2009年3月の日記


●3月1日(日)東京へ

午前中、練習。
午後から東京へ。
福島駅のエスパルでお弁当を買って・・・・
今日は、ホタテご飯。ただ、ちょっと足らなそうだったので、カマボコとクリームコロッケを。
みんな美味しそうだったので、ついついあれも、これも!と言いたくなったのですが、
ここは、我慢!

東京は打合せ。

帰りの新幹線も飲んでしまったので、福島駅からは代行で。


●3月2日(月) フリースタイルスキー

始まりました、フリースタイルスキー世界選手権。
チケットは、前売り券をゲット。
「先生、パスを準備しま・・・・」と言っていただいたのですが、ここは、自腹で応援。
世界選手権を開催する地元民として、やれることは、これくらいですから・・・・・
1日目は、「スキークロス」
「スキークロス:雪上の障害物競争とも言われ、4〜6人の選手が同時にスタート、バンクやウェーブ、ジャンプなどをクリアーし、最初にゴールしたものが勝ちという、見ていてる側にとっても非常にわかりやすい競技内容である。 レース中の選手同士のせめぎ合いや駆け引きなどが魅力である。」Wikipedia。

とりあえず、最初にフィニッシュした者勝ちという分かりやすさで、見に行きました。
いや〜速い!
ジャンプも迫力満点。いや〜面白かった!

予選と決勝の間は、スキー場のレストランへ。
これが、混雑。
選手、役員、ボランティア、観客が同じところにいるって不思議でしたが・・・・・
ちょうど外国からの美人選手の前の席が空いていたので、「May I sit on this seat?」
っていうことで、国際交流。
Where did you come from?から始まって、楽しく話が弾みました・・・・たぶん。
彼女もスキークロスの選手でしたが、2日前の練習で転倒、膝を痛めて、松葉杖。
せっかく猪苗代まできたのに・・・・残念にも欠場です。

会場に入ったときにスロベニアの国旗(小旗)を渡されました。
彼女(イギリス)は、何故、スロベニアの旗を持っているの?と、質問。
ただ、渡されただけでしたが・・・・・
「イギリスの国旗は、みんなが持って行って、その時はなかった」と答えておきました(決して、スロベニア国旗が人気薄という意味ではありません)
で、彼女がスロベニアの注目選手を教えてくれました。
そこで、女子決勝は、FARIC Sasaを応援。
Sasaは、決勝まで勝ち上がったものの、メダルに届かず4位。
でも、ひいきの選手がいたので、楽しめました。

やはり、競争ものは、肩入れする競技者が必要ですね。
当然、日本人選手も贔屓。
男女とも惜しい結果に終わりました。
まあ、勝負は時の運。

今日は、晴れ。時折、冷たい風が吹くものの、絶好のスキー日和でした。
猪苗代スキー場に観戦にいらした方は、本当にスキークロスが満喫できたと思います。
ただ、あまりにも応援が少ないと思いませんか?
写真は無料で入場できるエリア(たぶん)だったのですが・・・・これは、近所の学校の生徒さんたちが、まとまって入っての状態です。
午前中の予選は、悲しいものがありました。
有料エリアは、100人もいなかったのでは?というくらい。
ん〜困ったものです。

でも、大会は始まっちゃいました。
今日を迎えるのに関係者の方々は、本当に大変だったと思います。
スキークロスは、競技会運営としては、満点です。
大会関係者の皆さん、さあ、勢いに乗って、このまま滑りきってくださいね。
もう応援には、行けませんが、大会の成功を祈っています!
でも、エアリアルのポスターを見たら、やっぱり応援に行きたくなりました!

19:30 坂上先生@行政政策学類の送別会。
学類は違っても、同じ健康・運動学系です。
学系は、教員集団です。まあ、同じ体育だと理解していただければ、大丈夫。
別の大学に異動です。
知り合いが、いなくなるのは、やはり寂しいもの。
新天地でも、お元気で、ご活躍を!


●3月3日(火)GPJ

午前中、練習。
天気予報は、「寒い!」って言っていましたが、(福島にしては)結構温かい日でした。
安達太良山の方を見ると雪雲が・・・・
フリースタイルスキー世界選手権2日目は、エアリアルです。
これは、青空がバックだと、絶対かっこいい!!
猪苗代が晴れていると、いいな。
本当に見に行きたい!!!カワモトでした。

15:30 ゴールドプロジェクトのミーティング。
理工系の先生方とのミーティングは、毎回エキサイティングですね。
18時過ぎまで、話していました。

今日は、帰ります。20:10


3月4日(水) 雪は大丈夫!?

昨夜、帰宅してビールを片手にNHKニュース845。
やってましたフリースタイルスキー、エアリアル予選。
ただ、昨日は暖かかったので、雪がダメ!!
もうザクザク状態です。
これでは、エアリアルの着地は難しいぞ!というより、もう雪ではありません。
かき氷を食べているときの後半のような感じ。
これではダメ!と外を見ると、雪!ナイスです。

朝起きると、10センチくらいの積雪。
ですが、道路は融けていました。
冷え切らなかったのですね。でも・・・・猪苗代は大丈夫でしょう・・・・きっと!
日本選手は残念にも決勝に残れませんでしたが、そんなの関係ない!
みんなで、応援だ!

午前中、練習。

午後、合宿中の練習ビデオを観て、勉強。

午後は、いろんな事が次から次にあって、落ち着いて仕事ができませんでした。
今日は、いろんな情報が舞い込んできました。
何があったかは、これからの出来事で!

明日のフリースタイルスキー世界選手権は
ハーフパイプです。
ハーフパイプって?スノーボードではないのですよね?
スキーのハーフパイプ!
自分がやるのは、ちょっと怖そう。
エアリアルは、勿論論外で、やれそう!なんて考えることもできません。


3月5日(木)写真撮影

9:00 大学院1年生の中間発表会。
練習開始前に部員に話したいことがあったので、ちょっと早めに退出。
10分ほど遅れて、学生に話をしました。

10時からは教員会議。
大切な案件が終わったので、一旦グランドへ。
3月とは思えない暖かさで、風もなかったのでいい練習ができました。
ただ、こんなに暖かいと猪苗代(フリースタイルスキー世界選手権)の雪は大丈夫でしょうか?

今日は、4月に創刊される「陸上競技クリニック」ベースボ−ルマガジン社の取材打合せにK玉編集長が大学にいらっしゃいました。
午前中、練習を見ていただいて、午後から打合せ。
創刊号のトップを飾らせていただきます。
<総力特集>走力アップの起爆剤を探せ! という企画のトップバッター。
面白そうな記事が満載予定!なのでジュニアの皆さん、是非お小遣いを貯めて、買ってね!

