川本かんとく陸上日記のトップへ

●雪虫:12月1日(土)
朝からいい天気でした。
まずは、あづまへ。
先週に引き続き「地域指導員養成講習会」
9時から永冨先生の「投てき」
講師紹介だけして、大学に。

絶好の練習日和でした。
学生も一生懸命練習していましたが、中学生も楽しそうに練習しています。
本当に陸上競技が好きなんだなあと、感心。

午後は、研究室に戻り、明日の準備。
14時すぎに大学を出て、あづまへ。
15時から短距離走の講師。
60分ほどの講習でした。
今日は30分で、いい走りを引き出すことができました。
「2時間で速くなる」本を作っていますが、実際には30分ですね。
正確には、速くなると言うより、かっこいい走りになる!です。

今日の最後は、根本先生のルールの説明。
栗本に最後をお願いして、自宅へ。
実は、大学で練習中に「雪虫」が飛んでいました。
きっと近いうちに雪が降るんです。
で、大急ぎで、タイヤ交換。
やってくれたのは、久保倉と同じくスタンドのお兄ちゃん。
天候が良かったので、スタンドは順番待ちなどしなくて、あっという間に終了。
夕方から、飲み始めエネルギーを貯めました。


●おめでとう!佐藤選手:12月2日(日)
9時から「あづま」で指導者養成講習会。
1時間講義を。

2時間目からは、力丸先生の跳躍。
川本は、大学へ練習。

今日は、ジュニアが力のこもった練習をしていました。
だんだん、本格的な練習をこなせるようになってきました。
吉田コーチのもと、目標もしっかり設定して、日夜努力しています。
一心な少年達って、いいですよね。

福岡国際マラソンは、15キロ過ぎくらいからTV応援。
何せ、杉森のダンナが走っています。
我々の意識も「福島の佐藤」から「身内の佐藤」になっています。
走っている顔を見たら「絶対行ける」という気が伝わってきました。
これは、結果論ではなくて・・・・・
実にいい走りでした。
杉森も1週間ほど、広島に行って最後の調整を見守っていました。
基本的には、きちんとしたトレーニングがあってのことですが、最後は、心の安定をどうするかが問題になるんでしょうね。
佐藤君の気持ちは、いつも見ているわけではないので、コメントのしようがありませんが、杉森にはいい方に働いています。
それが、佐藤君に作用しているのだと考えます。
改めて、佐藤の強さに敬意を表します。
それにしても、マラソンって難しいですね。

結婚式の時にマラソンで優勝したら、インタビューで「つかちゃあ〜(疲れた!の福島バージョン)」と言って!
と、お願いしたのですが、インタビューが、CMで切れてしまったので、確認できませんでした。
これが、残念です。
今回の快走で、北京はたぶん(絶対!と書きたいところですが)大丈夫でしょうから、次は、杉森の番ですね。
福岡から帰ってきたら、みっちり練習です。
が、たぶん入れ込んで練習するでしょうから、川本はブレーキ役ですかね?

マラソンのエンドロールを横目で見ながら、あづまへ。
15時から、川本の講習。
短距離走のスタート部分と、リレーの極意。


●会社回り:12月3日(月)
朝は8時の新幹線で、東京へ。
ナチュリルで打合せを2時間ほど。

12時過ぎの新幹線で、浜松へ。
スズキの会長に報告へ。
1時間ほど話をして、福島へ。

予定の新幹線には、乗れませんでしたが、何とか次の新幹線に飛び乗ることが出来ました。
4時間かけて、20:15到着。
それから研究室の「卒論決起集会」
4年生は、これから、2ヶ月の卒論モードに突入。
3年生のサポートが大切です。

研究室のみんなから、2日早いお誕生会もしてもらいました。
ただ、焼酎を飲んでいたいので、お祝いのケーキを食べるのは、勘弁。
でも、学生達は、お酒を飲んでいるにもかかわらず、おいしそうにケーキを食べていました。
若いって、凄い。


●小波の連続:12月4日(火)
午前中は、今日中の急ぎの仕事が満載。
小波ですが、確実にこなさないと次はこないので、着実にやるしかありません。

今日は久保倉の取材でした。
「先生、久保倉の練習を見ているところを撮影できますか?」と坂水広報。
午後からずっと授業なので、「カラミ」の撮影はパスさせてもらいました。
昨日、一日研究室を空けていたので、処理がすんでいないものが、たくさん。
本当に時間がありませんでした。
でも、頑張ったおかげで、12時45分には終了。
お昼を食べて、3コマ目バドミントン。

今日は午前中の雨で、雨天時バージョン。
川本のクラスは、測定とアンケート。

4コマ目は、ウエイトトレーニング。
終わって、グランドへ。
急に冷えてきました。
もう冬?っていうくらいの冷え込みでした。
12月なので、充分冬なのですが、それにしても寒すぎです。
雪もチラホラ舞っていました。
が・・・・・それを吹き飛ばす、クリスマスイルミネーションが登場。
1年生が、工夫をして飾り付けしてくれました。
それぞれの頑張りがあって、いい1日でした。

また、練習もいい閃きがあって、今日は狙い通り以上の効果的な練習が出来ました。
最後は、久保倉と「からみ」のVTRも撮れたみたいでした。


●誕生日:12月5日(水)
朝は、仕事。
お誕生日お祝いメールが、何通か入っていました。
ここ10年は、誕生日は気にしないで暮らしていました。
そのため、40代半ばは、自分の年齢を正確に知りませんでした。
書類に年齢を書くときなど、オレって、45?、46?という質問がよくありました。
まあ、それも今日で一区切り。
めでたく50歳を迎えました。
もうしばらくすると、オレって、55?、56?という風になるのでしょうけど・・・・・
この歳になって、好きな陸上競技で生計を立てていられるって幸せだと切に思います。

大学生の時、高校時代の同級生青木君に「川本は、好きな陸上を大学に入っても、やれているからいいよね。ガンバレ」と言われたことがあります。
彼は、高校時代野球部でした。
大学では、学費を稼ぐために好きな野球をやめて、夜働きながら大学に通っていました。
それまで、大学で陸上を続けることは、当たり前のように考えていました。
彼の激励のひと言が、その時の自分の目を覚まさせてくれた。
その頃から、世の中のことや周りのことに目が向くようになりました。
本当に感謝しています。

青木君は、「級長」になったことがない!と言っていたので、高校3年の最後の学期に票を集めて、「級長」に当選してもらいました。
受験を控えて、やり手のない「級長」ですから、他のクラスメイトも大歓迎。
高3最後の級長の仕事は、卒業式でクラス代表で卒業証書をもらうことです。
3年1組「あおき はじめ」立派でした。
いい思い出をプレゼントできたと思います。
そして、そのお返しが、大学1年の夏休みのひと言でした。
本当に大きなお返しでした。
そのおかげで、50歳までこうやって陸上競技をやっているのですから・・・・・

今日は、毎日新聞にアスリート争奪:第6部・大学/9 存在感示す福島大 という記事が載りました。
http://mainichi.jp/enta/sports/general/news/20071205ddm035050116000c.html
先日、東京駅で、石井記者に取材されたものです。
実にいいまとめでした。
さずが、ダッシュが早いだけのことはあります。
って、記事とは関係ないか?

