2009年12月の日記

●12月1日(火)9182

とうとう師走に突入してしまいました。

朝、市役所の方が迎えに来てくださいました。
鹿角市の総合運動施設alpas(アルパス)を見学。
スキー場(ゲレンデ、ジャンプ台、クロカンコース)とスポーツ施設(陸上競技場、体育館、テニスコート)、宿泊施設が合体!すばらしい設備でした。
スキー場と言えば、遠い!のが常識ですが・・・・・
何と街から車で10分もかからないところにスキー場が!さすがスキーの街。

盛岡9:10の新幹線に乗ることが出来ました。
まっすぐ大学に行き、OLたちの練習。

昼休みに3年生とミーティング。

3コマ目、ゴルフの授業。
今日は、ポカポカ陽気でいい感じ!

4コマ目、ABディレクター@NHK登場。
番組の打合せです。
全国版AtoZのOAが2月ですが、それに先駆けて、福島大学関係の番組を県内で放送します。
放送予定は、18日くらいです。はっきりしたらお知らせします。

夕方、練習。
最近の若者は、直接会うことも電話もメールも同じ感覚を持っています。
具合が悪くて練習を休んだら、メールで「大丈夫?」
これでいい訳はありません。
が、学生はこれでいいのかも知れませんが、オヤジたちはダメ。
なので、「きちんとやろう」と言わんばことを言いました。

18:00からOB会の会計監査です。
これは、会計担当のOLたちが、やっています。
川本は終わった頃に「では、食事に行きますか?」
で、串アンでOLたちの慰労(結構大変な作業です)を兼ねて、OBと食事。
卒業生達と楽しく飲みました。

パセオ通りは今日からライトアップ。
美人OLをモデルに写真撮影。


●12月2日(水)8074

2コマ目、コーチング演習。
今日のテーマは「腹筋強化」「バスケの3メン」それぞれのトレーニングの意味を理解して、本当に効果があるのかをみんなで検証。

午後から練習。
ABディレクター@NHK福島がカメラさんと登場。
練習の取材だったのですが、今日の練習は、ハードル、砲丸投、三段跳で「丹野の800m転向」らしい練習はなし。
1年近くおつきあいしているカメラさんは「今日は天気が良すぎるから、練習が変わった」と鋭い指摘。
その通りで、あまりにも好天だったので、他種目をやって楽しもうというコンセプトに変更しました。

練習がひと段落したので16:18の新幹線で吉田と東京へ。
ナチュリルで打ち合わせです。
2時間ほど打ち合わせをして「一杯やりますか?」ということで、汐留に移動。
これは、オヤジたちの定番ですね。
気の毒なのは、吉田。
42階の窓から見えたレインボーブリッジが田舎者に感動を与えてくれました。
それにしても東京のイルミネーションは、洒落ています。
福島のパセオもいけている!(死語ですか?)のですが、丸の内界隈のイルミネーションはもっといけていました。
吉田は最終の新幹線で帰ったのですが、オヤジたちの酒宴は終わる訳はなく、川本は近くのホテルに部屋を取り、泊まることに・・・・・・


●12月3日(木)6447

東京発07:04の新幹線で、福島に。
大学に直行。
OLたちに練習の指示をして、30分で授業準備。
今日も泥縄教授です。

2コマ目、トレーニングマネジメント。

昼休み、緊急会合!

3コマ目、体力トレーニング。
今日はアイソメトリックトレーニングの実技。

4コマ目、医大の非常勤。スキー実習のガイダンスとビンディング調整。

夕方から練習。
冷たい雨だったので、今日は外の練習はナシにしました。

日曜日に競走馬のレースのアップについて書いたのですが、
JRAのH賀さんからメールが届きました(以下、ご本人の了解を得て、掲載しています)。

「競馬のレース当日のウォームアップについてですが、もちろんパドックからコースに出てからも行ないます。
ただし、それほど時間の長いものではありません。
およそですが、90%VO2max程度のスピードのギャロップで600m程度走ります(馬によっても違いますが、400〜800m)。時間はせいぜい40〜50秒程度ですので、やはり大変短いアップといえます。ギャロップでアップした後、20分程度歩いてからスタートすることになります。

最近では、パドックに出る前から、装鞍所(鞍をつけたり、馬体をチェックしたりする場所)のなかでも、ずっと常歩(なみあし:walk;あるくこと)をしている馬が多いように思います。その後はパドックでも歩きますので、レース前にはトータルで1時間程度は歩いている計算になります。

一方、日常のトレーニングでは、常歩で30分ほど歩いてからコースに入り、小回りの小さなコースで速歩(はやあし;Trot;常歩よりも速い歩き方。秒速3〜4m)で数分、あるいは遅いスピードのキャンター(駈歩)で数分のウォームアップを行なってから、メインの運動に入ることが多いようです。最近では、メインの運動は反復形式になることが多いので、1本目の運動が2本目の運動に対するウォームアップになっているともいえます。」

