリを攻めていましたから・・・・腕には自信があるのでしょうが・・・・・こちらの心もギリギリ・・・・
人と同じスピードで横断歩道を通過。
やっと車と同じ方向に走り始めました。
ホッと安心!もつかの間。
急な坂(立体交差)をフルスロットルで駆け上がります。
そのフルスロットルのまま下り坂へ。
オヤジ・・・・・・慣性の法則って知ってるか?
オヤジは、ずっと、無駄に?クラクションを鳴らしています。
最後の最後にスローダウン。
ここでいいよ!と肩をたたいても、そのまま突進。
自分のテリトリーに到着したのでしょうか?やっと解放してくれました。
オヤジは笑顔満面。
一体毎日どんな運転をしているのでしょうか?
ハンドルとスロットルさばきと度胸は満点ですが、二度と乗りたくありませんね。

ただ、あのまま競技場にいたら何時間経ってもタクシーには乗れなかったでしょうね。
めでたしめでたしで食事に行きました。
清田先生とビールで無事にたどり帰った乾杯。
ノドがからからでした!


● 11月27日(土)

午前中、日記を書きました。
昨夜の事件は・・・・・結構大変だったでしょう!?

K林先生、S田先生とは、この話で一生笑えると思います。
ホントにジャッキーチェンの映画のワンシーンですよ。
映画では、主人公は絶対助かる!という前提ですが、我々が主人公かどうかは、神のみぞ知る!ですからね。
まあ、昨日は主役に近い役回りだったのでしょう。無事に笑える結末でしたからね。
それにしても・・・・中国という国は、混沌としていますね。
広州などは「混沌」から醒めつつありますが・・・・
ツゥクツゥクを運転しているオヤジの住んでいるところは、絶対に「混沌」の真っ直中です。
車も、人も、ごっちゃに生活しているので、ぶつかることはありませんね。
大きな道(どこでもですが)を車が来ていようが、悠然と横断する人たちです。おおらかさに中に生命力を感じます。
あのオヤジは、ツゥクツゥクの運転なら絶対任せておけ!という感じでした。
普段のテリトリー(たぶんここは公安のお目こぼしがあって、絶対に出てはいけないところです)から、勇気を持って出てきて、一稼ぎ!って感じですかね。
K林先生は、15元の約束だったのですが、20元渡しています。
その時のオヤジの嬉しそうな顔!危険を冒しても稼ぐぞ!というのがありありでした。
本当に感心!!!

パッキングも、あっと言う間に終わって、12時にホテルをチェックアウト。
タクシー待ち、空港での手続きなどそこそこ時間がかかり、いい感じで搭乗時刻の15:35。
ただ、空港で牛肉うどんと缶ビールを飲みましたが、それが100元を超えていたので、高い!と感じてしまうのは、小林先生や村尾さんと楽しく地元のお店に通ったからですね。
フライト時間は、4時間。
ワインを飲んで、映画を観て、成田到着。
成田エクスプレスに乗れたのは、21時46分。
今日は福島に帰れません。


●11月28日(日)

午前中、天王洲のナイキに。
30分ほどで終了。そのまま東京駅から新幹線に乗って福島に。

13:17福島に到着。

さむ〜い!寒すぎです。
本格的な冬の到来でした。

自宅に一旦寄って、速攻でジャージに着替えて、大学に。
練習は午後からに変更しました。
久々の練習でした。

18:30に研究室を出て、今日は、早めに帰って、ゆっくりします。


●11月29日(月)

午前中、ちょっと遅れて出勤。
留守中に貯まったいろんなことをやりました。
明日の記者発表の段取りなど。
3コマ目 大学院の授業。
北野さんのTV取材(FCT)で、カメラがずっと回っていました。

4コマ目 ウエイトトレーニング。 これも取材の続きで、カメラが回っていました。

夕方、OB会の監査。

対応は,二瓶、吉田、木田。吉田、木田とサポートの栗本は休日出勤でした。

終わって・・・・OB会の根本、菅野、穐本先生と市内某所に。
ただ、監査終了が20時と遅かったので、1次会でおしまい。


●11月30日(火)

午前中、仕事でした。

3コマ目 ゴルフ。
ちょっとだけ早く終わって、14:30からアジア大会の報告会。
カメラもたくさん入ってくださいました。

少しだけ授業開始を遅らせて、4コマ目 体力トレーニング。
今日はアイソメトリクス。
「筋収縮の三態」を質問すると・・・・学生がちょっと不安そうでした。
生理学担当の安田先生が泣いているぞ!

17時に大学を出て、小野川温泉に(米沢から20分くらいでした)。
今シーズンのお疲れさん会です。
小野川温泉は、先日米沢で講演をしたときに知り合いになった河鹿荘のご主人が
「おもてなしの心とお湯と料理に自信あり!」とおっしゃったので、決めました。
本当にいい温泉で、おいしいお料理でした。
若女将を始め、担当のお姉さんの対応も素晴らしく、シーズンの疲れを癒すことができました。
まあ、川本は途中で何度か寝ましたが・・・・・

部屋でひとりになり、ゆっくり今シーズンを振り返りました。
結果は、満足できませんでしたが、自分としてはまた別の発見ができたいいシーズンでした。
負けも価値がありますね。