練習が終わったOL達は、思い思いに食事。
昼食と言っても14時過ぎです。
ナチュリルチームは、昼食が終わって一段落すると、「先生、先に行ってま〜す」と退勤。
川本は、やり残しの仕事を片付けて、医大に寄って、福島市内某所に。
今日は、スタジオでHP用の写真撮影。
みんなきちんとメイクをして、おっと!というくらいきれいになっていました。
OLは基本的には、OLなので、きとんとメイクをしています。
川本は、スッピンを見ることはあまりありません。
朝練では、ときどき眉がないOLも見ることがありますが・・・・・その時は、OLを気遣って極力、目に入れないようにしています(でも、指摘することもあります)。
まあ、普段は、きれいなOLを見ています。
青木は学生と言うこともあり、普段あまりメイクをしていません。
素で勝負です。
が、4月から入社する「美と健康」のナチュリルアスリートクラブでは、そうも言っていられません。
川本がスタジオに着いたときには、青木の撮影が始まっていました。
そこには、見違えるほど美人になった青木がいました。
もうビックリ!
青木がこんなにキレイになるとは、想像もできませんでした。
いや〜本当にビックリ。
09シーズンの青木の変身!に期待してください。
OLたちは、さまざまなポーズで撮影していました。
4月からのナチュリルアスリートクラブのHPに期待してくださいね。
川本もスーツバージョンとジャージバージョンを撮ってもらいました。
いい感じで撮れていました。(って本人が言うか?)

川本は18時から飲み会。
おっと、大学院中間発表会の反省会でした。
終わって、白石先生、杉浦先生とEヴにいってしまいました。


3月6日(金)ブレインストーミング

朝から結構な雨でした。
気温も10度を少し超えています。
暖かくていいのですが、猪苗代の雪は大丈夫なのでしょうか?
今日は、試合はお休みですが、土曜に備えてモーグルの練習は当然やっているはず。
きっと、雪もザクザクとなっていると思います。
いいコンディションで滑らせてあげたいですね。
今夜は、冷えて、雪になりますように!

今日は練習が休みなので、午前中研究室で仕事。
13:30 ゴールドプロジェクトの報告書作成のためのブレインストーミング。
会議室に入ったときにシンナー性の匂いがしました。
この匂いだと思いますが、20分ほどでだんだん気持ち悪くなって、吐き気が襲ってきました。
そのまま、トイレに直行。
3度ほど戻しましたが、あまりすっきりしませんでした。
しばらくレインストーミングを続けたのですが、再び吐き気が・・・・・

それにしても信じられません。
シンナー性の匂いが原因か、お昼ご飯が原因か・・・・・
原因不明の嘔吐です。
もともと丈夫な身体なので、お酒も飲まないで嘔吐は、初めてです。
まあ、2回も吐けば、もう大丈夫。
それから元気になり、18:30までブレインストーミングは続きました。
それにしても一体何だったのでしょうか?


● 3月7日(土)世界一受けたい授業

午前中、練習。今日は技術練習!と決めていたのですが、あまり天候が回復しませんでした
でも、今日は練習の流れからどうしてもやりたかったので、少々無理をして実施。

13時ちょっと過ぎにO笠原さんと大学を出て、喜多方へ。
今日は、JAさんの研修会で講演。
途中高速は、猪苗代のリステルの横を通ります。
今日は、モーグルですね。
これは、前売りチケットが完売!という話だったので、応援は大丈夫。
不安は、雪質です。
気温も随分上がっています。いいコンディションで滑ってほしいところです。

講演は、15時から90分。
終わって、「せっかくだから喜多方ラーメンを食べよう」と思い、友人の山ちゃん@喜多方高校に電話。
「喜多方でラーメンを食べるなら、ちゃんと僕に聞いてくださいね」と常々言ってくれています。
自他共に認めるラーメン好きな先生です。
が、今日に限って電話に出てくれません。
「も〜山ちゃん!」仕方ないので「老麺会」という大きな暖簾の掛かっているラーメンやさんに入り、喜多方ラーメンを味わいました。

今日は、「世界一受けたい授業」の放送日なのですが・・・・・・
何と、WBCの日韓戦です。
これは困った。
まあ、とりあえず、野球を!初回から点の取り合いで、目が離せません。
試合は、2回から日本ペース。
川本の授業は3時間目だったので、ちょっと落ち着いた頃に観ることができました。
自分が出ている番組を観るのは、ちょっと照れくさいですね。
おっと、上村愛子さんが、モーグルで優勝しましたね。
やっぱり日本人の優勝は、いいものです。
猪苗代のスタッフの皆さんもきっと、大喜びでしょう。
疲れや大変さも少しは、飛んでくれるといいですね。


● 3月8日(日)岐阜ビクトリーサミット

8:18の新幹線で、東京に。コーヒーを買って、のぞみに。
名古屋で乗り換え、岐阜。
到着は12時ちょっと過ぎ。
4時間で岐阜まで来ることができました。
途中の浜松もこのくらいは、かかるのですが、のぞみは速い!と改めて認識。
それにしても、岐阜駅の変わりようには、ビックリ!
まだ、改装中ですが、それでも立派に変身!!
県都にふさわしい玄関口になっていました。見栄えは大切ですね。

今日は、岐阜のビクトリーサミットの特別講演です。
岐阜には大学時代の同級生のH田先生がいます。
学生時代に同じ釜の飯を食べたH田先生から「川本、悪いけど岐阜まで来てくれない?」と言われたら、断ることはできませんね。
岐阜は2012年に国体を予定しています。
国体に向けて、勢いが増してくる頃です。
こんな感じっていいですよね。
川本も95年の福島国体に向けての活動は忘れられません。
福島国体をきっかけに、福島大学が全国区になる一歩が踏み出せました。
今日の福島大があるのは、ふくしま国体のおかげです。
本当に感謝しています。
その頃を懐かしく思いながら90分間「勝利への伴走者」について、語らせていただきました。
会場には、福島大の教え子の棚橋、西尾も顔を出してくれました。
教え子たちの成長も楽しみの一つですね。
今日は、そのまま東京まで。
打ち合わせという会食がひとつ。