続いて興味深いメールがもう一通。

「コースに入場してからのギャロップによるWarm-upの距離は、レースの発走地点が入場した場所から遠いか近いかでいくらか違うようです。400m〜800mと書きましたが、800mまで行くのは少なく、多くの馬は400m〜せいぜい500mと思います。時間は長くても30〜40秒くらいでしょうね。

スタート地点の近くに、発走の時間まで歩いていることの出来る屋根つきの待避所があるので、その近くまで走っていって、その場所で発走まで歩いて待っているといった感じです。スピードは各馬によって多少違いますが、それほど速くなってはいないようです。

実際の競馬における馬のレース中の心拍数などを記録するのは事実上不可能なので、「模擬レース」といわれる騎手候補生徒(競馬学校という騎手養成学校)の卒業試験をも兼ねたレース(中山競馬場で12月中旬に行なう)における心拍数変化を記録したことがあります(添付資料の論文)。本物のレースではないので、装鞍所には入ってはおらず、常歩で歩いている時間は実際のレースよりも短いですが、パドックやらコース入場、あるいはゲート入りレース時の心拍数変化はおよそ本物のレースにおける現役競走馬の心拍数変化を表していると思います。実際の競馬では、添付論文のFig.2の前半の常歩部分の時間が長くなっているといったところです。

馬場に出てからのギャロップにおけるWarm-up中の心拍数は平均194拍/分、レース中の平均は213.6拍/分でした。使った馬たちは現役を引退した馬ですので、走行スピードは現役競走馬よりも遅く、体力自体も劣りますので、レース後の血中乳酸濃度は低めに出ているとは思いますが、まずは予測どおりといってよいデータでした。

常歩の運動強度自体は弱いのですが、上部の関節(肩関節など)の動きは案外大きく、柔軟体操に似た効果はあるのではないかと思っています。」

いやあ〜非常に興味深い内容ですね。H賀さんありがとうございました。
ウマでこのくらいで行けるので、本当にヒトのアップはもう一度考えた方がいいのかも知れませんね。


●12月4日(金)3123

午前、午後と仕事。
ずっと仕事でした。
ここまで3000歩。

机の前に座っていた割には、何故か仕事がはかどらず、実り少ない1日でした。

夕方、3年生と面談。

納会を仕切る事って?をテーマに話しました。


●12月5日(土)10379

52歳の誕生日でした。
練習前にOL達がケーキとプレゼントのCDを持ってお祝いしてくれました。
吉田は、今日練習休みなのにお祝いに郡山から大学までわざわざ来てくれました。
CDは80年代の懐かしい曲が満載の「CLIMAX80’」と「DISCO CHAMPION」
DISCO・・・・には、アース・ウインド&ファイアの「宇宙のファンタジー」から始まって「ソウル・ドラキュラ」なんかもあったりして・・・涙ものでした。
凄く懐かしいのですが・・・・今聞くと、ちょっとスロー!
当時、いけていた!ディスコミュージックですよ!!
あの当時、何であの速さ(遅さ)で踊れていたんだろう?
不思議です。

陸上部の女子部員が、選びに選んだプレゼントを頂きました!
研究室の学生達からもプレゼントを頂きました。

練習は、誕生祝いで、ちょっときつめ!
午後からNHKのインタビュー。
クローズアップふくしま」で放送決定!!12月18日(金)午後7:30〜7:55
「遺伝子情報で世界の扉を開け〜福島大学陸上部 川本監督の挑戦〜」
400mの丹野麻美選手をはじめ、多くの日本記録保持者を輩出してきた福島大学陸上部。監督の川本和久さんは世界に通用する選手を育成するため、最新科学を活かしたトレーニング理論を作ろうと挑戦を始めた。その鍵となるのが「遺伝子」だ。瞬発力や持久力など走る能力を決めるといわれる遺伝子を分析し、選手の特徴にあったメニューを作ることでレベルアップを図ろうというのだ。世界の強さを痛感した北京五輪から一年。その壁を破ろうと挑戦を続ける川本監督を追う。」

という内容です。
ABディレクターの出世作となるか?これは、みなきゃあ、ソン!

15時から学生と面談。

16時に自宅に戻り、17時から市内某所でOB会総会。
川本は、監督として陸上競技部の活動報告を。
18時から陸上競技部納会。

今年3月に卒業した教え子達がプレゼントを持ってきてくれました。
エルメスのグラスです。
ビールをついで、「先生!飲み干すと底にHのマークが出てきます!」
と、言われたので、一気に飲み干したのですが・・・・・
老眼で、焦点が合わず!Hが見えませんでした。
メガネを外して、やっと確認。

今年の福島大陸上競技部は、ちょっと成績不振でした。
そこは、監督として反省しつつ、飲むものは、飲んで・・・・・
今日も楽しく、楽しく飲みました。


●12月6日(日)8975

8:18の新幹線で東京に。
今日は、東京で勉強です。

夜は、場所を変えて、飲みながらずっと勉強でした。
(飲みながら!がメインです)。


●12月7日(月)