2コマ目は、ゼミ。卒論の進行状況を4年生が発表。
今年は、いい感じで進んでいます。

お昼に部員から誕生日のプレゼントを頂きました。
高級なコーヒーカップでした。
早速、栗本にコーヒーをいてもらいました。
格別の味でした。

お昼休みは、会議が3つ立て続けに。

午後は練習。
池田のTV取材があったのですが、めずらしく、川本は、ディレクターに切れてしまいました。
取材に対して、切れることは、滅多にないのですが・・・・・・

夕方、木田とOB会の決算の話。
終わって(実は、まだ終わっていませんが、むりやり終わって)、市内のイタメシやサンへ。
川本は、冬季練習突入決起集会をやろう!と提案したのですが、
なぜか「川本先生50歳バースディパーティ」に変身。
雉子波、松本も登場。
そして、50本のバラの花束。
バラを50本も揃えるというのは、大変なことです。
バラも50本もあると重い。
50年を痛感。
誕生日と言えば、ケーキ?
ケーキを持ってきたのは、何と・・・・佐藤敦之くん。
もうびっくり!!
川本は、いきなり陸上ファンに変身。
佐藤くんは、焼酎「佐藤」を持参。
さすが、マラソンランナー甘い、辛いをよく知っています。

チームからは、佐藤くんに福岡マラソンのお祝いケーキ。
夜は大盛り上がりで、ずっと更けていました。
大勢の教え子に囲まれて、50歳を迎えることが出来ました。
教師冥利に尽きます。

息子からもお誕生メールが届きました。
本当にうれしい内容でした。


●会計監査:12月6日(木)
朝は、いつものメール対応。
2コマ目、トレーニングマネジメント。
第一次準備期における量と強度の拡大がテーマでした。
今日のポイントは、強度の確保について。
自分で言うのも何ですが、いい話が出来ました。

この時間は、地元TV局の撮影も。
25日の特集で、使うとのことでした。
授業終わって、そのまま研究室でインタビュー。
お昼休みは、ほとんどなくなりました。
カレー弁当を半分ほど食べて、3コマの授業へ。
体力トレーニングで、プライオメトリクス。
お昼前は、快晴でポカポカだったのですが、授業開始直前から、一気に曇ってきて、寒気が到来。
空を見上げると、空の半分が真っ黒い雲、残りが青空。
大学の上が境目で、雲がかかっています。
天気図の前線が実感できる場所です。

実技をやっていても、寒風で学生も凍えました。
当然、50を迎えた川本も・・・・
先週も同じ感じでしたね。
で、60分で授業終了。

研究室に戻り、弁当の残りを食べて、医大へ。
今日で、医大の授業は最後。
1月のスキー実習に向けてのガイダンスと貸し出しスキーの調整。

研究室に戻ってくると、二瓶がいました。
そう、今日はOB会の監査の日。
内池副会長をはじめ、OB会の事務局の方が登場。
って、言っても副会長以外は、川本が赴任してからの卒業生です。
会計監査やOB総会の手はずなどで、結構な時間がかかりました。
川本は、時々コメントするだけです。

OB会では、4年に1度、名簿を作成しています。
忘れないようにオリンピックの年ということに。
来年の企画として、写真集を作ることになりました。
冊子にするのは予算的に大変なので、CDにすることに。
みなさんからの貴重な写真をお待ちしてます。
タイトルは「スパイクの足跡」

会議が終わって、教え子達と夜の街へ。
川本が赴任した当時の教え子達なので、昔話に花が咲きました。
同じような話ですが、毎回確かめることが、記憶定着には重要。
よくそんなこと憶えているな〜と感心するばかりでした。
今日も気持ちよく酔うことが出来ました。


●富山へ:12月7日(金)
朝は、いつものようにメールの対応。
終わりかけた頃に産経新聞の取材。1時間ほどでした。
これが、お付き合いできる精一杯の時間です。

その後も今日中にやるべき仕事をドンドン片付けて・・・・
一つだけ忘れていたものがありました。
土曜にある日本陸連の全国普及担当者会議のアンケート。
福島では川本が普及部長をやっていますが、教え子で菊田先生に行ってもらうことに。
菊田先生は、走幅跳コーチのスペシャリスト。

で、そのアンケートですが、中学生の中体連登録状況などを調べるものでした。
これは、全国中体連のHPに概数ではなく、きちんとした数字が出てきました。
このことは、これまた教え子で、福島県教育センターに勤務している菅野先生に教えてもらいました。
持つべきものは、優秀な教え子たち!
でも・・・・こうやって分かっていることを何でアンケートするんだろうと疑問?
都道府県から集めたものを集計もするのでしょうが、その数字もきちんと出ています。
無駄な作業かな?と思いながらHPを参照しました。
アンケートの質問事項は、他にもあるので、そちらの方も対応。

3コマ目は、基礎演習。
今日も力のこもったプレゼンが3題。
福島大学で、探求できることと、できないことがあります。
プレゼンを聴きながら、勉強していく方向性を示した上げるのが、川本の仕事。
研究室に戻り、提出書類を3つほど仕上げて、おっと時間だ!

自宅に戻り、パッキングをして新幹線に飛び乗り。
羽田まで。
ビールを飲もうか?迷ったのですが、空港に太田さんが迎えに来る予定です。
それまで、我慢しようっと。
20時のフライトです。
富山到着は、21時。
富山は「雪」のはずでしたが、暖かい!!
コートなしで、歩けました。

ホテルにはチェックインせずに夜の街に直行。
西田社長@富士化学工業・ナチュリルと大物部長2名の待つお店へ。
夕方に富山に入ったエンジェル達も社長と食事をすませて、待っていてくれました。
とりあえずビールを飲んで、最後は焼酎でシメ。
ホテルにとっては、迷惑な時間のチェックインでした。


●富山市講習会:12月8日(土)
8時にホテルからピックアップしてもらいました。
今日は富山市ジュニア強化事業の講習会。
富山は、95年に「川本」の名前で講習会を開いていただいた第1号です。
それまで、日本陸連派遣の「ジュニアゴールドウィン陸上教室」などの講師は務めていましたが、
これは「陸連」の名前。
自分の名前で、お客?が集まるのは、初めてのことです。
この年に雉子波が200の日本タイ記録を出していました。
また、地元ふくしま国体では、短距離チームの躍進もありましたし、何と男子400Rで39秒台で優勝もしていました。
富山で講習会をやらせていただいたおかげで、スプリントの考えを一つにまとめることが出来ました。
当時の金子強化部長に大感謝です。
その時に短距離主任だったのが、太田さん。
太田さんは、実に熱心に川本とのスプリント理論を勉強されました。
2000年に富山国体だということもあり、福島までバスで来たり、千葉のチーム合宿に突然生徒を連れて表れたり。
「吸収」という点では、すごいものがありました。
その後、強化部長も務められています。
それよりもボーリングでパーフェクトゲームをやった!というのが凄い!
小学生のクラブを作って、じっくり育てていくというスタイルがいいですよね。

で、今回も「先生、富山に来てくれんがね」と頼まれました。
時間のやりくりが大変でしたが、逆に大恩がある富山市です。
そこで、OKしました。
また、富山は、ナチュリルのグループ企業(親会社)の富士化学工業があるところ。
富士化学工業は、お隣の上市町にあります。
やはり、断れませんね。
今回は、川本も含めて総勢12名の豪華講師陣。
富山市の他にナチュリルも経費を負担してくれました。
CSRのひとつですね。

上市町では、ナチュリルの講習会を開くので、ナチュリルのメンバーは全員参加。
吉田、佐藤、木田、渡辺、坂水、栗本、長島の7名に加えて、4月入社予定の丹野と松田も本社見学も兼ねて連れてきました。
また、久保倉、熊谷もお手伝いで参加。
すごいコーチ陣です。
コーチが11名もつくので、ひとりずつに目が行き届き、講習会の効率は上がります。
小学生や中学生の時にトップアスリートを間近に見ることができて、指導が受けられる!
なんて、凄いことでしょう。

