td height="500">
 2010年9月の日記

●9月1日(水)

午前中、仕事。

午後からベルテックジャパンのO畑さんが、器具の説明に。
興味深い話が満載。
やりたかったことが、だんだん現実化していきます。

15:30 練習。

18:30 坂水と市内某所に。
チーム川本の岩見キャプテン、大槻さんと打合せ。


● 9月2日(木)

昨日車を大学に置いてきたので、二瓶コーチに迎えに来てもらいました。
とりあえず、朝はメールが運んでくる仕事を片付けましょう。

10時から来室が1件。
お昼まで、仕事。

13時に市内某所で打ち合わせ。
これは、時間がかかりました。

15:12の新幹線で仙台に。
会場は勾当台公園横の仙台プラザホテル。
歩くには少しあるし・・・・タクシーに乗るには近いし・・・
そうだ!地下鉄だ!勾当台公園駅は仙台駅から2駅です。
が、JRの仙台駅から地下鉄仙台駅までかなり歩きました。
これならそのまま歩いて行った方が近かったような気がします。
今日は「東北ニュービジネス協議会」の総会での記念講演でした。
終わって、交流会にも出席。
大山会長@アイリス社長と長い時間話しをさせていただきました。
勉強になりました。ちょっと経済にも強くなったかも?
以前、福島大にいらして今は東北大で教鞭を執っている高田教授も登場。
高田さんは、現役ランナー。福島大時代は、川本が師匠!でした。
相変わらず、お元気そうでした。

福島に着いて、お腹が空いていたので、岩代寿司に。
いつものことですが・・・・講演後の交流会、懇親会では、食べ物をほとんど口にできません。
まあ、太らないでいい!という利点はありますが、結局、お腹が空いてしまい後で食べる!
さんざん飲んだ後に食べる!デブのスパイラルに・・・・・
気をつけよう!


● 9月3日(金)

9:18の新幹線で東京に。
品川で「日テレ系人気番組が大集合!秋の番組対抗スペシャル2010」の打ち合わせ。
春にもあった、世界一受けたい授業の特番です。
1時間ほどで終了。

品川駅から5分ほど歩いて、東京海洋大学に。
今日は、アスタキサンチン研究会です。
川本は、ミニシンポジウムのシンポジスト。
アスタキサンチンの優位性というテーマで4人の先生が登場して、それぞれの立場から20分ほど講義。
川本はスポーツトレーニングからみたアスタキサンチンの優位性で話をさせていただきました。
因みに他のテーマは、
「カロテノイドの生理機能とその存在意義、及び構造的に見たアスタキサンチンの優位性」
「遺伝子工学研究から見た・・・・」
「光老化の発症機序からみた・・・・」
どのテーマも勉強になることばかりでした。
富士化学工業の山下さんの特別講演「アスタキサンチンの今昔物語-その商業的利用について」は、アスタキサンチン研究の歴史が学べて本当にためになりました。

研究会が終わって、天王洲アイルまで10分ほど歩いて、ナイキの磯崎さんとちょっと打ち合わせ。

そのまま有楽町に出て、教え子の橋本さんとお茶の予定が飲みに突入。
会うのは、15年ぶりくらいでしょうか?
今は、パーソナルスタイリストという仕事をフリーでしています。
夢に向かって生きていく姿勢にたくましさを感じました。

終わって、もう1件、打合せ。
今日は旅費の有効活用の日でした。


●9月4日(土)

10:00にあづま陸上競技場です。
東京発7:44の臨時新幹線がありました。
9:25に福島に着いて、西口に駐めていた愛車で、あづまに。
余裕で間に合いました。
臨時がなかったら7:40東京・福島9:35という遅い列車か、
7:16〜8:54という早い列車です。
7:16に東京駅はちょっと大変だったので、助かりました。

10時から川本塾。
コーチングとスプリント。

13:30 そのままあづまで練習。
OLチームとインカレチームが頑張りました。

18時ちょっと前には帰宅できました。


●9月5日(日)

午前中、大学で練習。
今日も酷暑でした。

午後は、研究室で仕事。
木曜のお昼から昨日までメールの対応をサボっていたので、返事書き。

インカレの準備などで、結局帰りは20時を過ぎました。

自宅に帰って、世界の果てまでイッテQを観ました。
イモトさんのモンブラン登頂に感動!涙しました。
イモトさんは、春のスペシャルのときに走高跳の指導をやりました。
練習では普通のお姉ちゃんだったのですが、眉毛を描いたとたんに変身!
すごい心の力を感じていました。
イモトは凄い!