午前中、東京で打合せを1件。
終わって、福島に戻り、大学に。

午後は、約束の原稿書き。
テーマは、「指導者の力 ー変わるもの変わらないものー」
なかなか構想がまとまりませんでした。
今日がタイムリミットです。

こんなときに限って、たくさんの人が尋ねてきます。

ここは、携帯の電源を切り、研究室も「立入禁止」の張り紙をして集中モード突入。
川本は、神が降りてきて、一気に書き上げるタイプです。
なので、集中第一。
途中で、思考が途切れると、それまで頭にあったものが一瞬にして消えてしまいます。
OLたちは、川本が集中してPCに向かっている時は、絶対に邪魔しません。

でも「立入禁止」が貼ってあるにもかかわらず、ノックをして「失礼します!」と大声で入ってくる学生もいます。
一体何を考えているのやら・・・・・
これが3回ほど続いた(同じ学生)ので、吉田が注意してくれました。
が、「立入禁止」を見て、入ってくるって、どいうこと!

ー変わるもの変わらないものーですが・・・・変わらないものまで書き進むことが出来ずに予定字数が来てしまいました。
まあ、それもよしとして脱稿。


●12月8日(火)7596

1コマ目、大学院の講義。

2コマ目、仕事。
とにかく、今日中の仕事が山積み。

3コマ目、ゴルフ。
先日読者の方から・・・・「先生、よくゴルフなさっていますね?そんなに時間があるとは、思えませんが」と、尋ねられました。
よくよく伺うと、どうも毎週ゴルフをやっていると勘違いされているような・・・・
「ゴルフって、一般体育の実技ですよ」と説明しておきました。
インチキ川本プロが授業で教えているだけです。
毎週、プレイしている訳ではありません。

終わって、打ち合わせをいくつか済ませて、福島駅に。
16:18の新幹線で東京へ。
品川のホテルで、岡田ジャパンの国内組に走りの講義。
今日は、選手たちは川本のデモを含めた講義を聴いていもらうだけでした。
45分で、スタートの極意を伝えました。
詳しくは、企業秘密。


●12月9日(水)11237

東京発8:08の新幹線で福島に。

2コマ目10:20開始のコーチング演習にギリギリセーフ。
今日のテーマは、バスケットのトレーニング構成とウエイトトレーニングのバリエーション。

授業終わったら、スポーツ課のK井課長さんがお待ちでした。
30分ほど打ち合わせをして、帰られました。
忙しい方なのにわざわざ大学まで足を運んでいただいて、感謝です。
ただ、少し話し足らなかったので、来週、夜の部をお願いしました。

13:30練習。
1時間ほどみて、自宅に。
慌ててパッキング。

14:18の新幹線で、東京へ。
羽田から香港に飛びます。
これは、便利!福島の人間からすると、やっぱり成田は遠い。
20:30のフライトでした。
深谷商業のII田先生と一緒でした。
II田先生が「チケットがないそうですが、川本先生は大丈夫ですか?」
って、そんなの知らない!
って、言うか・・・・広州のアジア選手権はガラガラだったので、俄には信じられません。
「ネットでもダメでした。陸連に頼んでもダメみたいでした」
って、それは本当だ!
ちょっと心配になってきました。

香港には、現地時刻0:30に到着。時差が1時間あるので4時間30分のフライト。
ホテルにチェックインして、そのままおやすみ!


●12月10日(木) 東アジア大会 19683

真弓からメールが来ました。
「選手が優先的にもらうことができるフリーチケットと通常の前売り券が全て完売してしまいまして、入手することができませんでした・・・・・」
ちょっとピンチです。
でも、何とかしなければ・・・・・・

午前中は、「街探検」
川本のホテルは、街の真ん中(九龍地区)にあるので、探検はしやすい!
ここは、高級ブランドのお店とチープな土産屋が軒を並べる凄いところです。

お昼を済ませて、陸上競技場へ。
ホテルから競技場までは、タクシーで途中高速道路を走って20分ほど。
10キロくらいですかね?
100香港ドルでした。
1ドル12円くらいなので、1200円。
これは、安いですね。

松田のアップに間に合いました。
大学時代の後輩のA川先生@埼玉大がチームの総務担当。
デイパスを準備してくれました。
大変だったと思いますが、感謝!!

競技場の周りは高層マンション群。
圧巻ですが・・・・大丈夫なのでしょうか?