というか、昼休みにこの話をしていて、川本の中学時代を思い出しました。
佐賀県のはずれの伊万里市に住んでいたので、中学時代はトップアスリートは見たことがありませんでした。
それよりも佐賀県にトップアスリートがいない!
日本記録保持者なんて、大学に入学するまで間近にはいませんでした。
最高のトップアスリートで、九州一周駅伝の佐賀県代表でした。
でも、九州は駅伝熱が高いところですから、九州一周の代表は、すごい尊敬の対象でした。
そう言う点では、今回のエンジェル達はすごいメンバーです。

講習は、今日の午前、午後と明日の午前の3セッション。
それぞれ3時間ほどやれるので、9時間きちんと教えられます。
普通は、半日コースや1日コースが多いのですが、2日間時間を取ると結構いい水準に引き上げることが出来ます。
明日のお昼は、移動があるので、サイン会や写真撮影は、今日のお昼休みにしてもらいました。
これも、大切なことです。
子どもたちに夢と希望を!トップアスリートにとって大切な使命です。
午前、午後でいい感じの走りを完成することが出来ました。
小学生などは、見違えるほどかっこいい走りになりました。
久保倉は、アルビでも講習会を担当することがあるので、川本の指導のコツを丁寧にメモしながらコーチ役を務めていました。
漠然と先生のアシスタントをやるより、こうやって次に活かせるように勉強しながらやると、伸びていきますね。

講習会では、二瓶を最近独り立ちさせています。
彼女は、陸連の小学生教室や中高生対象のジュニア教室に講師として、日本各地に派遣されています。
また、中央講習会の講師なども務めることがあります。
それこそ、現役時代は、何10回と川本のアシスタントで講習会をやっています。
偉いのは、毎回、やることの確認や指導の流れを川本と打ち合わせてから行きます。
きちんとポイントが伝わるように、研修している姿勢は、脱帽です。
いいものを伝えたい!という気持ちが伝わってきます。

エンジェル達は、講習会慣れはしています。
いいポイントで、説明しながら子ども達を変えていきます。
これからは、エンジェルたちの技量を上げて、ナチュリルのCSRとして活動していこうと計画しています。
最初は、ナチュリル健康推進室のある福島県からですが・・・・・
他県に関しても、要相談。

夜は、富山市陸協のみなさんと懇親会。
当然、2次会も。


●上市講習・宇奈月の夜:12月9日(日)
あいにくの小雨です。
今日のテーマは、スタートからの加速。
バックストレート裏の雨天練習場で前半は、スタートの練習を。
最後は、雨も上がったので、まとめの走りを。
いい感じに仕上がりました。
子ども達が変わっていく姿を見ると、楽しくなりますし、達成感もありますね。
ただ、今は、川本マジックという魔法にかかっているだけです。
いつか魔法は消えてしまいます。
消える前に自分のものにすることが大切。

あいさつもそこそこに車に飛び乗り、上市町へ。
また、小雨が!
講習会場は、町営体育館に変更です。
立派な体育館でした。
たぶん、2000年国体で建てたのだと思いますが、国体って施設の充実には欠かせないですね。

上市町は、富士化学工業の所在地。
また、町の体育協会の方達の多くは、富士化学工業の社員さん。
社会貢献している!!って感じがします。
みなさん、スポーツを通じて地元の子ども達を育てよう!という気持ちに満ちあふれていました。

小学生が元気がいい!
小学生は、佐藤、久保倉、栗本、長島が担当。
3時間の講習が終わったときは、あまりの元気の良さに、エネルギーを吸い取られてしまったようにぐったり。
講習会で、バツグンの動きをする高校生?
いや、高校生ではない・・・・あれは・・・・玉手?
そう、福島西女子高校出身で、東京女子体育大学で800の名選手だった玉手さん。
今は、結婚して富山に。
お子さんと一緒でしたが、現役復帰したとか。
すごくいい動きでした。

講習会も終わり、そこから写真撮影。
撮影も終わり、マイクロバスに乗り込み宇奈月温泉に直行。
温泉で講習の疲れと、これまでの冬季練の疲れを癒しました。
テーブルには、富山の海の幸が並び、最高の夕食でした。
お酒は「立山」
社長といつの間にか、大量に飲んでいました。
お約束カラオケで盛り上がり、宇奈月温泉の夜は更けていきました。


●富士化学工業:12月10日(月)
朝は、お約束の露天風呂。
黒部川がいい感じでした。

旅館を出発して、上市町の富士化学工業へ。
途中、立山連峰がきれいでした。
本社に到着。
西田社長が先頭になって、出迎えてくれました。
社員の方も、待ってました!という感じで温かい会社の感じが伝わってきました。
富山の県民性かも知れませんし、社風かも知れません。
ハートフルな会社であることは、間違いなし。

まずは、会社概要を聞いて、工場見学。
もうすぐ稼働する新工場を見せていただきました。
いや〜凄い。最新式でした。
当然、社長が先頭でした。
これも凄い!

その後、西田美術館を見学。
何度見ても、驚きですし、いいものです。
富山にお越しの折には、上市まで足を伸ばして、一度、鑑賞をしては如何ですか?
入場料は、破格に安い、500円。
高校以下は、なんとタダ。
これも社長が、案内役、これも凄い。

美術館見学を終えて、空港へ。
お昼は、白海老掻き揚げカレーを食べてしまいました。

東京に到着。
川本は、秋葉原のYKK本社へ。
社長さんと対談です。
テーマは、コーチングです。
90分ほど、楽しい対談でした。
勉強になりました。


●相互理解:12月11日(火)
朝は、メールの対応。
昨日、お休みだったので、たまっていました。
2時間ほど頑張って、OLたちの練習するグランドへ。
今日から、再び頑張り練習が始まります。
この3週が勝負ですね。
天候が安定することを祈るだけです。
幸い、今日はいい天候でした。

お昼にクレームの電話を一本。
マスコミに対しては、お互い様!という部分もあるので、うちのチームは比較的協力的だと考えていますが・・・・・
嫌なことは、いや!!とはっきり伝えることも重要。
やらかしたのは、先週5日(水)のディレクター。
池田のTV取材ですが、また、やらかしていました。
人が不快に思うことは、やってはダメですね。
「人は快を求め、不快を避ける」
当たり前ですが、不快はイヤ!
今回は、川本が当事者ではないのですが、監督として「NO」と言う立場です。

先週は「自分は、不快な気持ちになり、もうインタビューに協力はしないけど、来週の池田の取材は前からの約束だから受けるけどね」と本当にイヤな気持ちを伝えていたのですがね・・・・・
それでも「監督、来週また聞かせて下さい」と厚かましい言葉を残して、帰っていったのでした。
が、他の人にも不快を与えていました。
いい番組を作りたい!という強引さが出過ぎています。
我々は、いい番組を一緒に作るという気持ちになっていませんから。
ここは、反省すべき点かも知れません。

ちょっとだけ、反省点を差し引いても、「もうイヤ」
と言うわけで、上司の部長さんに「明日の取材はお断りします」と電話を入れました。
そのあとの昼食は、本当においしくありませんでした。

3コマ目、バドミントン。
ミックスダブルス大会で青春の汗を流してもらいました。

4コマ目、ウエイトトレーニング。
一体、何が青年達を動かしているのだろう?と思うくらい、みんな一生懸命取り組みます。
これは、凄い。
また、女性4人組も積極的にマシーントレーニングと補強を頑張ります。