● 9月6日(月)

午前中、仕事。
高橋先生@理工とGMプロジェクトの設備充実について検討会を1時間ほど。
午後も仕事。
夕立があり、福島は少し涼しくなりました。
18時に大学を出て、市内某所に。
東北電力、福島民報のみなさんと陸上教室について進捗状況の報告なども兼ねて、懇親会。
気がつけば、いつの間にEヴで歌っていました。


●9月7日(火)
午前中、メールの対応。
午後も対応の続き。
15:30練習。
インカレの応援組は、週末練習ができないので、今日からの3日間はハードです。
本練習が終わったのが20時過ぎでした。
途中から小雨だったこともあり、本当に時間がかかりました。
昨日、今日の雨で、涼しくなってきたので「明日の練習は午前中!」でもよかったのですが、20時過ぎまで練習して、明日の朝9:30から練習!では、インカレと同じですね。
やっぱり明日は、13:30開始にしました。
研究室では、OLたちとマネージャーとのインカレに向けての打ち合わせに余念がありません。
ただ、学生の段取りが悪くて・・・・どうしたら力がつくのか・・・・命題ですね。


●9月8日(水)
午前中、仕事。
杉浦先生と研究打ち合わせ。
GMプロジェクトに関連して、いろんな研究テーマで出現します。
やらなくていけないことが満載です。

13:30教員会議。
最初のテーマは、競争的研究資金の獲得について。
ちょうど、午前中に杉浦先生と検討したところでした。

練習は・・・雨が降り出したので、少し待ってから14:00開始です。
アップが終わった頃に練習に以降と思ったのですが、
教員会議の議論が白熱して、面白いテーマだったこともあって、そのまま会議に参加(当たり前ですが・・・・)。
18時過ぎまでかかりました。

18:40坂水の車で大学を出て、OLたちとR苑に。
せっかく休業日が水曜から木曜日に変わったので、「丹野・青木ヨーロッパからお帰り!とインカレ決起」を兼ねて、焼き肉です。
今日も楽しく飲みました。


●9月9日(木)
木田ちゃんとランディーで東京に。
12時くらいに上河内のSAを通りかかかったので、ランチタイム。
のつもりでしたが、レストランが中華系が中心で、「充実」には、ほど遠いラインアップでした。
日曜高速1000円の影響で、各サービスエリアのレストランは充実してきているとTVなどで報道されていますが、このSAは川本と木田ちゃんの感性には合いませんでした。
「木田、次のSAに行こうか?」
「次はどこですか?」
「佐野だと思うけど」
「それなら、充実していますね!」
ということで、佐野SAで昼食。

4時間ほどで、国立競技場。
涼しかった福島とは、別世界で、東京は暑い!
それより・・・・国立競技場で見た他大学の学生さんの黒いことにもうビックリ!!!
前日練習は、東京周辺の大学は基本的に来ません。
(TB大学とHK大学はいましたが・・・)
前日練習に来ているのは、地方からの学生さんたちです。
参加者数からすると、西の方が圧倒的に多いので、ここにいる学生さんの大部分は西日本インカレチームです。
久々に西日本の夏の日差しを思い出しました。

木田と学生を引率?してきた青木も練習です。
250と200のTTだったのですが、2人ともインカレ・国立競技場ということで、何気にテンションが上がって、好記録連発。
「先生!いつでも行けます!」状態でした。


●9月10日(金)