松田は、走りのタイミングが、今ひとつの感じで、沖縄の事前合宿に出しました。
合宿中の報告もあまりいい感じではなさそうでした。
そんな松田でしたが、今日の流しは抜群。
スタートもここ半年見たこともない出来。
やっといい感じに、と、いうか、日本選手権の200のときに戻ってきました。
ただ・・・心配は、大学でしっかり走れたのは、120。
150は走れていませんでした。
松田は、純粋な短距離型の選手なので、エネルギー系のトレーニングをきちんとやっていないと200は走れないタイプです。
ちょっと心配で、200の決勝へ。
スタートは抜群の出来!
加速も凄くいい感じ。
トップで直線に出てきました!このまま金メダル!と行きたかったのですが・・・・・
川本のイヤな予感が当たってしまいました。
予感というより、読みというか・・・・
やっぱり、ラスト70が走れませんでした。
そこから一気に失速して、長倉さんにも抜かれて、4位に沈みました。
トップで抜けて、4位は考えられませんが、松田のタイプは仕方ありません。
トレーニングは正直です。
ただ、最悪の状態からここまで、持ち直したので、来季に光が見えました。
来季は、最後まで走り抜ける松田に期待しましょう!


●12月11日(金)東アジア大会 16331

午前中、真弓の練習。
いい感じに仕上がっています。
本人は、沖縄の直前合宿に行く直前に走りのコツを思い出したようで・・・・・
練習ノートを読み返したようです。
真弓は、練習中に川本から注意されたことをすぐにノートに書き留めています。
今日の練習は、本人、コーチともに手応えを感じています。

午後ホテルに戻ってから、香港島にちょっと行ってみました。

それにして凄い人出です。
日本人の姿は、あまり見かけません。
ブランド店でも、中国の方の購買意欲は凄い!!
日本は完全に負けていますね。
金曜日ですが、デパートの中もごった返していました。
こんな感じは、いつのことかな?と思い出してみると・・・・・
小学生のとき、年末は、福岡に買い物に家族で言っていましたが、
そのときの岩田屋(福岡の老舗デパート)のごった返していた感じに似ています。
久方忘れていた感じです。
本当に香港の、中国の力を体感しました。


●12月12日(土)東アジア大会 20102

8:30に競技場。
真弓の100mアップです。
昨日までの半袖と違って、今日は肌寒い朝です。

いい感じで、アップ完了。
今日の課題は、スタートのリアクションからの加速。
0.173秒のリアクションで、真弓としては上出来。
加速もうまくでき、11秒84(-2.1)で1着通過。

15:10 決勝。
何とかして金メダルを獲りたい!
そのためには、スタートからの加速。緩加速期にちゃんと加速が出来るかが勝負。
の、はずでしたが・・・・・
急加速期にうまく加速できませんでした。
福島さんと走るときより、スタートで離されてしまいました。
緩加速期からはうまく走れて最後に追い上げましたが、11秒83(-1.2)で銀メダル。残念。

羽田に向けたフライトは、01:00。
香港島の夜景がきれいでした。


●12月13日(日)

帰りは、ジェット気流に乗って、3時間30分のフライト。
日本時刻午前2時の出発だったので、羽田には5時30分着。
今日ばっかりは、もう少し乗っておきたかった!というのが本音です。
機内の朝食で4:30に起こされてしまいました。

7:16の新幹線で福島に。
90分の爆睡。

自宅で着替えて、大学に練習。
香港とは違い、寒い・・・・けど、身が引きしまる感じです。

午後は、仕事。
でも、睡魔が・・・・・香港との時差は1時間ですが、ほとんど寝ていないので
軽い時差ボケ状態。

今日は早めに帰宅。18:30


●12月14日(月)

やることが山積みでした。

陸上競技部内もインフルエンザが蔓延してきたので、対応。

机の回りをちょっと整理して、仕事に突入。

今日締切の原稿が1本。
これは、楽ちんなものでした。

16時からゼミ。
卒論モードです。
終わって、研究室の飾り付け。クリスマスモードです。
19時から場所を市内のイタリアンに移して、ゼミの続き。
というか、卒論突入飲み会!でした。


●12月15日(火)

1コマ目、大学院の授業。

終わって、OLの練習。

3コマ目、ゴルフの授業!
今日は、寒かった!
OLたちはアスレティック・アワードに着飾って出かけました。
昨年は、ここで特別賞を頂きました。
あれから1年、あっと言うまでした。

夕方まで、PCに届く仕事を次から次に片付けました。
18時、市内某所でK井課長と会食。
福島のスポーツ界の展望について熱く語り合いました。


●12月16日(水)3973

朝イチは、メールの対応。
メールの配達やさんは、本当に律儀です。
毎日、確実に仕事を運んできます!

2コマ目、コーチング演習。
「ロング坂ダッシュは、跳躍のトレーニングに効果があるか?」と
「高校生に人気の300+100を考える」がテーマでした。

授業が終わって、学長選の投票。
今回は、大学人の1人として、積極的に学長選に参加しました(推薦人として)。
教授になって、6年目になります。
少しは、学内のことも考えるようになった証ですかね?