● 3月9日(月)銀の鈴

「9:30東京駅の銀の鈴で会いましょう」が昨夜の電話。
東京駅の待ち合わせは「銀の鈴」が定番でしょう!
と、言っても、この前に銀の鈴で待ち合わせたのは、30年以上前です。
大学入試で上京したときに、多摩に住むおばさんと「銀の鈴」で待ち合わせをしました。
が、「すぐにわかる」はずの銀の鈴は、どこにもありませんでした。
20分ほど遅れたような記憶があります。
何よりも、足早に駅構内を歩く東京の人に圧倒されていました。
でも、よく考えると、東京駅にいる人は、地方からの人も多いのですが・・・・
あの頃は、本格的な田舎ものでしたね。

今日は赤坂のホテルから地下鉄を使って、東京駅に。
切符は、携帯についているモバイルSuicaです。
都会の人のようになりました。
このモバイルSuicaは本当に便利ですね。
新幹線の予約から、切符代わり、そして自販機、売店と「ピッ」とするだけで、おしまい。
携帯電話は、電話とモバイルSuicaしか使えませんが・・・・・・

トレーナーの津田ちゃんと銀の鈴近くのコーヒー屋さんで、1時間ほど打ち合わせ。
終わって、福島へ。
車は、駅近くのパーキング。
1泊の駐車料金は、自宅までのタクシー代よりも安いので、便利です。
これが、お酒を飲んで帰ると、代行料金もかかってしまうので、非常に割高!
自分の行動をしっかり考えて、使うことが大切ですね。

新幹線で行くか、ちょっと、迷ったのですが、やっぱり車で高畠まで。
高畠へは、栗子峠を通って行きます。
峠の近くには、「栗子スキー場」国道のすぐ横です。
川本は、福島に来て、この栗子スキー場でスキーを教わりました。
その当時は、国道も雪がたっぷりあって、行き着くまでに大変だったような気がします。
今日は、道路にも雪はなく、それどころか周りにも雪はわずか。
栗子峠を越えた先は、米沢です。
米沢は豪雪地帯で有名ですが、雪がありません。
もうビックリ!
高畠では、F井さんと、いろいろ情報交換をして帰りました。
帰りに魚屋さんに寄って、魚を調達。
高畠は、有機農業が有名ですが、なぜかこのS鮮魚店には、日本各地のおいしい魚がそろっています。
30センチを楽に超えるきんめ鯛、松川ガレイ、いさきを買って帰りました。
松川ガレイは、福島の相馬の松川浦で獲れたカレイですが、福島ではあまり見かけません。
おまけにいただいたヒラメのエンガワが絶品でした。


● 3月10日(火) 勝負運

今朝は、NHK「おはよう日本」の中の「おはよう福島(福島ローカル)」で川本が紹介されました。
短時間でしたが、いいまとめでした。
ABディレクターの手腕ですね。 

午前中、練習。
練習は途中でしたが、11時に大学を出て、NHK福島局に。
朝の放送は、「NHK東北ふるさと賞」の受賞者の紹介でした。
今日は、その授賞式です。
福島で「ふるさと賞」に選ばれるなんて、感激です。
「いつから福島でがんばろうと思われたのですか?」という質問がありました。
これは、最初からですね。
福島に来てすぐに、福島陸上競技協会強化部の仲間に入れていただきました。
県のトップレベルで、陸上のコーチができる!
27歳の若造にとっては、身に余る素晴らしい舞台でした。
この時のご恩は一生忘れません。
陸上競技が、福島との縁を取り持ってくれたのだと思います。
それなら、福島に陸上競技で恩返しをしなくては!
そういう意味では「NHK東北ふるさと賞」の受賞は、この25年間を世の中に認めていただいた感じがして、本当にうれしい賞です。
子供の雄介、藍にとっては、福島がふるさとですから、父親としてふるさとに貢献するのは、当たり前のことですね。
本当に晴れがましい気持ちになりました。感謝

その後、局長さんたちと昼食。
「すみませんが・・・・12:47の新幹線に乗せてください」と少し早めに切り上げさせてもらいました。

午後はNTC(ナショナル トレーニング センター)。
いい出会いがありました。

夕食を食べて帰ります。
NTCのご飯は栄養満点!
その上、何種類もおかずがあります。
オヤジは、何でもトレイに乗せてしまうので、失格!

NTCからは赤羽〜大宮〜福島です。
赤羽で電車に飛び乗り、新幹線を検索すると19:50がありました。
この電車は19:46大宮着!
乗り換えに4分か〜!
次は20:06。
少し迷いましたが、何とかなるかな?というか、「絶対乗れる」と確信を持って、運試しで、4分に賭けました。
この根拠は、大宮の一つ前の浦和で、階段のすぐ横に停まったので、「これなら行ける!」と大宮と浦和は同じだと思い込んでしまったところにあります。
大宮駅と浦和駅の造りが同じ訳はなく、大宮では、階段から少し離れて停車。
この時間は、帰宅ラッシュでホームも階段も混雑。
その時、お兄ちゃんが混雑を縫うように階段を駆け上がっていったので「都会の走り方は、あれだ!」と思い、同じ走りをして、階段を抜けました。
それからがまた大変。新幹線への連絡通路では、次から次へと人の波。
勘弁してよ!!ウルトラマンより1分多い時間をもらっていますが、これはピンチ。
カラータイマーが、赤に変わります。
モバイルSuicaをピッとして、ホームを目指してダッシュ。
「17番線には、仙台行き・・・・・」あのアナウンスは?新幹線到着を告げるアナウンスです。
もう来ちゃった!?
エスカレーターを駆け上がる川本にラブラブカップルが立ちはだかります。
「ゴメンね!」と若い二人を押しのけて、走りました。
ラブラブカップルは、長野か新潟方面の新幹線でしょうが、東北新幹線にダッシュするオヤジにとっては、ただの障害物です。
やっと駆け上がったところに新幹線が到着。ドアが開きます。
で、とりあえず乗ろう!と思って、よくよく見ると、2台の新幹線が連結されています。
「連結されているところは、通り抜けできません」とアナウンスがよくされていますが、見たら分かる、絶対通り抜けできません。
ここは、12号車。川本は9号車。連結は11号と10号。
ダッシュで10号車先頭に行って、飛び乗り、セーフ。
カラータイマーは、赤の連続点滅でした。
こういう勝負に勝っていると、大勝負でも勝てる気がします。


● 3月11日(水)<総力特集>の撮影

7:40すぎからNHKラジオで「NHK東北ふるさと賞」の受賞者紹介がありました。
自宅の電話で6分ほど、感想などのコメントを!