朝は、6:40ホテル出発。
国立競技場の開門は、7:00。
川本は、津田ちゃんと朝イチの高橋@やり投と荷物を乗せて、ランディ運転。

OLたちは、ひと足早く国立へ。

福島大の日本インカレは、杉田主将の10種100mからスタート(11秒67)。
続いて、7種・岡部の100H(15秒79)。

10:00開始のやり投1年高橋は、42m54で22位。
来年以降に期待しましょう。

11:40 400予選 5−1+3。
3年千葉は、55秒31の自己新で1着通過。
4年武藤は56秒84で組2着。
インカレの決勝進出は55秒台。
エースが56秒ではちょっと心配。

杉田の走幅跳(6m75)砲丸投(10m04)、岡部の走高跳(1m55)をはさんで、
14:20 400m決勝
千葉の目標は54秒台。
順位は、相手次第ですが・・・54秒96で4位でした。
これは、上出来も上出来。

男子のハンマー投:小林は日大グランドで予選。
昨年に引き続き、日大で終わってしまいました。

杉田(走高跳1m90、400/51秒91)、岡部(砲丸10m58、200/27秒95)は初日終了。

18:50 男子10000m
吉田は3分05秒でずっと練習してきたのですが・・・・何を思ったか、スタートから集団に月2分50で1000m入り。
その後もそのまま突っ込んでしまい、2000mの通過も5000のレースより速いまま。
31分22秒58でフィニッシュ。
もう!って感じです。

ホテルに戻り、ミーティングを済ませて、OLたちと食事。


●9月11日(土)

今日は6:30ホテル出発。
開門は7:00ですが、岡部、今村が少し早くアップをしたいというので、ちょっと早めに出ました。

杉田110H(16秒72)、岡部の走幅跳は2回ファールの後、何とか跳んで4m67。
今村の走高跳は、1m60は良い感じで浮いていたのですが、1m65を3回目で跳躍。12位に沈みました。
9:30の開始でしたが、この時間でスタンドは信じられないような暑さでした。

10:30 100H予選 8−2+8
福田・1年は14秒76で7着。
午後の400H予選のアップだと考えておきましょう。

200予選(7−3+3)
1年里見は26秒50で組7着。力をつけるしかありませんね。

12:30 800予選(6−2+4)
長沢4年は2:09.61で2着通過。
高橋4年は2:13.34で2着通過。3着は13秒59だったので、ヒヤヒヤの通過でした。
中田1年は、2:11.95 で3着。プラスで準決勝へ。
準決勝は18:30、4×400Rの予選は16:55。リレーには高橋を予定していたのですが、800も準決勝が勝負になりそうなので、マイルの起用はあきらめました。
4年生でもあるので、800もマイルも!と言いたいところですが、そこまでの力はありません。
また、膝の故障で1年以上のリハビリを続けてきて、やっと国立の舞台に立てたので、何とか自力で決勝のスタートラインに立たせたいですね。

400H予選(5−1+3)
1年福田は60秒29で5着。まあまあの走りでした。
59秒台をコンスタントに出せば、いい勝負ができると思います。
4年千葉は、59秒36で1着通過。

16:55 4×400R予選 5−1+3
福田・武藤・武石・千葉のオーダーで行きました。
3分46秒30と信じられないタイムしか出せませんでした。
夏からしっかりした力をつけようと、いろいろ手を尽くしたのですが、まだまだ、力不足のマイルチームでした。
もう一がんばりです。

岡部の800で7種は終了(36m72・2分28秒90:4398)。

18:30 800の準決勝 2−3+2
1組の高橋はラストもしっかり走れて、2分09秒03の自己新で5着。
2組は、中田(2分10秒22)4着、長沢(2分10秒22)5着。
高橋がプラスで決勝に。

19:05杉田の1500で10種終了(16秒72,29m87,3m80、48m56,4分48秒36:6277)

ホテルに戻って、ミーティング。


●9月12日(日)

今朝も6:30出発。

9:30円盤決勝
4年小野ですが、膝を手術して、1年以上リハビリに明け暮れました。
やっと国立に立てました。
36m71:22位。川本としては、これで充分という気もします。
学生の競技者にとって、晴れ舞台に立つということも、その後の人生にとっては大切なことです。
小野は、ケガをしなかったらこの舞台に立てなかったかも知れません。
ケガをして、一生懸命練習をすることの大切さが身についたのだと思います。