13:30から来年度の1年生オリエンテーションクラスアドバイザー説明会でした。
まあ、1年生の担任です。

1時間ほどで終わって、グランドに。
今日は、ある選手の個別指導を熱心にやりました。

それにしても寒い!というか冷たい午後でした。

夕方、学長選の結果が出ました。
正確には、意向調査投票ですが・・・・
意向調査では、大差で理工学類の入戸野教授が次期学長に!
明日、学長選考会議があるので、決定はその後ということになります。

18時からNHK福島で「クローズアップふくしま」の撮影。
VTRは出来ているので、その間を高山アナとつなぐというもの。
V1とV2の間、V2とV3の間それぞれ3分ずつです。

まずは、リハーサル。
V1〜V2で話したつもりでしたが1分30秒!!ってどういう事?
V2〜V3の間は、3分超。
で、内容からして、2分、4分の配分になりました。
と、簡単に書きますが、番組は25分きっちり。
VTRの長さは決まっているので、高山アナとのやりとりは6分ちょうど。
高山アナは、プロですが・・・・川本は素人オヤジです。
ちょっと不安。

「では、本番行ってみましょうか!」

収録は、実際にVTRを観ながら、コメント。なので、25分1本勝負です。
川本の心づもりは、2本勝負くらいかな?テイク3になったら「ごめんね」

V1とV2の間は、きっかり2分!やるじゃん!
でも・・・・川本のところからは残り時間の表示が見えません。
V2〜V3のコメントに突入。
調子よくコメントも進みます。
大体話し尽くしたかな?と思って、それで終わろうとすると、高山アナの目が「もう少し話してください!」と言っていました。
コメントを伸ばしましたが、再度、質問。
まだ、時間があるんだ!で、頑張ってコメント。
最後は、高山アナがきれいにまとめて、終了。
1回で終わることが出来ました。

用意されたお弁当を食べながら、通しで番組を観ました。
今回は、カメラさんがうまい!
この春からずっと1人で撮っていらっしゃるのですが、
同じ撮り方がなく、それぞれに工夫した跡があり、楽しめました。

国体で丹野が800に挑戦するシーンがあるのですが・・・・
川本と丹野のサブトラックでの会話が収録されています。
レース前のサブトラックでの選手とコーチの会話なんて、めったに聴けませんよ!
そこで、丹野が緊張して「(唇が)乾きます」と不安を漏らします。
その後、川本のアドバイスがあるのですが、ここは放送で。
シーンは、レーン紹介中の丹野に。
彼女が不安そうに唇をなめるアップがでます。
これは、このときの丹野(というより、大部分の競技者)の心境がよく表れているシーンです。
いやぁ〜いいアングルでした。
今回の番組は、内容もさることながら、番組を通して随所に光るカメラワークに注目です。
VTRに録画して見直すことをお勧めします。
川本は、リハーサル前に1度、本番で1度、最後に完成版を1度、合計3度続けてみたことになりますが、何度観ても面白いというか、興味深い内容です。
いずれ敏腕の仲間入りをするであろう若手のABディレクターの出世作になることを期待します。
25分間、絶対楽しめます。
福島県にお住まいのみなさん、18日金曜午後7:30〜7:55「クローズアップふくしま」
「遺伝子情報で世界の扉を開け〜福島大学陸上部 川本監督の挑戦〜」NHK福島です。   


●12月17日(木)3989

今朝は、この冬一番の冷え込みでした。
寒さのせいか?愛犬の足もいまひとつ。

1コマ目、いつものPCの整理。
本当にメールは、律儀に仕事を運んできてくれます。

2コマ目、トレーニングマネジメント。
先週、東アジア競技会で休講しました。
学生には、広州、香港で感じた中国のパワーについて熱く語ってしまいました。
外国で見聞したり、感じたことを学生に伝えるのも大切なことです。
このことは、絶対に話そう!と、帰りの飛行機の中で考えていたので、一気に話が進みました。
そこから、人生のやり甲斐や就職って?なんて話題が発展して、肝心の講義が・・・・・
後半、取り戻しつつありましたが、やはり今日は、中国、香港での印象が強すぎて・・・・

3コマ目、「体力トレーニング」
今日は、サーキットトレーニング。
最後は、3分サーキットを披露。学生はそれで疲労?

慌てて着替えて、市内の菅野建設へ。
15時から菅野さん、大槻さんとチーム川本の今後について、検討。
お二入から貴重なアドバイスを頂きました。
時間を割いて、行った甲斐が凄くありました。

夕方研究室に戻って、ずっと、ずっと仕事。
というか、大学への提出書類の作成です。

OLたちも残って、仕事をやっています。
本当に感心します。が、コンディションを考えたら、早く帰って欲しいところです。
このオフィス川本は、彼女たちに支えられていると言っても過言ではありません。
OLたちがいなかったら・・・・・外に向かっての活動なんてできませんね。

本日、次期学長に入戸野教授が選出されました。
パワーのある大学になりたいですね。
(これを読んだ下さっている福島大関係者の方:ベクトルをひとつにして、それぞれの持ち場で、自分の仕事を精一杯頑張りましょうね。川本は陸上を頑張ります!)