授業が終わって、研究室に戻ると、見知らぬおじさん達が。
お昼に電話をいれた部長さんと、そのまた上司の局長さんが、山形から謝罪に。
当然、アポなしの登場。
それなりの立場の方ですから、話はききます。
大人ですから・・・・
部下の不始末の謝罪って、大変ですね。
組織としての「責任」って何だろう?
と考えさせられました。
それぞれの立場、それぞれの人として話をさせていただきました。
謝罪があるから、「ハイいいです」とも立場上言えません。
ただ、相手の立場もありますし、誠意もあります。

7〜8年前になりますか。
雉子波の結婚問題で、地元マスコミと、もめたことがあります。
「この日までは」というのと「このことは」という約束が守ってもらえませんでした。
担当の記者は、謝罪に来たのですが、会社としての謝罪がありませんでした。
「そこまで怒っているとは思わなかった」と言う軽い態度でした。
それ以来、5年ほど、そこの新聞社とは、一切お付き合いナシでした。
取材拒否と言うやつです。
それまでは、川本や雉子波もコラムなどを担当していたこともありましたが・・・・
編集長が替わって、方向性も変わったのでしょう。
でも、ペンの暴力、ねつ造というのもあります。
昨年の大学女子駅伝のスポーツHの東北版がそうでしたね。
強く、強く抗議しました。
やはり、弱者でも言うべきことは、言わないと・・・・・

おっと、局長さんとの話でした。
番組作りのコンセプトの理解が足りませんでした。
局長さんの話をお聞きすると、最近よく引き受けている年末ものの総集編的な「今年を振り返って」というよりは、県民に向けてのメッセージ性の高いものでした。
担当のディレクターからその説明が、まったくありませんでした。
我々も、きちんと聞く(確認する)義務はあったのだと、反省します。
「池田久美子をきちんと見せたい」というなら、きちんと伝えてくれれば、もう少し対応の仕方もあったと思います。
普通の取材にみんなでお昼を食べるシーンやプライベートはいりません。
ですから、取材を受ける側は、不快感を感じます。
一緒に練習するチームメイトも普通の取材には、不必要です。
執拗に撮られて、迷惑だった選手達もいます。
ディレクターというか、番組制作側の勝手な思い入れで、みんなが迷惑しました。

簡単な取材だと考えているので、「池田さんの強さの秘密は?」に簡単にしか答えません。
これが、「超・人」「スポーツ大陸」なら、最初から分量が分かっているので、丁寧にたくさん答えます。
簡単に答えるというのは、都合のいいところだけ、使われないようにということもあります。
強さの秘密を10秒でまとめると、こう。
30秒だとこう。
5分だとこう。
10分だとこう。
それぞれ、話す内容があります。

スタートは、相互理解がなかった。
この点につきます。
ただ、インタビューと練習風景撮りだけの説明で、受けていますから・・・・・
もっと、プライベートなことにも「情熱大陸」みたいに入っていきますよ!
というオファーで引き受けたかどうかは、疑問ですが・・・・
申込の段階で簡単な取材風で、しつこい取材だったのが、失敗ですね。
こちらのチェック機能も反省。

で、この話は、とりあえず一件落着とすることとしました。
立場ある方が、こうやって見えたという事実をきちんと受け止めるのが、50歳になった証かな?
いくつかの迷惑点を指摘して、明日のインタビューについては、再度、考えることとしました。
池田本人にも納得してもらいました。

今夜の練習は、比較的暖かくて、いい感じで見られました。
でも、冬将軍は、確実に攻め込んできています。
負けないような防寒対策を。

やっても、やっても終わらない仕事と陸上部の借金を抱えて、研究室の夜は、エンドレス。


●チーム川本:12月12日(水)
午前中、やっぱりたまった仕事。
どこにたまっているか?
PCの中です。
というか、メールボックスですよね。
もしサーバーが壊れたら、どうなるんだろう?
少し不安ですね。
とりあえず、オファーがある仕事は、その瞬間に消滅。
いいかも知れません?って完全な逃避ですね。

2コマ目は、ゼミ。
3年生の発表がメイン。

昼間も何だかんだと忙しく過ごして、いつお昼を食べたんだろう?
昔、昔、学生だった頃、研究室で卒論を書いていたときです。
院生の先輩が食事に行くとき「日に2回の楽しみ」と言っていたのを思い出します。
川本は完全に日に1回の楽しみになってしまっています。
昼も余裕ある生活をしたい!

急は教員会議(教授会)の日ですが、いろいろ説明会があって、定例より30分遅れの14時開始。
おかげで練習の最初に顔を出すことが出来ました。
教授会に参加。
もう少し会議を早くしよう!と教授会提案をしたいくらいです。
具他的には、非常に差し障りがあるので、これくらいに。

今日は、チーム川本のキャプテン、菅野さん、大槻さんがグランドにいらっしゃる予定でした。
が、ちょうど大学院の議題になったので、退出しにくくなりました。
たまには、議事に参加してないと、大学の流れに乗れなくなりますから・・・・・・

17時に終わって、30分後に坂水と夜の街へ。
チーム川本コアメンバーと忘年会。
ただ、チーム川本の火付け役(チャッカマン)の「スターかおり」は、おのぼり業が忙しくて、不参加。
ちょっと淋しい気分です。
が、それは、それで・・・・ごめんねスターかおりサン。
8月19日の発足以来、本当に深いつながりが出来ました。
日常的な応援もさることながら、ももりんダッシュの成功!
これは、チーム川本なくては、絶対にできなかったことです。

新年会は、1月19日(土)に決定。
センター入試の日でしたが、今日の教員会議で川本は担当しなくていいことが判明。
教員会議に出席した収穫です。
新年会は、チーム川本参加者はどなたでもOK!
簡単に言うと、Tシャツを購入いただいた方は、どなたでも来てくださいってことです。
チーム川本のアスリート達は、数名が実業団の合宿に参加していますが、大部分は福島で練習中です。
当然、アスリート達も新年会。
ファン感謝デーみたいなものですね。
案内状の発送は・・・・若手が担当予定。
こんな話しもコアメンバーだと、サッと決まります。
皆さん飲み会好き?
おっと、ももりんダッシュも次年度開催正式決定!
11月3日です。
正式って、何が正式か分かりませんが、ちゃんと決まったのだと思います。
2次会まで盛り上がって、帰宅しました。


●雨、雪、晴れ、嵐:12月13日(木)
朝は、いつものように忙殺事が、満載のメール対応から。
OLたちは、9:30の練習のために続々出勤。
今日の練習は・・・・って、外は真っ白。
自宅を出るときは、みぞれだったのですが、いつの間にか雪に変わり、もう雪かきしても練習開始に間に合わないくらい一気に積もっていました。
で、今日は、最近考えついたパワーマックスを使った練習。

川本は、2コマ目授業。
トレーニングマネジメント。
帰ってきて、昼食。
OLたちから誕生日にもらった高級ハシを使用。
割り箸を使わない、エコの運動みたいです。
たぶん・・・・・

3コマ目は、体力トレーニング。
今日は、フリーウエイト。

4コマ目は、これまで医大の非常勤が入っていましたが、今週から通常授業はお休み。
1月にスキー実習で授業時間をまとめて取ることにしています。
17時近くまで、PCの前に座っていました。
ゆっくり勉強も出来ません。
17時にやっとグランドへ。
午後から少し気温が上がり、トラックの雪も消えました。
気温が上がったと言っても・・・・たかが知れています。
途中、灯油切れでジェットヒーターが止まると、そこは厳冬の福島。
でも、学生達は、寒さに負けず練習に励んでいます。
人を育てるには、いい自然環境です。
細い、三日月がきれいでした。