9:50 砲丸投決勝
2年佐藤深奈美、体は大きくなりましたが、まだまだ力不足。
自己新の12m27でしたが、26位。

11:15 800決勝
高橋はレースになりませんでした。2分12秒66で8着。
でも、満足です。

11:45 400mH決勝
千葉は。58秒台を出せれば、いい!という思いで送り出しました。
そのためには、5台目まで16歩でしたが・・・・・
実際には向かい風が災いして3台目まで16歩でそれから17歩。
第4コーナーを抜けるところまでは、良い感じで走れました。
8台目も、9台目も、10台目もいい感じ!
最後の最後に1/100秒かわされて、3位になりましたが58秒55は、充分な手応えです。
大成長の千葉でした。

14:45 5000決勝
亀田はまだ力不足。
17分56秒44でレースになりませんでした。

福島大の2010年インカレは、終了しました。
らしさは、まだまだ出すことができませんでした。
4年生の心の成長が足らなかったように思います。
二瓶コーチと一からやり直しです。
今回戦力外通告された学生や大会で失敗した学生が、しっかり感じてくれたら、このインカレも意味のあるものになります。
これからが、肝心。
帰りの車中で、二瓶コーチと再建策を練りながら帰りました。


●9月13日(月)

朝は、会津若松に。
今日は、会津若松市の会津大学で、幼稚園連合会の講演。
幼稚園児のお母さん方が聴衆でした。
終わって、「河京」で喜多方ラーメンを食べて、大学に戻りました。

14:00 丹野とスーパー陸上の出場について話し合い。
15:00 坂水と話し合い。
16:00 モーションキャプチャーの実験。直射日光下では、マークの認識が難しい!とのことだったので、ナイター照明でやってみました。
担当は理工学類の高橋研究室。
真弓に被験者になってもらって、実験開始。
実験は、比較的順調に進みましたが、蚊に悩まされました。


●9月14日(火)

そうだ、高畠に行こう!
ということで、練習は二瓶に任せて、高畠の藤井さんのところにお昼ご飯を食べに。
藤井さんの所は、食材の宝庫なので、おいしいお昼ご飯を食べさせていただきました。
そこで、非常にいい装置を発見。
さっそく、デモの手配をしてもらいました。
行けば、必ず何かがある藤井さんです。

15時30分過ぎに大学に戻り、16:00からベルテックジャパンのO畑さんにビデオシステムと筋電計、そして接地力計の説明をしていただきました。
高橋先生@理工学類も同席。
やっぱり、専門家は、突っ込み所が違いました。


●9月15日(水)

午前中、練習。
取材が1件。

13:30 教員会議。
2週連続ですが、やっぱり出席しました。
議題は、結構楽しめました。


●9月16日(木)

午前中、練習。
ビッグコミックの取材。

午後は、仕事でした。
最近は、学生指導で時間が取られます。
これまでと違って、学生の心の成長が遅いような気がします。
上級生らしい考え方ができないというか・・・・
2年生から1段あがって、3年生。
3年生から1段上がって、4年生という感じですかね。
昔は・・・・1年生から2年生には1段上がっていましたが、
2年生から3年生になると2段くらい上がれました。
4年生は、3年生に4段分くらい重ねた感じでしたが・・・・
今の学生は、子どものままという感じです。
自ら考えることを放棄して、答えを求めたがるので、こうなってきているのでしょうか?


●9月17日(金)

これまた、朝から仕事でした。
丹野のスーパー陸上の棄権を決めました。
今週は、少し間に合いそうにありません。
来週の全日本実業団には間に合わせたいと二人とも考えています。