午前中、練習。
今日は、風が冷たくて・・・・・ジェットヒーターの前を離れられませんでした。

ひととおり練習を見て、12:18の新幹線で、東京へ。
今日もぎりぎりの勝負でした。
そのためにお昼は、いつものお弁当やさんではなくて、新幹線改札口を入った、コンビニみたいなキオスク。
オム焼きそばが目に入ったので、購入。
「セルフですが、電子レンジがありますよ!」と優しいお姉さん。
よくよく見ると、うちの学生さんでした。
ここは、温かい焼きそばを!と思い、操作していると「14番線に東京行き・・・・・」
レンジの残り時間は30秒ほどあったのですが、この30秒は命取り。
「取り消し」を押して、エスカレーターを駆け上がりました。
新幹線はドアを開けて、待っていてくれました。

今日は、大井競馬場近くにある陸上競技場で、「陸上競技クリニック・創刊号」撮影。
先日、カラー6ページで、展開!と大きなことを言いましたが、
企画変更で、カラー8ページに昇進!K玉編集長の頑張りです。
丹野にモデルを頼みました。
丹野は、NTCのナショナル合宿から、直行。
モノレールの駅から、グランドまで丹野と歩きましたが、春らしい気持ちよさでした。
撮影も快調!
連写機能がついたカメラが、大いに力を発揮します。
晴れていたこともあって、光も充分。
後は、K玉編集長の表現力に期待しましょう。
創刊は、陸マガと同じ日(4月14日)だったと思います。
<総力特集>は、川本の「みるみる速くなる走りのポイント」他にも
「ペース配分で記録がアップ」
「土とオールウエザー、こんなに違うぞ」
「記録を良くするスタートダッシュ法」
「0秒01にこだわるフィニッシュラインの駆け抜け方」で、伊東先生や苅部先生が担当です。
<特集>は「競技会デビューの作法」:ジュニア世代をターゲットにした雑誌の特徴がでていますね。
その他にも読んで得した!という内容が満載(予定)840円は、お買い得。
まずは、本屋さんで、ちょっと眺めて、さっと買おう!

撮影が早めに終わりました。
モノレールの「大井競馬場前」のひとつ手前が「天王洲アイル」
「天王洲アイル」ができたときに「何て、おしゃれな駅だろう」と感心したことを憶えています。
川本もこんな駅に下りたって、仕事がしたかったな。
この「いけてる」駅にナイキジャパンがあります。
で、担当にI崎さんに電話を入れて、ナイキショップに。

17:20くらいにショップを出て「東京駅でメシでも食べて帰ろうか?」
ということで、都内某所で「お上りOL」をしているHさんに「ご飯、食べない?」電話を入れました。
日常的に忙しいHさんは、ちゃんとした夕食を満足に食べていません。
ただ、少し早すぎるかな?とは思いましたが・・・・・
「先生、何いっているんですか!」
簡単に振られました。
やっぱりね!こんな早い時刻に夕飯なんて、場合じゃないよね!
丹野と二人で、オアゾに行き、食事をして帰りました。

福島駅では・・・・・・雪!!
パーキングに停めてあった車は、もう真っ白!
東京は、あんなに暖かかったのに・・・・・


● 3月12日(木)

9:15 試験本部集合
今日は、後期入試です。
福島大学人間発達文化学類後期入試は、1科目入試です。
国語、英語、数学の1科目だけで合格を決めます。
おっと、センター入試も合算ですよ。

その1科目だけで120分の試験です。
川本の試験監督は、国語。
受験生のみんなは、ラストスパートでした。

午後から学生とミーティング。
一旦終わったものの、マネージャーがやらかしていて・・・・・・
ちょっと説教!!


●3月13日(金) 里帰り

新幹線で、仙台。
そこからJRで仙台空港。
飛行機で福岡へ。
12:30過ぎに到着。
弟が空港まで迎えに来てくれました。
ふるさと伊万里と佐賀で講習会です。
今回のお供は、吉田と松田。
松田は、山口出身なので、九州は馴染みがありますが、吉田は佐賀県に初上陸。
「九州に来たらな、昼は博多ラーメンばい」
ということで、音とオススメの街外れの「安全食堂」
ごらんのように本当に普通の「安全食堂」です。
何が安全?交通安全ですかね。
ラーメンの種類は「ラーメン」しかありません。
後は、「大盛り」「替え玉」です。
ラーメンが650円だったと思います。
替え玉が100円なので、スープに550円。
これは、スープまで全部飲むしかかりませんね。
「焼きめし」も注文。
「大盛りお願いします。」「大盛りはありませんが、うちは十分大盛りですよ」
出てきたのは、4人で分けても十分な量でした。
驚きは、お客さんの多さ。
次から次へお客さんが入っていきます。
それも「ここは絶対うまかですよ」とオススメという形が多かったような・・・・・
お客が多いので、ホール係のおばちゃんも、4〜5人のラインアップ。
平均年齢75歳の豪華ラインアップ。
みなさん、いきいきと働いていました。

ちょっとアクシデントがあって、上有田の「丸兄商会」という焼き物(陶磁器)を売っているお店に。
ここは、「毎日が陶器市」というくらい、いろんな陶磁器が安く売られています。
この売り場が、広い!
知り合いのN子さんが、店員さんとして働いています。
「まず、コーヒーでも飲んでください」
上品な器だったので、飲み終わった後にカップの裏底を見ると「柿右衛門」と名入れが!!
どうりで、おいしい!と感じたはずです。

「テレビに出とらす先生のこらしたけん、写真ばよかですか?」と、
「先生、3億円の部屋で撮りましょう!」そう、部屋の中にある焼き物の値段の合計が3億円!
このほかに1億円の部屋、2億円の部屋!!!ちょっと信じられません。
「先生、このふすま、焼き物です」が750万円。
大皿が、2500万円!
極めつけは、「古伊万里娘」着物は、1枚5万円の絵皿が350枚。
楽しい1時間でいた。

このお店は、ろくろ回しや、絵付けの体験コーナーもありました。
吉田たちは「明日の午後は、練習できますか?」と言っていたのですが、ここは、練習より大切な体験を!ということで、
「明日の3時に予約お願いします!」

弟が実家に泊まりました。
「数年に1回しか帰ってこん兄ちゃんと会えるのは、一生のうちで、もう20回もないから!」って・・・・・
本当にそうかもしてませんね。弟が持ってきてくれた焼酎が
「鉄腕伝説 稲尾和久」
いい焼酎を見つけてくれました。
芋焼酎らしい芋焼酎です。
いい感じで、力一杯飲みました。

●3月14日(土) 伊万里講習会

午前中は、国見台で講習会。
やる気満々で臨んだのですが・・・・・・
暖かい九州!のはずが・・・・・寒い!!!!!!
講習会の途中に雪まで降ってきて!
もう!って感じです。
でも、伊万里地区の中・高生は熱心。
みんな一生懸命でした。
ただ、ちょっと見慣れないジャージがありました。
最近は、校名変更などもあるので、どこかな?位に思っていました。
後で伺ったら、何と日南の方から!日南って宮崎県です。
もうビックリ!