納会が土曜日にあります。
今、準備に追われているところです。
が、なかなかきちんと仕事が出来ないのが、今の学生さん。
「責任」と言う概念は、そんなにありませんから、ついつい・・・・・
本人は、精一杯やっているのですが、大人から見れば、不足。
そこをOLたちが指摘してあげるのですが、「笛吹けど、踊らず」ではなく「笛吹けど、踊れず」ですね。

OLたちのコンセプトは、「私たちが、きちんと指導してあげて、いいものを先生に提出させる」
川本の手をなるだけ煩わせない。
すると、監督は「よくできてるね。ご苦労さん」と褒める。
OLに小言は言われたけど、仕事のやり方をきちんと憶え、最後は監督の称賛でシメ。
完璧なストーリーです。
が、OLの段階を踏んでいく指導についていけません。
力がないんですかねえ。
何回言われても、できないんです。
「とても、先生に見せられるものでは、ありません」ってどんな仕上がり?
でも、納会は、土曜。
資料の印刷は、金曜日。
金曜日はOLは定休日です。
そう、木曜の21時を過ぎても、「じゃあ、先生に最終確認してもらって」の3段階前の状態。
というか、原稿が上がってきません。
「吉田さん見ていただいていいですか」が21:30。

それまでは、OL任せにしていたのですが、そのことで、担当学生を説諭。
「大体、この時刻に来ることが間違っとる」から始まり
帰りが、大幅に遅くなりました。


●1割走者:12月14日(金)
午前中は、仕事。
って当たり前か?
仕事をしに大学に来ているのでした。

時計の針も11時を回った時に、「先生できました。確認してください」ときたもんだ。
納会の資料作りの学生達です。
昨夜、あれから木田と栗本は、学生の不出来さに心配になって、研究室に戻って、アドバイスしていました。
やさしい先輩達です。
でも、出来の悪い後輩は、本当に出来ず。
「朝イチで見せるんだよ」
という暖かいアドバイスも、彼らには通用しませんでした。
木田達が心配したのも、よく分かります。

福大記録のシートは
8カ所訂正すればいい資料も3カ所も間違っていました。
「確かめたのか?」
「ハイ」って、これで、よくセンター試験の点数がとれたものだと、感心。
ザルで水をすくうような生やさしいものではありませんね。

近況報告は、4枚にまとめて!も、6枚にまとめてしまっています。
まあ、期待した川本がバカだったのだと、あきらめて。
とりあえず、完成を見ないことには、印刷が出来ません。
作業は、返信はがきの近況を打つだけ。
1枚1枚確かめながら、確認していきました。
こんな作業は、20年ぶり?
ちょっと大げさですが、ここ10年以上やったことがありません。
こんな仕事の苦手な学生が、担当になってしまったんだとあきらめます。
でも、監督の仕事ではないですよね。
部員は、90名もいるんですよ。
悲しくなってきました。

お昼ご飯を1分で食べて、3コマ目の授業へ。
今日のプレゼンは、高地トレーニングと速いボールのけり方。
それぞれ、自分の興味関心のあることをプレゼンします。
ここから、勉強していく方向が見いだせれば、この基礎演習は成功。

帰ってきて、またまた資料の確認作業。
栗本が、心配で休日出勤をしてくれました。
心のやさしい子です。

大丈夫?ちゃんとやった?
それでも、ミスはつきもの。
何度でも見直しは続きます。
今まで、彼らは、間違ったことがないのだろうか?
それとも、間違っていることに気がつかないで、20歳を越えてしまったのだろうか?
「いけてる」って思いんでいると、絶対に伸びません。
たぶん、川本が言っていることの半分くらいしか、理解できていないことがよく分かりました。
もしかたら、1割くらいかも知れません。
10言って、1しか分からない?

少し、指導方針を変えないと、とんでもないことになりそうです。
そのことが分かっただけでも、はがきを1枚1枚確かめた甲斐がありました。
思考にこんなに漏れがあったら、絶対速くなりません。
というか、川本は、速くできません。
もう驚きの、2日間でした。

何とか、完成しました。
今自分が抱えている仕事から考えると、無駄な時間でした。
でも、監督としては、学生の今が分かったので、収穫と無理矢理思いこむことにします。
そうしないと、悲しくなりますから・・・・・・
まあ、これも神が与えた新たな試練です。
こんな学生を速くできるか・・・・?大きすぎる試練です。

6時過ぎに印刷は完了。
栗本のおかげです。
そこから3時間、遅れを取り戻すべく、必死にPCと格闘。
4年生が、卒論の一部を持ってきましたが、今日はやるべきことが山積みなので、ごめんなさいをしました。
「先生、読んで下さい!」という学生の気持ちを考えたら、心が痛みます。
チラッと、読んだら、きちんと書けていました。
優秀なヤツもいる!ホッとひと安心。
自宅で読むことにします。
救いの神は、いるものです。


●納会:12月15日(土)
午前中、練習。
ドリルを見ていて、気になる点が・・・・
ほぼ学生全員に共通していたので、今日の練習を変更。
川本先生のドリル講座。
ステップ1がなかなかうまくいかず。ずっとステップ1でした。
OLたちは、富山の小学生がうまい!などと言っていましたが、大学生になって運動修正というか、運動感覚を変えるというのは、至難の業です。
何度でも繰り返して、やるしか成功の秘訣はありません。

吉田も大学1年生の時、上げた脚をおろすだけのドリルで、2時間やっとことがあります。
その場で、上げた前脚を、下に下ろす!これだけができなくて、頑張りました。
その結果、いきなり速く走り出しました。
そんなものです。

13時に大学を出て、会津芦の牧温泉に。
15時から講演。
途中、会津方面の山は、雪雲で覆われていました。
途中、吉田の留守電に「納会の開始時刻の確認と本棚の「ウコン」を持ってきて」と入れました。
少し覚悟はしていったのですが・・・・・そんなに雪もなく、無事到着。
90分の講演が終わって、福島へ。
18:30から納会。
ギリギリセーフでした。
会場は、ラヴィバレ。
チーム川本の発足会の時も、ももりんダッシュの打ち上げでもお世話になりました。
生ビールは、サーバーから出てきますし、料理が、豪華ですね。
日頃、食生活が貧乏な学生は、スイカの上でじっとなるカブトムシ状態。
バイキング形式のその場で、ずっと食べていました。
また、ケーキも出していただいて、女子選手はストレス解消?

OBもたくさん集まってくれて、全体で150名くらいの会でした。
すごい盛り上がりでしたが、根本事務局長は、今年もビンゴが当たらなかったと、嘆いていました。
学生時代の根本先生は、速かったのですが・・・・・
「きき酒コンテスト」で全国大会に出場したことが有名になりすぎて、「飲んでばかりいた先輩」と思われているフシがあります。
今はそうですが、昔は、練習をチャンとしていたと思いますが・・・・・

12月ももう半分が終わってしまいました。
トレーニングは、順調に進んでします。
とりあえず、シーズンを振り返って、納会。
今シーズンは、春先に400H・マイルリレーと日本記録を連発できました。
その後のインカレも女子総合優勝。
日本選手権、南部で、世界代表を8名。
世界選手権は・・・・6勝9敗くらいの感じですが、丹野の準決勝進出、マイルリレーの日本新は手応え有り。
9月は、ワールドアスレティックファイナル。
いいシーズンだったと思います。
日本記録は、2001年に二瓶秀子が100mで樹立して以来、毎年、誰かが出しています。
10年くらい続くと本物ですね。