実は、日本選手権リレーの4×400リレーの標準記録が切れていません。
3分46秒00ですが、日本インカレでは46秒30でした。
46秒を切る力のチームなのですが、昨日の日記のように出し切れる心が育っていません。
この夏から二瓶コーチといろんな仕掛けをしているのですが、一向に効き目がありません。
惜しいところまで来ているのですが・・・・学生さんは、つい答えを求めてしまって(まあ当たり前ですが)、考えることを放棄してしまいます。
ここが正念場ですが、ついつい逃げてしまったり・・・・
仕掛けに気がつかずに通り過ぎるだけです。本当に歯がゆい思いで、今日になってしまいました。
でも、今日もダメなようです。
でも、きっときっといいチームになっていけると思います。
これまでも、卒業生たちは、川本の考えに応えてくれて大きく成長してくれています。
信じましょう。
まあ、日本インカレ前に気づきがなかったのは、残念ですが・・・・
それとて、彼女たちの成長のためなら、慌てずに待ちましょう。

明日の記録会は真弓が準備をしてくれているので、
真弓にお願いして、学生には内緒でマイルリレーを2レースの予定にしてもらっています。


●9月18日(土)

福島大学トラッククラブ競技会です。
朝、学生と話したのですが・・・・目が覚めていません。
ただ、時間がないので、レースは始まります。
マイルリレーは11:10スタート。
高橋、千葉、村上、武藤のオーダーで行きました。
インカレは福田、武藤、武石、千葉でしたが、1年生の福田、武石に替えて、4年の高橋と3年の村上を投入。
標準記録突破を1年生に頼む上級生もいないだろう!
が、結果は3分46秒19でした。
世の中、そんなに甘くないことが分かったと思います。

二瓶、吉田に後を任せて、川本は、そのまま新幹線で東京→等々力に。
スーパー陸上の前日練習です。

15時からマイルリレーはスタート。
オーダーを少し入れ替えて、武藤、高橋、村上、千葉で行ってみました。
吉田が携帯で実況中継です。
ラップは教えてくれるのですが・・・・走者がホームストレートに来ると、選手への応援だけで実況になってませんでした。
ただ、雰囲気はよく伝わりました。
結果は・・・・3分43秒24。やっと出たという感じでした。
これで、学生の目も開いてくれるといいのですが・・・・
勝った時や目標を達成した時の後って大事なんですよ。
当然ですが、喜びは喜びとして出すべきです。というか出てしまいますよね。
その後に浮かれない!
これができると真の勝者です。
どうだったでしょうか?試される時です。

明日レースの木田、真弓、青木とも良い感じで練習を終わりました。
シャトルバスの時刻まで時間があるので、タクシーで川崎に移動。
ホテルチェックイン後、川本は、川崎駅に。
それよりも・・・驚いたのは、川崎駅。
土曜の17時30分くらいですが、超満員。
どこから人が来るの?というくらいの人混みでした。
本当にこの人たちはどこからやって来て、どこに行くのでしょうか?
川本?川本は川崎フロンターレのゲームを応援に平塚です。
川崎フロンターレのホームタウン武蔵小杉でタクシーに乗って「陸上競技場まで」と言ったら運転手さんから「サッカー場の方?陸上競技場の方?」と聞き返されました。
陸上競技場はサブトラックを指しているようです。
それよりも・・・・武蔵小杉駅に14時過ぎに着いたのですが、フロンターレのユニフォームを着た小学生たちが、応援に行っていました。
あまりの早さに木田たちに今日の開始時刻を確認してもらったほど。
「先生、大丈夫19時開始です」

19時10分ほど前に競技場に到着。
担当の井川さんと玄関で待ち合わせ。
スタンドに上がると・・・・満員。
学生種目別選手権や実業団対学生で見慣れているガラ〜ンとした平塚陸上競技場ではありません。
もうサポーターの熱気がガンガン響いてくる平塚競技場でした。
この日の入場者数は1万3千人!
選手が出てくると、皆さん一斉にタオルをかざして、応援。
感動で自然と涙が出ました。
こんなに愛されてプレイできるなんて、凄い!
そのための地道な努力や仕掛けは井川さんたちから伺っています。
簡単なことではないのでしょうが、地道な努力がこの繁栄を産んでいます。
陸上界も頑張らなくては・・・・・
試合には、教え子たちがたくさん登場。
というか全員でしたね。随所にいい走りが出ました。
ゲームは前半3−1、後半3−0と見ていて楽しくてたまらない内容でした。
ゲーム終了後、高畠監督にあいさつ。
「相手チームの監督さんからも今日のフロンターレはスピードが違ったと言われました」とうれしいコメントを頂きました。
大満足で、平塚競技場を後にしました。