お昼ご飯は、「やっぱい、ちゃんぽんバイ」で、伊万里チャンポンへ。
これが、こってりの豚骨スープ。
本当にふるさと伊万里の味でした。

吉田たちは、同級生のS見におねがいして、「有田まで連れて行って」

川本は、午後から指導者向けの講習会。
今回は、2時間かけて「質問に答えて」でやってみました。
みなさん、いろんな悩みがおありで、それに答えるというヤツです。

終わって、妹の家に行き着替え。
夜は、恩師の平山先生主催の「オリンピックご苦労さん会」
川本は素晴らしい記念品をいただきました。
吉田たちにも岳山さんからマグマップをいただきました。感謝
本人たちは、大喜び。

2次会まで、楽しませていただきました。
川本の実家は、街から離れています。
タクシーで5000円近くかかります。
そこで「川本君、送っていくよ」とS見。
高校の時からでしたが、本当に面倒見のいいおばさんです。
本当に楽しい時間でした。


●3月15日(日) 佐賀

8:20に迎えに来ていただきました。
自宅から佐賀まで90分ほどかかります。
10時から佐賀で講習会。
これまた、みんな熱心。
特に佐賀の子は、癖がなくて、あっという間にいい動きを引き出すことができました。
教えていて、満足。
途中、800mのJさんを指導するM山先生が「佐賀で一番おいしかいちごよ」と差し入れしてくださいました。
M山先生は、まさに「佐賀のがばい先生」です。

今日の午後は、時間的に余裕がありました。
Y下先生@佐賀商業にお願いして「吉野ヶ里遺跡」に連れて行ってもらいました。
この吉野ヶ里遺跡は、平成13年になってから公開されたので、佐賀県出身の川本も見たことがありません。
吉野ヶ里遺跡と呼んでいますが、どう考えても「邪馬台国」です。
「巫女がいた」と解説されていましたが、どう考えても「卑弥呼」です。
佐賀の人は、謙虚なので、「邪馬台国」「卑弥呼」といわずに「吉野ヶ里」と言っていますが、
やっぱり、「邪馬台国」です。
とにかく、ここに来たら分かります。
40haを超す環濠集落を見たらここだ!と閃きます。
みなさん、是非、「吉野ヶ里遺跡」を歩いてみてください。

夜は、佐賀の先生たちと飲み会。
30代の若い先生方の情熱を感じました。
佐賀県は、今は、決して強い県ではありませんが、この若手の情熱があれば、すぐ強くなります。
後は、ノウハウを学ぶだけです。
逆にいくらノウハウがあっても、情熱のない先生では、決して強くできません。
明治維新の志士たちを見るようでした。
10年後の佐賀県に期待しましょう。
絶対、強豪県になっていますよ。


●3月16日(月) 沖縄合宿

「先生、10:15に迎えに来ます」
とY下先生@佐賀商業。お休みをとって、福岡空港まで送ってくださいました。
本当にありがたいことです。感謝

空港で、昼食。
やっぱり、博多ラーメンばい!

今日は15時に那覇港集合。
OLと学生が集合。
今までは、12時集合!だったのですが・・・・・・・
これは、何度でも書いている、福島空港のJAL撤退の影響です。
仙台便も15時にしか沖縄に着きません。

那覇は、沖縄本島の南部。
合宿は沖縄市。これは中部。
いつものデイゴホテルに到着して、グランドに着いたのが、16時。
これでは、練習できませんよね。

とりあえず、明日からがんばります。
陸連男子短距離が先に合宿に入っていました。
当然、コーチと懇親会。
何と、朝原コーチも!


●3月17日(火)沖縄合宿

午前中、練習。

お昼は、来月創刊の陸上競技クリニックK玉編集長と打ち合わせ。
先日、大井のグランドで撮影した写真の選定です。

午後、練習。
紫外線を大量に浴びたからでしょうか?
夜は、疲れ果てて眠ってしまいました。


●3月18日(水) 沖縄合宿

午前中、練習。
日体大の短距離、ハードルチームと同じグランドで練習でした。
100名ほどの大所帯。
どの学生さんもきちんと挨拶をしてくれて、本当に気持ちよく過ごせました。
うちの選手が走ろうとすると「2〜5レーンお願いいたします」なんて大きな声で、みんなに注意をしてくれたりして、大勢の人数でも苦になりませんでした。
日体大の学生さんたちは、非常に教育されているという感じで、世の中に出てもいい人材に育つだろうなあ!と感心させられました。
練習も、当然全力投球。いい感じでした。

午後、練習
腹筋強化について、いろいろアイディアがでました。
のは、いいのですが・・・・・
自分の体を使ったので、腹筋はボロボロ。


●3月19日(木) 沖縄合宿

朝起きて、本格的な筋肉痛に襲われました。
午前中、練習。

午後、練習。

アスタキサンチンの研究をナチュリルと共同でやっています。
昨日、今日と健康推進室の方と研究の打ち合わせ。


●3月20日(金) 沖縄合宿

練習休み
友人のK友名×2と試合。
「天気がよすぎてダメでした!」

夜はK友名さんと食事。

オーストラリアオープンの真弓から電話。
「11秒98(ー0.1)で7位でした。丹野は53秒65で4位でした」


●3月21日(土) 沖縄合宿

午前中、練習。
今日も日本体育大学のみなさんが練習。
本当に一生懸命です。
みんな速くなるといいですね。
が、そううまくいかないのが、世の中です。
うまくはまった人間だけが伸びていけます。

お昼は、高校野球を観てしまいました。

午後、練習。
夕食は、九州男児のよさについて盛り上がりました。
貴重な証言者は、熊本出身の武藤と、3日九州男児を観察した吉田と松田。
九州地区の指導者の「熱さ」を語っていました。
おっと、悦っちゃんに代表される、九州のおばちゃんの評価も満点!