2次会も、当然参加。
結構飲んでいました。
でも、ウコンの力にも助けられています。
が、それ以上のサポートは、アスタキサンチン。
これは、飲み会には欠かせませんね。
先日、富山でアスタキサンチンの売り出し方!というテーマで話していて(飲みながら)、
悪酔いを絶対しない!ことから「アスタ元気」とか「アスタの力(ちから)」とかオヤジが喜びそうなネーミングまで考えたのですが・・・・・
これからの忘年会は、アスタの力を借りて、乗り切りたいと思います。
オヤジには、アスタビータかな http://www.e-asta.jp/index
でも、深酒は禁物。
睡眠時間の確保も大切。
ということで、シンデレラタイムの励行。


●午後練:12月16日(日)
午前中、自宅でゆっくりしました。
前日の飲酒(ちょっと深い)があるので、用心のため・・・・
また、自分は大丈夫(?)でも、選手達が酒気帯びという可能性もありますから、練習を変更。
でも、自分が大丈夫で、選手がたくさん飲んでいた!なんてことは、ありませんが・・・・
リスクマネジメントですか?
午後から練習。

おっと、今日は地元テレビ局KFBの取材でした。
放送は、25日。「今年のふくしま」みたいなものです。たぶん。
3時間くらいの特番で、川本の所は、最後の方。
県民の皆さん、25日夕方はKFB。

練習は、男子中心。
女子は、ダンス発表会です。
男子は、熱の入った練習。

夜は、忘年会。


●忘年:12月17日(月)
1コマ目は、大学院。
今日のテーマにぴったりのVTRがあったのですが・・・・・
研究室で見あたりません。
ん〜困った。

11時過ぎに菅野社長が東邦銀行の方と登場。
選手の銀行口座について、アドバイスを頂きました。
チーム川本の新年会の企画も、ちょっと打合せ。
1月19日(土)18:00〜グリーンパレスです。
Tシャツを購入いただいた方は、チーム川本の一員。
これから案内状を送付する予定です。
担当者を決定。コアメンバーからはS谷さん、トラッククラブからは長島です。
大至急の仕事となりました。

午後から、二瓶が登場。
研究の打合せです。
今日は、データ処理と分析項目の検討。
育児休暇もあと3ヶ月。
その間論文を一本書き上げる予定。

14時過ぎに大学を出て、福島駅へ。
新幹線にいつものように飛び乗って、東京へ。
夕方からナチュリルへ行き、打合せ。
ブランドカラーの確認やチームのイメージ戦略について。
18時くらいまでかかりました。
ただ、これはついで(?)の仕事。

メインは、夜の忘年会。
友人Kと新人さんと3人で忘年会。
2人にとっては、大変な1年だったので、本当に年忘れをしなくては!
Kさんとは、今年中にどうしても飲みたかったので、「今日しか空いていない」2人は、運良く六本木で会うことが出来ました。
2次会まで結構飲んだと思います。
東京駅のホテルに到着と同時に寝ていました。


●一気に夜:12月18日(火)
朝8時に東京駅、「銀の鈴」で待ち合わせ。
完璧なおのぼりサンです。

銀の鈴横のコーヒーショップで、来季出版予定の本の打合せ。
今日は、写真の確認です。
2時間1本勝負でした。
自分が言いたいことを、写真と文で伝えるのは、至難の業です。
10時近くまでかかりました。
10:08の新幹線で、福島へ。

12時ちょっと前に着いて、大学へ直行。
お昼を食べて、13時から授業。
今日のバドミントンは、実習。
運動中の心拍数測定です。
5クラス合同で、一斉に体育館で行います。
「かなり楽だ」「ちょっときついけど大丈夫」「きつい」と感じる速度で走って距離と心拍数を測定。
年明けの講義で、このデータを使います。

少し早めに終わることが出来ました。
研究室に戻ると、OLたちが次から次へと、仕事の報告、連絡、相談。
それぞれが、任務を抱えています。
こうやって、オフィス川本は動いていきます。
最近は、サーバーを導入したので、仕事も効率も飛躍的に上がりました。
もっと早く知ってれば、よかった・・・・・
結局、メールもろくに読めないまま、4コマ目のウエイトトレーニングに突入。
今日は、クイックリフトの必要性について、勉強してもらいました。

夕方、グランドに。
みんなは、「寒い、寒い」を連発するのですが、川本はそんな感じがしませんでした。
実際にみぞれみたいな雨も上がり、少し気温が上がっていたと思います。
OLたちは、一番寒いときにウエイトルームに入っていったで、寒いと感じていたのでしょう。

野球場の方を眺めると、霧のようなものが流れてきました。
まるで、意志があるような形状の霧でした。
どんどん近づき、一気に冷気を運んできました。
霧というより、寒気の固まりでした。
少し変な気象でした。
ただ、ここ金谷川は、気象上の前線が上空に見えるところなので、そんなこともありですね。

19:30に研究室に戻りました。
OLたちは、帰りに向けて、仕事のラストスパート。
川本は、やっと落ち着いて、メールの返事を書くことが出来ました。
朝から考えると、何もできないで、ここまで来てしまいました。
火曜日は、午後に2コマ授業が入っているので、午前中がふさがると、それで一日終わりですね。

卒論生の論文下書きが、上がってきました。
これからが、大変!
学生さんが・・・・


●オフィス川本:12月19日(水)
今日は保険屋さんが登場。
傷害保険に入っていないOLたちが、何人かいたので、チーム川本のS谷さんにお願いして、説明できる方を派遣していただきました。
その方は・・・何と代理店の代表取締役って、大物過ぎない?
まあ、OLたちは、神妙に説明を受けていました。
途中、傷害保険と生命保険がごっちゃになっていたりして、混乱はしていましたが・・・・
S池さんは、そんなOLたちに丁寧に保健の仕組みを説明してくださいました。
やはり、怪我はつきものなので、保健はきちんと入らせておくことが、大切。
自動車保険は、当然入っていますが、自分への保険も!
「私、あまり怪我はしないんですが、入っていた方がいいんでしょうか・・・・・」
それが、保険だって!

野田さん@県テクノコムが登場。
今日は、県の受託研究、可能性試験のサンプリングです。
昨年は10名のサンプリングで面白い結果が出ました。
今回は、もう少しサンプルを増やして、検討してみることに。
この結果次第では、面白いトレーニングが開発できるかも知れません。
研究結果にご期待を!

今日は、午後から練習の日です。
明るい昼間の練習と言うこともあり、取材が入ります。
取材は、ペン、カメラ、ペンと盛りだくさんでした。
池田、丹野は、大変だと思いますが、これも陸上人気のため。
我々で、お手伝いできることは、お手伝い。

今年の練習は、そろそろ佳境に入ります。
お正月にちゃんと休みを取らないとダメなように、現在追い込み中。
妥協をしないで、しっかりやり抜いたら、勝ち。
卒論も追い込み中。
どのような視点を持つかが決め手ですね。
学生達には、考察は、自分がやってきた種目らしさを出せるようにと指導しています。
考察に学生の4年間を出せたらいいかな?
研究と言うよりは、4年間の集大成をさせたいですね。

昼間、気温は上がっていないのですが、風がなかったので、体感温度はいい感じ。
でも、夕方からはダメ。
練習も一段落して、みんなはウエイトや補強へ。
で、研究室に戻りました。
グランドには、4時間くらいいましたね。

書類作成に追われました。
練習から戻ったOLたちは、自分の仕事を黙々とやっていきます。
オフィス川本は、たくさんの業務を抱えています。
まあ、OLがいるから引き受けている部分もあります。
10台のPCと彼女たちがいなかったら・・・・・
とても、今の活動は不可能ですね。
感謝しながら、帰ることにします。
21:30