●12月18日(金)7614

さあ、出勤!しようと思ったら・・・・雪が降ってきました。
今日は愛車を定期点検に出す予定だったので、ついでにタイヤ交換も!と考えていました。
雪は、みるみるうちに積もってきます。
信じられないスピードです。車屋さんには早く着きたいわ、でも道は怖いわ、で、大変でした。
車屋さんから大学までタクシーで。
やっぱり安心。
大学周辺はとてもノーマルタイヤで走れる状態ではありませんでした。
写真は、何もない状態から、ほんの1時間の出来事です。

午前中、やるべき仕事をひたすら片付けて、12:32の電車で、大学から福島に。
今日は、富山に移動です。
日本海側は「雪」。
とりあえず、羽田に向かいましょう。
ただ、宇都宮を過ぎたあたりから、快晴。
大宮で「乗り換えよう!」なんて気にはなれませんでした。
東京駅に15:10くらいに到着。
木田ちゃんが、羽田に電話を入れて、運行状況を確認。
「天候調整」でした。
フライトは16:30。東京駅を15:40前にでれば、フライト時刻に間に合います。
で、「飛ぶか、飛ばないかはいつ分かるの?」
「15:30から15:50に判断します」って困った!
富山空港に電話を入れると「この状況では、着陸は難しいと思います」と的確な返答。
羽田は正式に「欠航」にはなっていませんでしたが、JRで移動!と決断!
新幹線で、越後湯沢(1.2時間)、そこから特急で富山(2時間)乗り換えを入れて3.5時間コースです。
富山には19:40到着の予定でしたが・・・・・
特急が越後湯沢に延着。
続いて途中で、吹雪のため!何度かスローダウン。
富山到着は1時間くらい遅れました。
大学を出てから8.5時間かかってやっと到着。
この時間ならロサンゼルスまで飛べましたね。
富山駅では、O田さんが笑顔で待っていてくれました。
O田さんとは、もう15年のお付き合いです。

夜は、みんなで楽しく食事をしました。


●12月19日(土)11361

昨日、何で頑張って富山に移動したかって?今日は富山市の講習会。
担当のF井先生には、何から何までお世話になりました。
95年から富山に来ていますが、10数回を数えます。
ナチュリルの親会社・富士化学工業がお隣の町にあるので、NACのメンバー全員で講師を務めます。
これは、豪華ですね。
ただ、今年は、写真のような雪。
日本海側の雪は、湿っていて大きい、重い!
福島なら洋服についた雪は、手で払えば簡単に落ちますが、富山の雪はそのまま洋服についたままで、濡れてしまいます。
講習会は、小学生、中学生、高校生が集まってくれました。
講習の内容は、NACのメンバーは手慣れたもの
上手にきちんと進行していきます。
午前中のテーマは、「ポン」
この雪の中。藤井部長@ナチュリルや明日の手配をして下さっている富士化学工業の社員の方が顔を出して下さいました。
感謝。

お昼休みは、「いつもはお弁当だけど、たまには「鱒の寿司」でもどう?」とO田さん。
いろんなお店の「鱒の寿司」を買ってきてくれました。
同じに感じていた「鱒の寿司」ですが、お店によって全然違いました。
みんなで食べ比べて、楽しいお昼でした。
お昼休みの後半はサイン会。
右側の選手達は、人気ない?ってことはありません。
この写真は、サイン会が始まったとろで、これから子ども達が移動していくって方式です。
30分以上帰ってきませんでした。

小笠原さん@ナチュリルも登場。
広報には欠かせない存在です。

午後は、「グイグイスタート」とスタートからポン、ポン、ポンのつなぎ。
小学生がうまい!!
これはO田さんが普段からちゃんと教えているからですが・・・・・

夜は、市の陸協や富山JACのみなさんと懇親会。
これまた、楽しく食事が出来ました。
(川本は飲み中心です)
富山JACの熱心なご父兄もいらっしゃって「子どもが3年連続で講習受けています」なんてうれしい事を!

これだけでは、富山の地域振興への寄与が少ないので、2次会に。
ここは、O田さんと毎年来ています。
気っぷのいい美人ママ?がいるお店です。
今回は、OLも社会見学で同席。
モー娘を楽しそうに歌って、踊っていました。


●12月20日(日)11324

午前中、富山市のクリニック。
「ピュン」の練習と総まとめ。
いい感じで終わることが出来ました。
昨日もやったのですが、世界選手権記念Tシャツ争奪!じゃんけん大会。
これが大盛り上がり。