夜は、「黒部の太陽」と決めていたのですが、いつの間に眠ってしまいました。


●3月22日(日)甘い言葉にご用心

午前中、練習。
今日は、北谷の陸上競技場です。
北谷では、沖縄国際映画祭が行われています。
北谷のグランドは、沖縄国際映画祭のイベント会場のすぐ隣。
何やら、いろんな音楽などが流れてきます。
練習が終わって、ちょっと覗いてみると、すごい人、人、人。
特設ステージには、TVでよくみる芸人さん達がたくさん出演していました。
が、川本はあまり興味がないので、ちょっと見ただけで「帰ろう」でした。

午後、沖縄市営でウエイト。
ちょっといいアイディアが浮かんだウエイトの方法を吉田達にやってもらいました。
「先生も。自分でやってみたら、効果がよく分かりますよ!」と甘い言葉に乗せられて・・・
やってしまいました。
これが、即効性でいうと抜群の効果!
でも、一気に筋肉痛というか、疲労感に陥りました。
これは、きく〜って感じ。
早速、バージョンを上げて実用しようと思います。

夜は、昼間の疲れで、眠っていました。
アスタキサンチン研究隊の坂水班長には「絶対起きているから!」と伝えたのですが・・・・


●3月23日(月)やっぱり

午前中、練習。
最後の仕上げです。

今回の合宿は、ほぼイメージ通りの練習ができました。
大満足です。

12時にグランドを出て、12:10ホテル到着。
「食事は12:30ね」って?20分でシャワー、着替え、パッキング。
川本は男だから大丈夫ですが、みんなは大丈夫なの?
川本は時間通りに昼食。
最後は「オムライスにして!」

途中で、「明日のリリースは出した方がいい」ということになり急遽作成。
リリースの内容は・・・・・川本の学位授与式後の囲み取材について
広報担当に坂水は、サンドイッチを投げ打って、作業。
ホテル出発は、12:50予定。
これは少し無理・・・・結局、13:10くらいにホテル出発。
送迎バスの中で、リリースのメールを送って、福島のマスコミ各社に周知しいてもらうことに。
今月の幹事社はNHK。
村岡さんにお願いすることにしました。

空港に到着して、すぐに出発。
川本は、お土産を買う必要がないのですが、みんなはそうはいきません。
本当にぎりぎりセーフ。

仙台に2時間30分のフライトで仙台到着。
晴れていましたが・・・・・やっぱり寒い。
東北の春は、もう少し先かな?


●3月24日(火) 学位授与式

朝、大学にちょっと寄って、県立医大に。
車はちゃっかり管理棟前に停めさせてもらいました。
ちょうど事務長さんが玄関にいらっしゃった(たぶん、佐藤知事の出迎えだと思いますが)ので、「今日の式はどこでやるんですか?」・・・・って?川本は、どこで卒業式をやるかも知らずにきてしまいました。
入学式の時は、何か用事があって行っていないので・・・・・・
「講堂です」と教えてもらい、案内までされる始末。

医大の卒業式は、医学部79名、看護学部89名、医学研究科18名、看護研究科5名です。
卒業生が少ないので、卒業証書・学位記は、学長からひとりひとり手渡しです。
高校・大学と代表が受け取っていたので、直接授与されるのは、中学以来ですね。
とりあえず、行ってみようか、くらいに考えていたので、ちょっと感激。
式の間中、ただ座っていればいいと思っていました。
俄然やる気?がでてきました。
カメラも回っているので、やる気満々で式に臨んでいました。
ただ、大学歌斉唱の時だけは、歌うことができずに歌詞を聴いていました。

学位記をいただいて、身が引き締まる思い。
指導教官の藤田教授は、副学長なので、学位記を学生に手渡す学長の横に立って、学長に学位記を手渡す係。
学位記を授与されて、すぐにお礼が言えて、よかった。

式が終わって、マスコミの取材を受けて、免疫学の研究室に戻り、藤田教授と少し話して大学へ。
仕事は、たくさんあったのですが、今日はWBCの応援。
やりましたね。
今回は、合宿と重なったので、TVで応援する時間が比較的取れました。
世界一はすごい!!

夜に医大の連帯保証人になってくれていた父に報告。
「休学の通知」などが届いていましたから、「今日で終わりました」は必要ですね。


●3月25日(水) 卒部式

今日は福島大学の卒業式。
午前中、3年生とミーティングといっても、川本の考えを学生に伝えただけでした。
でも1時間くらいかかってしまいました。
理解できたか、ちょっと心配。
以前の学生は、10言ったら10の理解がありました。
今の子たちは、10言ったら6くらいの理解しかありません。
では、足らない部分をどうするか?
10のものを20くらい教えると10の理解になり、部の運営などはうまくいくのですが、
それでは人は育ちません。
10のことで、10理解できるようになるまで待つしかありませんね。
自分が足らないことを知れば、足らない部分を補おうとするはずです。
大部分の学生は、自分が足らないことが分かりません。
そこに気づかせることが、大切。
心を揺さぶってあげることが、重要。
まあ、彼らが気づけるまで、がんばります。

卒業式は、午前中です。


ゼミ生と 青木 篠原 岡田 小川 平田

      陸上部員と

午後から、卒部式。
卒業生にそれぞれの4年間を話してもらいます。
13時開始なのですが、終わったのは16:30。
聞く方は大変!でも4年生それぞれの想いですから、聞く方も真剣。
そこから川本の話と続きます。

終わって、バタバタと大学を出て、シェイシェイおばさんのいる「珍満賓館」へ。
女将さんが「シェイシェイ」と言って迎えてくれるためにこう呼んでいます。
到着して、女将さんに「今日もお騒がせします」とあいさつに行くと
「先生、医大卒業おめでとうございます。マスターからプレゼントです」と赤白ワインをいただきました。感謝。シェイシェイ。

うちの新入生歓迎会と卒業コンパは予約が取れる限り「珍満賓館」と決めています。
理由は、福島で100人以上の気楽な飲み会ができるところが少ない。
「珍満賓館」の他は、結婚式場やホテルの宴会場しかありません。
学生がジーンズなどの普段着で行くには、ちょっと・・・・・
その点、「珍満賓館」なら気楽にご飯を食べに行く感覚でいけます。
何よりも、食べ物がボリューム満点!
貧乏学生には最高です。
まあ、それ以上に女将さんのシェイシェイおばさんの人柄ですね。
本当に歓待していただいてるという感じが持てます。

川本は2次会までお付き合いをして、4年生とお別れをしました。
卒業生達は、将来の希望に満ちあふれています。
練習で頑張った、そして、泣いて、笑ったそれぞれの4年間を思い出しました。
川本に、福島大学に、グランドに教わったことを忘れずに笑顔を絶やさないで、自分の人生を歩んでいって欲しいものです。
川本のコーチ歴の中で、21年目から25年目の教え子達でした。
彼らに対する川本の役目は、今日で終わりです。
こころから、おめでとう!