●オフィス川本仕事納め:12月20日(木)
ちょっとゆっくり目に出勤しました。
というのも、娘が冬休みに入っているので、高校に送って行かなくてよくなりました。
それで、ちょっと自宅で寛いでから、出勤。
でも、仕事は待ってはくれません。
何で?というくらい来襲します。
でも、PCのおかげで、飛躍的に仕事量が増えました。
昼休みに院生と古いMacを処分したのですが、起動して、使ってみると、本当に遅い!
でも、当時は、最速でした。
増設したメモリーやハードディスクも数知れず。
このMacでどのくらい仕事をしたんだろう?と感慨深くなりました。
が、残念にもお別れの時期です。
ここは、きれいに見切りをつけて、お別れです。
二瓶が、修論を書き上げたMacともさようなら。

2コマ目は、トレーニングマネジメント。
試合期のトレーニング構造。
いいたとえ話ができました。
と、教授は勝手に思っています。

3コマ目は、体力トレーニング。
今日は、パワーマックスVを使って、ハイパワーとミドルパワーの測定。
今日は、データを取って、レポート作成。
次回、川本がトレーニングについて解説。

4コマ目は、とりあえず、今日の仕事をこなして、グランドへ。
今日は、比較的暖かい感じがしました。
が、夕方から夜にかけては、冷え込みました。
帰りは、マイナス2度で車が凍っていました。
だんだん辛くなる。
夜の研究室は、OLたちが、今年最後の仕事に向けて、ラストスパート。
それは、凄まじいものがありました。
これで、オフィス川本は仕事納めです。
明日1日休みを取って、22日からは沖縄で合宿。
準備期の第1段階のまとめに入ります。
川本は、残念ながら、まだまだ仕事があります。
残業に苦しむ?OLを見ながら、社長は帰宅。
でも、21時30分を回っていました・・・・・・


●忘年会:12月21日(金)
朝は、仕事三昧。
今日が最後の日なので、提出書類など盛りだくさん。
本当に信じられないくらいの量です。

午前中は、それでおしまい!と言いたいところですが、最後は川本だけではありません。
卒論の学生も最後の日。
先生、ちょっといいですか?と質問に。
でも、こんなことも大切。

お昼もいつ食べたのかわからないまま、3コマの基礎演習へ。
今日は、4タイトルのプレゼンでしたが、3つまでえしかできませんでした。
でも、4タイトルの中で3タイトルまでが、「スポーツ栄養」
プレゼンを聞くと、ただ学生が知らないだけで、研究という領域には行けません。
高校時代にもう少し勉強していいるといいですね。
というか、こういう領域を授業で提供できるといいのですが・・・・・
大学時代、専門の先生がいない(とりあえず、少ない)ので、先生も詳しく説明できません。
そこで、学生は、かけ算の九九くらいの情報で、「卒論」にむすびつけてしまうのです。
やっぱり、こういい授業は、大切。

3コマ目が終了して、ずっとPCの前。
あっという間に、18時
今日は、体育科の忘年会。
これは、何が何でも参加です。
着任以来24年間で、お休みは1回だけ。
カナダ、アメリカ留学だけです。
ある意味、皆勤賞。
では、飲み会に行ってきます。


●東北・北海道ジュニア合宿:12月22日(土)
朝、大学にちょっと寄って、用事を済ませました。
そのまま、いわきに。
午後から、東北・北海道ジュニア合宿です。

福島の高体連専門委員長のN本先生に頼まれたみたいで・・・・・
実は、いつ頼まれたか分かっていないのですが、N本先生は「川本先生、大丈夫だから」って言いました。
そう、飲み会の席で、OKしていました。
それも、3次会あたりでの話でした。
1次会でも言い出せなくて、2次会でも言えず、
3次会で酔いつぶれているときのお願いでした。
ほとんど、覚えていませんが、約束は約束なので、いわきへ。
OLや学生は、合宿のために沖縄に出発しました。
「OLもジュニア合宿に連れて行く!」とも言っていたとのことでしたが、
これは、合宿優先。

川本の担当は、東北・北海道の短距離チーム30名ほど。
「絶対、速くする」約束をして、開始。
2時間ほどでしたが、みんないい感じで走るようになりました。
さすが、各県の選りすぐりだけあります。
みんな、福島大学で面倒を見たいくらいでした。
本当にすごい子たちでした。

夜は、懇親。


●沖縄へ:12月23日(日)
午前中は、あいにくの雨。
ジュニア合宿は、室内でドリル。
最後は、スタートの極意を伝えて、おしまい。
小学校の頃から知っていいる田嶋君@白河旭高校が非常にいい動きをしていました。
今年は、絶対にブレイクします。
それに北海道の1年生。
名前は分かりませんが、400を専門にしています。
すごくよかった。
それこそ、ここに来ている生徒さんたちは、才能の固まりですから、ちゃんとやれば、すぐに花が開きます。
みんな、福島大で面倒を見たい!と思いつつ午前中は終了。

着替えて、郡山へ。
途中は、高校駅伝の様子を聴きながら。
車を定期点検のためにディラーさんに預けて、郡山駅まで送ってもらいました。
ちょうど、高校駅伝のラスト勝負のところでした。
応援するのは、もちろん・・・・

新幹線で、東京へ。
途中、この春発刊予定の原稿の手直し。
浜松町で、T田編集者と原稿の確認作業。
もう少しで完成です。
やはり、専門家の意見はすごい。

そのままモノレールで羽田空港へ。
20時の飛行機で沖縄。
時間が30分ほどあったので、やはりここはビール。
フライトは3時間。
やっぱりビール。
23時に那覇空港に到着。
ホテルにチェックインしたのは、24時ちょっと前。
ずっと、お世話になっている中曽根さんが「お帰りなさい」と迎えてくれました。
今回は、陸連の部長も外れたので、チーム川本だけの合宿です。
予算的にも苦しい!ので3すが、合宿は必要なので、やるしかありません。
沖縄で合宿をやるのは、暖かさ(25度ありました)もですが、本当に過ごしやすいデイゴホテルがあるからです。

http://www.deigo.jp/
また、社長のブログ「哀愁のB級ホテル」も http://deigohotel.koza.in/
お母さんが会長さんですが、本当に心温まるホテルです。

6割以上は、デイゴホテルが沖縄合宿の理由ですね。
他のホテルになってしまうなら、千葉あたりでも十分。
本当に合宿には、最高のホテルです。


●姫路へ:12月24日(月)
午前中、練習。
集中して練習ができました。
全体的には、いい感じでトレーニングが進んでいます。
20人を超す人数で合宿しています。
陣内さん@佐賀大が参加。
400パートと一緒に走っています。

午後は、ウエイトを中心に補強。
津田トレーナーが大活躍。
津田ちゃんとは、97年からのお付き合いです。
大信頼のトレーナーさんです。

夕方、空港に行き、神戸に飛びました。
明日は、兵庫県高体連の研修会。
同級生の上月先生から、ずっとお願いされていました。
同級生の頼みは、断れない!
何故かというと・・・・・同級生だから?
そう、学生時代に互いに助け合った中ですから、頼まれると嫌とは言いたくないですよね。
まあ、ダメなときもありますが・・・・・
やれるときは、無理を聞きます。
明日は、合宿も中日なので、練習お休み。
チーム川本のみんなは、デイゴホテルで、クリスマスコンサートと食事。
B級好きなM社長の赤字覚悟のサービスです。
これで、選手たちのクリスマスイブも心配なし。
何年もクリスマス返上の合宿ですね。

で、神戸に飛んできました。
空港には、M木先生が迎えに来てくださいました。
そのまま三宮で食事。
話も盛り上がり、姫路のホテルにチェックインしたのは、今日も24時。