●9月19日(日)

午前中は、ホテルで読書。
売れ続ける理由〜一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法〜
佐藤啓二(著) ダイヤモンド社 
イトーヨーカ堂創業者の伊藤雅俊氏、「餃子の王将」大東隆行社長なども視察にやってきた!小さなスーパー「さいち」の社員は15名。
仙台の山奥にありながら、全国からお客様がひっきりなしにやってくる秘密と、「さいち式・非常識経営の13か条」を初公開!とくれば、読まない訳は行きません。
それもあるのですが、この本の編集が川本の編集を担当した寺田さん(みなさんご存じの寺田さんとは別の方です)。
「光の当たらないところに光をあてる」編集者:寺田さんです。
川本もその光を当てていただいた一人です。
寺田さんは「処女作著者プロデュース11連続重版記録」更新中。平たく言うと初めて本を書いて、その本が2刷目に突入!ということです。
出版界で1日に出版される本は約200冊!
ダイヤモンド社でも1日1冊のペース(ってことは月に30冊〉で出版されています。
これが、重版されるというのは、大変なことのなのです。
売れっ子作家や何冊も出版して実績のある著者の本ならまだしも、寺田さんは「初めて本を書きました」という川本みたいな素人を相手に売れる本を作り出していきます。
「売れ続ける理由」は寺田さん12人目の処女出版です。
本文中に「レシピがあると、「レシピどおりにつくって終わり」になってしまい、反省が生まれません。人は反省がなければ成長しないのです」という一文がありました。
正にその通り、学生指導で言っていることと同じでした。
学生指導と惣菜作りが同じか?というと「お惣菜の「惣」の字には「心」という字が入っています。お惣菜は「心の入ったもの」。」という素晴らしい言葉が用意されていました。

ふりまわされない〜会社、仕事、人間関係がらくになる7つの物語〜
信田さよ子(著) ダイヤモンド社

これまた寺田さんプロディース。
寺田さんが手がけた本は間違いない!というのが川本の持論。
と言う訳で、ポン・ピュン・ランも好評発売中!
この本は7つの物語があります。
「自分を大切に思えて、らくに生きられるために何が必要なのだろう?」という答えがそこにありました。
物語の最後に「ふりまわされないコツ」が書いてあります。
それを読む前に自分なりの答えを書くことをオススメ(ちゃんとページがあります)
読み終わって、もっと楽にして〜!「原宿カウンセリングセンター」に出向いて、信田先生にカウンセリングしていただきたくなりました。

お昼から等々力陸上競技場へ。
15:30から木田の800m。
スタンドに上がるとガラガラ。
空席ばかりです。
第3〜4コーナーは、ほとんど人が座っていません!
棒高跳開始が14:30。トラックも15:05からハードルをやっていました。
一体、日本の陸上ファンはどこに行っちゃったの?
昨日の平塚の光景と比べると・・・・これまた涙が出そうな状況です。
どうしたらいいのでしょうか?
木田は・・・・川本の指示ミスで2分08秒58。

400H青木は、57秒61。
10台目までは、ほぼ満点でした。
最後の失速を考えると、今日のようなレースではダメかも?
次回は違ったパターンのレースをしてみます。

真弓の100は、どうしたの?というくらい悪い出来でした。
これと言って悪いところもないし・・・・困りました。

終わって、東京駅で食事をして福島に。


●9月20日(月)

午前中、愛犬ハックと1時間ほど遊びました。

その後、大学に行き午後の川本塾の準備。
13:30川本塾です。
今日は、ぺーフォワード。それにスタート。
3時間くらいでは終わろうと思っているのですが、ついつい長くなってしまいます。

今日は敬老の日なので、早めに帰ります。19:30


●9月21日〈火)