O田さんとF井先生の車に分乗して、上市町に。
午後は上市町の講習会。
西田社長が、出迎えてくれました。
社長は、一昨日同じ飛行機で飛ぶはずでしたが、欠航のため昨日の移動に変更。
羽田から富山まで1時間。その後、富山上空で旋回すること1時間。
やっぱり着陸できません!ということで、羽田まで1時間かけて引き返し。
結局、陸路で東京から富山に!ヨーロッパに飛んでいける時間をかけて富山に。
上市の体協には、富士化学工業のみなさんが参加されていて、段取りなどは、もう完璧。
「今日憶えることは、「ポン」「ピュン」「アスタキサンチン」の3つ」で講習会開始。
2時間で足が速くなる!そのとおり、みんな見違えるほどかっこいい走りになりました。
OL1人で担当するのが、10名程度だったので、個別指導行き届いたからだと思います。
世界選手権記念Tシャツ争奪!じゃんけん大会も大盛り上がり。

「先生、早いほうがいいですよね?」?????
で、西田社長主催の食事会に。
当然、ちゃんとしたお店ですよ。
そこに、直接?って、ジャージで?
ジャージで飲むと、リラックスし過ぎて、寝てしまわない?
まあ、いいか?でジャージで食事をしてしまいました。
富山の幸を頂きました。
そこで、広報の小笠原さん、山口さんのバブル時代の話を聞いて、大受けでした。

後は・・・最終便が飛んでくるかどうかです。
今日も何便か欠航が出ています。
川本は明日一番のフライト。
最終便が飛んでこなければ、明日の朝一便は欠航ということになります。
食事が終わって、最終便の到着を確認。
とりあえず、明日の光が見えてきました。

夜が早かったので、ホテルのバーで、地域振興に協力。


●12月21日(月)8965

ホテルを6:30に出ました。
7:15のフライトです。丹野と青木が一緒。
空港に到着したのですが・・・・雪で滑走路が心配な感じでした。
ちょっと、視界が悪いような・・・・・
心配をよそに飛行機は無事、出発。

羽田は、抜けるような快晴。
青空を久しぶりに見ました。
浜松町に向かうモノレールからみた富士山が雄大でした。

そのまま赤羽のナショナルトレセンへ。
今日は日本陸連強化競技者と専任コーチのミーティング。
お昼ご飯を挟んで、来期に向けた構想や計画を話し合いました。

15時前に終わって、そのまま浜松町に行き、幹社長@M&Kとミーティング。

終わってモノレールで天王洲アイルのナイキに寄って、その後、帰宅。

20時には、自宅に帰れました。


● 12月22日(火)8807
朝イチは合宿のパッキング。
OLたちは、昨日から沖縄に行っています。
ナチュリルチームは、富山・羽田・沖縄のルートでしたが、昨日川本の次の富山発の便が、「視界不良のため欠航」でした。
心配したのですが、吉田たちの便は無事飛んで、事なきを得ました。

出勤してやることは、今日の3コマ目の段取り。
福島は、雪は融けていましたが、グランドは使えません。
で、体育館で「運動中の心拍数測定」と思ったのですが、テニスコートは使えそうです。
担当の黒須先生と相談して、今日は実技!と決定。
ただ、川本のゴルフとサッカーは別のこととなります。
その段取りで、時間をとりました。
その後は、書類などの作成。

昼休み学生と面談。
また、卒論生も相談に登場します。
今日はお昼抜きで対応となりました。

3コマ目、ゴルフの授業。
講義というか学生のアンケートと身体組成測定で終わり。

4コマ目、書類もので時間が過ぎました。
本当に容赦なしにメールで、提出を促す書類が届きます。
16:30 練習の冒頭に顔を出し、冬休みの大学での練習と地元に帰っての練習について指示。
そのまま、自宅にもどり、新幹線で東京に。
東京で、忘年会をひとつやって、浜松町のホテルに。


● 12月23日(水) 11064

羽田9:00のフライトで沖縄に。
お昼に那覇空港に着いて、沖縄合宿ではいつもお世話になっている哀愁のB級ホテル・デイゴホテルに。
気温は24度くらいで、ウソ!?というくらい。
昼食を済ませて、午後の練習から合流。

今回の合宿から、遺伝子情報を取り入れた個別的なトレーニングを徐々に入れていきます。
今までのトレーニングの流れを壊すのは、勇気がいることですが、さらなる向上のためには、冒険も必要かと!決断しました。
が、まだまだ試行錯誤です。
とりあえず、第一の答えは、6月の日本選手権ですね。

16時過ぎに仙台からフライトした学生チームが合流。
来季に向けて、頑張ってほしいものです。

夜は、泡盛で乾杯!