●3月26日(木) 神は・・・・・

今日は、練習が休み。
なので、研究室は川本一人。
こんな時は、一気に仕事がはかどります!
の、はずでしたが、全然、筆が進まず。
何をやっても、集中できずに次の仕事へ。
次の仕事も、集中できずに次の仕事へ。
やるべき仕事は、山積みなのですが、これを片付けることができません。
少しずつ平行してやっている感じですが、
どの仕事も中途半端で、最後まで到達できずにお昼を迎えました。

その間、学生と面談。

お昼からは、気を取り直して、論文の仕上げを!とPCに向かいました。
ここは、誰にも邪魔されずに一気に書き上げたいところ。
ですが、全然集中できません。
仕方ないので、領収書の整理などを・・・・・
こんな簡単な仕事は、OLたちでざわつくオフィスでも楽ちんにできます。
今日は、せっかくの静寂日!
今日やらなくては、いつやるのだ!と頑張ろうとするのですが、全然ダメ。
ちょうど、夜中に目が覚めて、寝よう、寝ようと思っても寝付けないような感じ。
本当にダメでした。
普通は、ちょっとPCの前に座ると神が下りてきて、気がつけば終わっている!という感じなのですが・・・・・神はWBCのイチローのところに飛んでいったきり、日本に戻って来ていません。
困った!!
今日は、電話が1本入っただけで、本当に静かだったのに・・・・・

夕方、学長室に行って、お願いをして、今日は終わり。
学長と話ができたのは、今日の収穫ですが、肝心の論文が書けませんでした。
どうしよう?
軽めの仕事モードに入ったPCからは、竹内まりやの歌声が・・・・
こうなると、もうダメですね。一歩も進みません。
今日入ってきたメールも10件ちょっとで、最高の日だったのに。
心技体の充実が足りませんね。

書類の整理をしていると・・・・・「ミズノ スポーツメントール賞」受賞決定の書類が出てきました。
「我が国の競技スポーツおよび地域スポーツにおいて選手の強化・育成ならびに地域スポーツの普及・振興に貢献した指導者を顕彰するとともに、優秀な指導者の育成を目的に制定」されたものです。
表彰式は4月21日です。
25年の活動が、このような形で評価していただいて、本当に感謝します。
そんなにたくさんの方がいただける賞でもないので、うれしい賞です。


●3月27日(金) 神は・・・・・2

午前中、練習。
決して気温は高くなかったのですが、日差しがあったので、技術練習を。
見た目は、かっこよく走れるようになりました。

午後は仕事。

神様は、今日も降臨せず!
不発に終わりました。
きっと神様は、真央ちゃんのためにロスに居残りです。
これは、仕方ないことです。

逃避でしょうか・・・・・丹野をアシスタントにしてOKIのプリンター設置。
先日沖データシステムさんで講演をしたときに「うちのプリンターは、Macとの相性が抜群!ポストスクリプト・・・・(このあたりから着いていけません)」どうもポストスクリプトが、レーザープリンターに実装されているみたい?(こんな理解でいいですか?)
で、とにかく「キレイ」ってことで、購入を決意!!

つないで、もうビックリ!印刷屋さんと全く同じくらい「キレイ」
もっと早く教えてよ!と言いたいくらいのキレイ度、抜群!!!
買って良かった!☆☆☆

もうひとつ、逃避をしてしまい、先日、送っていただいた本を読んでしまいました。
物語風に書かれていたので、ここは速読。
久々に集中して1時間の逃避でした。
まあ、そんな日もあります。

明日は、神様が来てくれますように!
女子のショートプログラムって、明日?

おっと、昨日、書き忘れたのですが、11時にラジオふくしまの深野アナが来室。
深野アナが持っている朝の番組の出演依頼でした。
毎週火曜日に8:20〜からスポーツコーナーが6分あります。
そこで、川本の登場。
毎週というわけはいかないので、年間20回程度の登場となります。
「川本監督とっておきの話」と言うことで、選手のエピソードを交えながら人の育て方を話していくというものです。
初回は、4月21日からだったのですが、その前の週の14日は、アメリカにいるので、1回目は、衛星放送?
国際電話で、生出演がインパクトが強いということで、アメリカから放送することになりました。
ラジオ福島が入るところの方は、楽しみにしていて下さいね!


●3月28日(土) 春の友合宿 IN 福島大

先日、R○先生から「先生、28、29グランド使わせて下さい」と電話が入りました。
ラーメン大将の山ちゃんとR○先生、たかお先生たちは、例年この時期に「春の友合宿」をやっています。
毎回、あづまでやっていたのですが、今年はグランドが確保できなかったということで、うちに来てくれました。
合宿のグランド確保というのは、本当に大変です。
この時期は、どこも合宿が入るので、ひとつのチームがグランドを「専有使用」してしまうと、他のチームが入ることができません。
これは、グランドを貸すシステムの問題もあります。
もともと、練習用に貸し出すという発想で料金体系ができていないので、団体で借りるときは「専有使用」になってしまいます。
グランドによっては、練習用の「団体料金」が設定してあって、何チームでもひとつのグランドで練習できるところもあります。
「専有使用」になってしまうと、「又貸し」をすることができません。
このあたりが難しいところ。
「合同練習」というような形で、後から来た人たちを受け入れるといいのでしょうが・・・・

まあ、山ちゃん達は、今日は大学で練習。
この3人の先生は、川本とあまり年齢が変わりません。
また、陸上競技に対する情熱も変わりません。
本当に熱心に生徒さん達を教えています。
山ちゃんは、いつも「先生ちょっといいですか?」と質問。
若いときに缶ビール1本で朝までもも上げを語り合ったこともあります。
こんな積み重ねが、たくさんの選手を育てた原動力となっているのでしょう。
生徒さんたちもみんな一生懸命に練習していました。

午後は、研究室に戻り、こまごまとした作業を少しずつ。
神は、真央ちゃんのためにアメリカに行っているので、論文は、その神がいるアメリカで書き上げることにしました。
自分の時間がたくさん取れるので、仕上げは、大丈夫だと思います。

夕方、県警交通課の吉田係長さんの退職お祝い会。
この1年、キャンペーン等でいろいろお世話になったので、OLたちが企画しました。
42年間の思い出話を伺いながら、人生の使命!って何だろうと考えました。
最初から、その人の使命があるのではなくて、使命は、年が経って、だんだん天から授かるものなんですね。
少し分かったような気がします。


●3月29日(日) 釣られる

午前中、練習。
今日は、寒かったのですが、高校生は気合いを入れて技術練習をしていました。
大学生、OLもスピード練習の日でした。
が、あいにくの低温。
普段は怪我が怖いので、寒い日のスピード練習は、回避するのですが、今日は、ホームが向かい風だったのでやることにしました。