午前中、練習。
午後は、音波診断器のデモを受けました。

夜遅くに杉浦先生が、dROM検査の結果を持って、研究室に。
この夏から測定を始めていますが、なかなかデータが読みこなせません。
その中で、少しずつコンディショニングについて分かってきた部分があります。
まあ、高いお金を使っているので、成果を出さないとダメですね。
今日のデータを明日の練習に使おうと思います。


●9月22(水)

午前中、練習。

10時に読売新聞の取材。
運動会シーズンに向けて「2時間で足を速くする」コツを教えて!でした。
ただ、記者さんが、「体験しながらやって良いですか?」
と体を張った突撃取材を敢行!
ケガしないように!と言ったものの・・・・最初の50mのラスト2mで大腿部を少々痛めました。
とりあえずタイムは8秒6。
それって、軽い肉離れだよ!と言っても「大丈夫です。先生、速くなる方法を教えて下さい」
と実演をお願いされました。
で、グイグイスタートの極意を伝授。
続いて、ポン・ポン・ポン。
グイグイスタートで手応えをつかんだ記者さんは、やる気満々でポン・ポン・ポンと走ります。
最後は、ピュンのタイミングと方向。
30分ほどで終了。
その後、補足取材を受けて・・・・「先生、最後に走っていいですか?」
でも、軽く脚痛めているでしょう?
「大丈夫です!」ってことで、最後に50mトライアル。
7秒台を目標にしましたが、8秒1に留まりました。
まあ、脚を痛めていることを考慮すれば、満足できる出来でしょう。

13:30から大学院の中間発表会。
川本の研究室は、M1に北野さん「高齢者トップパワーリフターの効果的なトレーニング方法」佐藤「サッカーのフィジカルトレーニングにおいてオーダーメイドトレーニングは効果があるか」、M2河田「スポーツオノパトペはなぜ運動指導に有効なのか」
10人の院生の発表だったので、17時近くまでかかりました。

終わって、教室会議が少々。

それから仕事を片付けて、最後に面談。
21:30帰宅でした。


●9月23日(木)

午前中、練習。
雨が強くて寒かったので、軽めの練習。

午後は、いろいろ仕事。
休日だったので、休日らしく18時に帰宅しました。


●9月24日(金)

午前中、すっかり忘れていた「福島県小学生クロスカントリーリレー大会」の準備。
最初に必要なことは・・・・後援申請です。
次にスポンサー確保。
おって、要項も作らなくては・・・・

出張届けを出しに行きました。
今回は車で行くので、ちょっと手続きが面倒ですが、これは仕方ないことですね。

14時過ぎに大学を出て、喜多方高校に。
少し時間的余裕があったので、今日は高速を使わないで、土湯峠を通って行くことにしました。
福島は秋が急に来たので、途中も良い感じで秋模様でした。
磐梯山がきれいだったので、ちょっと車を停めて、眺めてみました。
本当に気分が良いドライブでした。

16時に山ちゃんと面会。
あとは、企業秘密(ちょっとバレバレ?)。

17時過ぎに喜多方高校を出て、新潟に。
西の空の夕焼けが本当にきれいでした。
19時に過ぎにホテル到着。
夕食に合流。


●9月25日(土)

全日本実業団1日目 新潟

200m
1位 渡辺24秒33、2位 丹野24秒43
、3位 木田24秒48


400mH
1位 青木57秒33、8位 吉田60秒76
青木は、「3〜5台目を楽にいけ」という
指示を忠実に守りすぎて失速。
「誰がそんなにゆっくり行けといった!」

800m
7位 坂水2分14秒 坂水らしさが少しでたかな?というレースでした。
アキレス腱が痛くない状態で、しっかり練習させてから走らせたかったですね。

朝からチーム川本のみなさんが応援に来てくださいました。
スタンドから選手たちを大声で応援いただき、本当に力になりました。感謝

夜は、磯ちゃんたちと食事。


●9月26日(日)

100m
3位 渡辺 11秒84

400m
1位 丹野 54秒04、2位 木田 54秒67、3位 青木55秒00
丹野は300までは完璧。ラストに課題。

4×100mR
1位 ナチュリル(木田・丹野・青木・渡辺)45秒25
夕方のレースで気温が低くなりだした中で、このタイムはまあまあでしょう。
1走木田の好走が光りました。