● 12月24日(木) 10024
合宿の流れは、基本的には同じです。
朝7:10に散歩。
沖縄は西にあるので、6時台は朝が明けきれません。

午前中、トラック練習。
午後、トレーニングルームに入って練習。
夜は泡盛。


● 12月25日(金)10072
OLたちは、練習休み。
学生は午前中、練習。ただ、雨が強かったので、室内でドリルを。
明け方、ちょっと閃きがありました。
川本は、寝ているときに練習のアイディアが浮かぶことが多いですね。
試しに学生にやってもらいました。
なんだかいい感じ!
イメージ的には、グングン走りですね。
これは使えると思います。

12時に上がって、昼食。
13時に学生を連れて、沖縄南部のひめゆりの塔記念館に。
戦時下の沖縄の歴史を知ってもらおう!と連れて行きました。
歴史を知ることは、必要です。
川本は5回以上は、ここに尋ねてきています。
何度訪れても、涙が止まりません。
戦争も勿論そうですが、教育の怖さや責任を痛感します。
学生にとってもいい勉強だったと思います。
美ら海水族館や琉球村もいいのですが・・・・歴史を直視することも大切。

帰りは、那覇の国際通りでショッピング。
もう少し時間をとりたかったのですが・・・・ひめゆりの塔で2時間以上いましたから・・・・時間がありませんでした。
琉球ガラス館なども寄りたかったのですが、断念。

今日はクリスマスでした。
クリスマスを祝うのは、25日です!
で、哀愁のB級ホテルの宮城社長さんのご厚意で、食事はクリスマスバージョンの豪華版。
チョコレートケーキも出していただきました。

久保倉の提案で、プレゼント交換会を実施。
それぞれアイディア一杯のプレゼントを準備していました。


● 12月26日(土) 17264
午前中、練習はウエイトトレーニング。
午後は、午前中の雨も上がって、トラック練習。
昨日学生と試した新しい走りをOLにも試してもらいました。
これまた、好評!
これは、いける!と手応えを感じました。
で、練習を変更して、グングン走りの習得。

夜は、10年来の友人K友名さんと、泡盛。


● 12月27日(日) 11649
ここ数ヶ月、遺伝子情報をどう活かすかをずっと考えていました。
NHK福島のABディレクターは、そのことでいろいろ質問するのですが、川本の考えそのものがまとまっていないので、満足な返事ができませんでした。
まあ、仕方ないですね。
何でも「発酵」には時間がかかります。
答えが出ない!というのはまだ時期じゃない!ということです。
ここ沖縄に来て、やっと考えがまとまり出しました。
きっと、一日中、陸上競技に没頭できるから思考がまとまってくるのだと思います。
これが大学だったら、なにかとやることが出てきます。
ですから、この合宿中は、メールもチェックしていません。
こうやって陸上競技に身も心を捧げることが大切ですね。
全てを捨てて、没頭すれば、必ずいいアイディアが生まれるはずです。
年に何度か、こうやって心身ともに集中する時間を持たないと、アイディアや情熱が枯渇していくと思います。
そう言う意味では、この哀愁のB級ホテルに泊まって合宿するのは、川本にとってかけがえのない時間です。

午前中、トラック練習。

昼間、木田と今後の練習について、ミーティング。
何とか遺伝子情報を活かして、成功したいものです。
木田ちゃんの練習も大きく変わることを告げました。

午後、ウエイトトレーニング。
ウエイトの方法も今日から変更しました。ここに来て考えがまとまりつつあります。
うちのチームは2010年が「変」ですね。

今回、跳躍の1年生を連れてきています。
グングン走りを活かした、ぐんジャンプに挑戦。
いつかはモノにできると思います。


● 12月28日(月) 13065
午前中、練習。
小雨模様でしたが、狙った練習を一気に行けました。
11:30上がり、そのまま12:15にホテルを出ました。
みんな大変だったと思いますが、練習はしっかりやりました。
ダウンの時間が余りとれないので、その後の、数時間の飛行機移動は、身体的には負担がありますが・・・・・・

川本は那覇・国際通りでバスを降ろしてもらって、公設市場に。
お正月用の買い物を。
これも恒例ですね。
今年は、少しというか、まったく人がいない!!!
いつもなら、歩くのがやっと!という状態ですが・・・・
まあ、合宿の上がりが2日早いというのもあるのでしょうね。
30日、31日は大混雑!と期待しましょう。

仙台へのフライトは14:25。

仙台に到着して、新幹線で東京へ。
東京で頑張っている教え子と忘年会。


●12月29日(火) 8116

朝イチは、都内某所でヒアリングがひとつ。

その後、ホテルに戻って、打ち合わせ。
ABちゃんの紹介です。
S藤社長と話をすると、互いにやりたいことが一緒で、
互いにその実行に足らないモノを持っていました。
互いに補い合える!これがベストマッチです。
初対面とは思えないほど、話が進み、年明けすぐにアクションを起こすことになりました。
やはり2010年は「変」ですね。

今日は帰省ラッシュです。
14:20の各駅停車の新幹線に空席がありました。

帰宅するとOLたちからたくさんお歳暮がたくさん届いていました。
感謝は形に!いい教え子たちです。

西田社長@ナチュリルから立派な氷見の寒ブリが届きました。
昼間の打ち合わせの報告とお願いを兼ねて、電話。
新たな一歩です。
詳細は、当然ながら企業秘密。


●12月30日(水) 1819

朝からゆっくりしました。


●12月31日(木) 2039

朝からゆっくりしました。