準備する学生は、バックストレートを使って追い風でやろうとしていたのですが「今日の練習はホーム側で」と言われて、少し?
OLたちは、低温+追い風+スピード練習=怪我という図式が浮かんだみたいで、すぐに納得していました。
スピードはあげたいのですが、怪我は怖い。
でも、無酸素性の全力発揮はやりたい。
そうなると、こんな方法で無理矢理実施となります。

吉田と松田は先日伊万里に行って、ろくろを回しています。
練習の仕上げは、ろくろ回しと同じです。
最後の一瞬の気のゆるみが、全てを台無しにしてしまいます。
福島では、この時期が重要ですね。

午後、慌ててランディーで出発。
お供は、吉田と真弓。
高畠で勉強会です。
10分ほど遅れました。
F井さんは「先生は、理由なしに時間に遅れる人じゃあないから、きっと練習が長引いたんだと思っていましたよ」と少し開始を待っていて下さいました。
内容は、企業秘密。
高畠は、おいしいものの宝庫です。
おっと、高畠というのは、F井さんのところをさします。
食材が最高です。
これを説明すると、長くかかるので割愛。
とりあえず、ご飯が美味しいので、時々行きます。
まあ、えさで釣られているようなものです。
美味しい食べ物には、おいしいお酒。
気持ちよく、食事ができました。
吉田、真弓を連れて行ったのは、帰りの運転手?


●3月30日(月) カリスマコーチ

午前中、研究室で仕事。
川本研究室は、ナチュリルと共同研究を行っています。
21年度は、ナチュリルの健康推進室のメンバーが主に研究を進めることになりました。
と、いっても川本社長が勝手に決めました。
健康推進室のメンバーは、全員がナチュリルアスリートクラブです。
そのNACのメンバーと川本研究室の学生が共同で研究を進めていきます。
2班に分かれて、研究開始!
木田ちゃんチームと坂ちんチームです。
木田ちゃんチームは先日の沖縄合宿中に研究の概要にOKが出ていました。
坂ちんチームは、やや苦戦。
まだ、完成を見ていません。
坂ちんチームは、栗本、丹野がメンバーです。
丹野は、明日からアメリカに行くので、何としても今日中にOKが欲しいところ。
練習が休みにも関わらず、坂ちんチームは出勤。
研究の内容は、大丈夫なのですが、それを文章にして説明するっていうのが、苦手なチームです。
しかし、分かりやすく説明する能力も必要なので、ここは、教えずに育てることに徹します。
なので「ダメ」で終わり。
まあ、少しは教えますが、やっぱり自分たちで作り上げないと、次に進めません。
がんばれ!という思いはあったのですが、残念ながら川本は出発の時刻。
未完成のまま、時間切れ!
「先生、行ってしまうんですか?」と甘えた眼差しを向けましたが、女性のそんな目には、見向きもしない川本でした。

今日の午後は、東京。
まずは、お茶の水でT々力さん@ミズノとお茶。
今シーズンに向けたお願い事です。

久我山の朝日生命体操クラブへ。
吉祥寺に迎えに来ていただいたのですが、途中の街並みは、どのお宅もきれいな花が咲いていて「春」でした。
北京の夏に福島大で「オリンピックスペシャルトーク」がありました。
その時のゲストが、塚原直也さん。
その付き添いがお父さんの塚原光男さん。
川本は体操ファンなので、その日の飲み会の感激は7/9の日記に書いています。
その時の飲み会が縁で、跳馬の助走の走りを速くする!という企画があがりました。
先日、NTCにも行ってきたのですが、今回は朝日生命クラブで指導。

夜は、ご夫婦と食事。
練習終了が遅かったので、食事開始も遅くなり、とても新幹線の最終に間に合いそうもなかったので、この日は泊ってしまいました。
それにしても、金メダリストが持っている力というのは、フワフワとした無限の広がりというか、すごい懐の深さを感じました。
奥さんの千恵子さんは、女子チームの監督さんです。
これまで、五輪選手を23名育てています。
すごーい名コーチ。
コーチのカリスマを勉強させていただきました。
4時間ほど食べて、飲んでいたのですが、あっという間の出来事でした。


●3月31日(火) 入社式

朝は、東京からの帰り。
一旦自宅によって、着替えて、出勤。
ちょうど、研究室に二瓶が登場。
長年勤務した松川小学校から転勤です。
うちのチームの長女ですから、大切にしなくては・・・・・

11時、施設課と学生課の職員の方が登場。
グランドに照明灯を増設する話です。
照明はあるのですが、正直言って暗い。
暗いところで走ると、スピード感が狂ってしまいます。
夜、明るくなることは、いいことですね。

<出番待ちの木田ちゃんと青木>

12:30に市内のラヴィバレへ。
今日は、青木のナチュリル入社式。
西田社長がわざわざ福島来ていただいて、入社式を執り行って下さいます。

チームを代表しての歓迎のあいさつは、例年(と言っても、まだ発足して4年目に入ったばっかりですが・・・・)室長の吉田がやるのですが、アメリカに行ったために、室長代行の

木田ちゃんに重要な役が回ってきました。
まあ、木田ちゃんもカメラの前で話すのは、慣れたもの。
さすが!オリンピック選手という貫禄でした。
青木が加入して、ナチュリルもさらにパワーアップ。
みんなで力を合わせて、頑張っていきます。

今年のシーズンも期待して下さいね。


 <会見前からやる気満々のマスコミ各社>

会見が終わって、大学に戻り、調べ物。
福島大学スポーツユニオンのメンバーは、読売新聞の福島県版に毎週火曜日「快汗コラム」というコーナーでスポーツに関するコラムを書いています。
2ヶ月に1度くらいの頻度です。
今回は、野球の右打者と左打者の打撃後の走り出しについて、コラムを書きました。
昨日が締切だったのですが、1カ所だけデータが分からなくて、空欄でした。
それは、昨年の内川選手(横浜ベイスターズ)の内野安打の数。
内川選手は、昨年右打者の最高打率をマークして、首位打者に輝きました。
右打者ということと、たぶんあまり足が速くないために内野安打はそんなに打ってはいないと思いますが、なにせ新聞ですから、正確な数字が欲しいところです。
それが、インターネットで探しても全然出てきません。
本当に困ったのですが・・・・・・・そのままにしています。
どなたか、ネットで調べることが得意な方、「2008年内川聖一選手の内野安打の数」を見つけ出して下さい。
記事が出るのが、来週の火曜日なので、今週中に判明すれば大丈夫!!
待っています!!おねがい!!