女子総合優勝ナチュリル 4連勝ですか?
男女総合2位ナチュリル


●9月27日(月)

ちょっと朝はゆっくりしました。

10時にラジオ福島で来月分の収録。
世界への挑戦です!が・・・内容は裏ネタものです。

深野アナとスタジオに入り、5分間1本勝負を4セット。
「先生、5週目はももりんの前日デスよ!」
と言う訳で、前日のPRを収録して終了。

11:18の新幹線に飛び乗れました。
14時 調布にある電気通信大学に。
酸化ストレスについて研究していらっしゃる長沢教授に研究の相談。
杉浦先生と吉田が一緒です。

終わって、お茶の水の会社に。
社長さんが、川本と同期のハイジャンパー@東洋大で、当時の話で盛り上がりました。
おっと、肝心の酸化ストレスについての情報も仕入れました。

18時に西新橋の慈恵医大に。
次は、太田教授に研究の相談。
長沢教授は、研究的なお話をして頂きました。
一方、太田教授は実践的なアプローチについてアドバイスを頂けました。
酸化ストレスの研究は、まだ始まったばかりなので、
これからという感じです。
我々が知りたかったことは、まだ誰も手がけていませんでした。
トップランナー目指して、研究もGO!ですね。

20時に新橋で打合せがもう一軒。おっともう一件でした。
でも時間も時間だったので、この打合せは飲みながら!


●9月28日(火)

今朝は、東京からでした。
午前中、練習。でも、雨だったので軽め。

富山から松田先生が研修にいらっしゃいました。

午後は、松田先生の質問に答えて。

夜は、松田先生、吉田、坂水と4人で串アンで食事。
マスターの自信作:松茸のはさみ揚げが絶品でした。
いつもの事ながら、串揚げもいい味でした。


●9月29日(水)

午前中、練習。
いい天候でした。
学生は、週末に向けた調整。
OLもそれぞれ国体に向けた調整。
アキレス腱を痛めていた久保倉は、やっと練習を始めたばかり。
国体で走れるかどうかを試すために350のトライアル。
まあまあのタイムで走ることができたので、国体の400に出場することにしました。

14時から、市内某所で打ち合わせ。

帰って、二瓶、吉田とミーティング。

夜は、国体で休む分の仕事。


●9月30日(木)

朝は、国体のためのパッキング。
ただ、国体用のポロシャツが見つからなくて・・・・大変でした。
午前中、練習。

今日は大学院の試験です。
受験生が少なかったのが、心配。
2月に2次募集があります。
この3月に卒業予定の学生さん、福島大の大学院に進学を考えてみませんか?
当然、すでに働いている人もOKです。
長期履修制度(同じ授業料で2倍在籍できる制度です:2年分の授業料で4年在籍可、1年分で2年です)もあります。
以前、山形で高校の先生をしていた茂木先生は、休職して福島大学の大学院に来ました。
2年目は復職して、学校に戻り、長期履修生に。
で、それから2年かけて(1年分の授業料で)修論を書き上げ、3年で修了しました。
待っていま〜す!

14:30 会議。

終わって、自宅に戻り、福島駅に。
夕方の新幹線で東京に。
東京駅から快速総武線で津田沼に。
津田沼の駅近くで食事というか飲み会。

「国体の監督・選手の方は10%割引」の表示に誘われるままに店内に。
「歓迎!国体!」の精神が力一杯出ていますね。
精算するときに「監督」を証明する物を提示する必要があるのですが、
川本は、ホテルに行っていないので、ADパスがありません。
「ホテルに行く前にここの表示を見て、飛び込んだんです」と正直に伝えて
福島陸協作成の選手団名簿を出して「2番目に川本って書いてあるでしょう?」
「これが私!」運転免許証を見せて本人であることをアピール。
お店の人も「監督」と認識してくれて、10%オフ!
凄く得した気持ちになりました。

川本のホテルは、幕張本郷。
ホテルにチェックインして、穐本先生と明日の予定を確認して、今日は終了。