●兵庫講習会:12月25日(火)
午前中は、県陸協の強化合宿に参加している高校生にクリニック。
これは、30名程度で、簡単。
それよりも寒い一日でした。
一通りのスプリント基礎編を講習。
走幅跳の中野さん@長田高校が非常にいい動きでした。
今シーズンは、走幅跳もですが、スプリントも大いに期待できそうです。

午後は・・・・・
生徒さんが500名!指導者は120名。
すごい数です。
昨夜、M木先生から「明日は、500名の参加ですが・・・・・代表者だけトラックでやって、残りはスタンドで」とおっしゃったので
「全員、実技をやりましょう!」と引き受けました。
生徒さんが、これだけ集まったのは、豪華アシスタント。
池田と丹野がアシスタントでした。
せっかくの合宿の中日・休日ですが、気分転換?で姫路に連れて来ました。
こういう形で、陸上界に貢献です。

池田チームが250名、丹野チームが250名。
ジョッグは圧巻でした。
それよりも、参加者全員が、必死というか、すごくまじめ。
食い入るように2人の動きを眺め、一生懸命できるようにしていきます。
500名を相手にしているとは思えないくらい、みんな集中していて、コンパクトな講習会みたいでした。
自分で言うのも何でが・・・・いい講習会でした。
人数も多かったこともあり、サインなどはNG。
でも、誰も騒ぐとこなく、さすが陸上王国。
先生方の指導が違いますね。
子どもたちをどう育てていくかを熟知しています。

夜は、高体連の先生方と懇親会。
「先生が説明しているときの2人の態度を見ていました」と、ここでは見ているところが違うぞ!
兵庫県恐るべし!
川本の説明の時に池田・丹野ともきちんとした姿勢で、聞いていたのを見ていたとのこと。
ちゃっとした態度に脱帽したとのことでした。
師弟関係から生まれるものだと思います。
チーム川本らしさがでて、よかった!

2次会までお付き合いしたつもりでしたが、途中からたぶん寝ていました。
記憶があまりありませんから・・・・・


●合宿後半戦:12月26日(水)
朝、神戸空港から沖縄へ。
午後から練習合流。
チームの午前中は、津田ちゃんにお願いして、ウエイトと補強。

午後は、トラック練習。
みっちり走りました。
本当に追い込めたと思います。

そこに幹社長@M&Kと山下さん@富士化学工業が登場。
カルテノイド学会の打ち合わせで、沖縄に来ているとか。
山下さんは、NATUREALの赤いTシャツを着ていました。

夜は、幸良監督@アンテロープと保護者会の会長、副会長と飲みました。
会長は、同じ年というもともあり、気が合います。


●猛練習:12月27日(木)
午前中、トラック練習の予定でしたが、雨。
天気予報は、晴れだったのですが・・・・
K森さんとI崎さんがカメラさんと登場。
来季の打ち合わせと池田の取材です。
午前中の練習は、午後晴れることを期待して、補強に変更。
津田ちゃんが、みんなの面倒を見てくれました。
こういうときにトレーナーさんに正しい補強を教わって、大学に戻って実践です。
おかげで、取材、打ち合わせの時間が取れました。

午後は、午前中の雨が嘘のように上がり、暑いくらいの快晴。
今日の練習は、家族なら見ていられないくらい過酷なものでした。
洒落た練習もあるのですが、泥臭い練習も必要です。
が、それにしても壮絶。」
本当に素晴らしいアスリートたちです。

夜は、K夫妻と会食。
沖縄で友人付き合いをしているご夫婦です。
今回は、川本が聞き役に回りました。


●福島へ:12月28日(金)
午前中、あまりの天候の良さにウエイトをするのがもったいなくなり、
トラック練習に変更。
最後の追い込みでした。
エンジェルたちは、本当に追い込んでいきます。
チームメイトがいるからできるんだと思います。
一人では、とてもできない練習です。
練習に対する追い込みというのは、それぞれ個人に任せています。
ここが一番大切なところです。
これは、自分で作り上げるものだと、思っています。
川本が作り上げても、面白くありません。

お昼を食べて、空港へ。
川本は、途中、那覇の公設市場で買い物。

15時の飛行機で福島へ。
チケットをもらったら、22列から3列目に変更されていました。
このときは、なんとも考えていなかったのですが・・・・・
実は、18時からNHKの地元番組の生出演でした。
そのためにすぐに機外に出られる前の席だったんですね。
NHKの手配でした。
18時から30分ほど、空港から生中継でした。
忙しい1日でした。
チーム川本は、今日で練習終了。
それぞれ自分の場所で、自主練となります。
ちょっとだけ、川本は骨休めです。


●休日:12月29日(土)
休日でした。
いつ以来でしょうか?
とにかく、休みました。

西田社長@ナチュリル・富士化学工業から、氷見のぶりが届きました。
あまりの立派さに驚き。
今年は、昨年とうってかわって、全然獲れていないと聞いています。
調達するのは、大変だったと思いますが、おいしくいただきました。
脂がのって、美味しかったのですが・・・・・
自分のお腹も脂がのっている事に気づき、来年は脱メタボを思いながらも、お歳暮で頂いたお肉も食べました。
年内は、エンジェル達のお歳暮で、メタボが加速されるので、実施は年明けです。
沖縄合宿では、少し腹筋でも鍛えよう!
と、腹筋をやってはみたものの、回数がこなせず・・・・断念。
腹筋をやろうとしても、つい背筋を使ってしまって、腹筋より背筋が疲れてしまう結果に。
津田トレーナーにご指導いただいたので、結果をだそうと思います。
春には、お腹周りがすっきりした川本に変身予定。
とりあえず、年末、年始は、メタボ道を歩みながら、1年の疲れをとります。
それくらいは、ゆるして!


●休日2:12月30日(日)
ジャージ類の片付け。
ナショナルのジャージを整理しました。
が、モデルが似ていたので、組み合わせが分からず、これは年明けにOLに聞いてみることにしました。
97年の世界選手権アテネ大会に行ったときは、アシックスがオフィシャルでした。
白、金、赤がモチーフでゴージャスな感じでした。

99年のセビリアからだったとミズノになったと思います。
ミズノは、紺ベースになり、やや地味感がありましたが、そこから毎回ストーリー性があり、少しずつ変化していきました。
で、01エドモントン、03パリ、05ヘルシンキを経て、今回、赤ベースの07大阪でした。
が、途中にアジア選手権が入り、その都度、ジャージ類が支給されています。
で、何が何だか分からないまま、すごい数のジャパンジャージが、ジャージ置き場を占領していました。
このジャパンが、捨てるに捨てられない。
こまった。
とりあえず、遠征バックに入れておくことにしましたが、ペアにすることは必要。
処分はこれから考えます。
とりあえず、ジャージ、Tシャツ類の片付けを終了。

次は、車のシート。
2年前に通販で、思わず購入していた高圧スチームクリーナーで、きれいにしました。
後は、大掃除を少々。
こう書くと、何かたくさんやったみたいですが、基本的にはリビングでTVを観ていました。
で、休日は、休日で、骨休めができました。


●2007年:12月31日(月)
ゆっくり紅白歌合戦を観て、静かな年末を迎えました。
今年を振り返ると・・・・・

1月:SAQシンポジウムでパット・ヘンリー氏@テキサス農工大学陸上競技部ヘッドコーチと対談。
   基本の大切さを痛感。合宿は、沖縄に

2月:フレックスクッション http://www.santeplus.jp/ との出会い。ローズスパイクの完成。
   講習会は北上と筑後でした。陸連合宿も静岡で。講演をたくさんやっていました。
   スズキの後援で浜松合宿。

3月:「うつくしま公益基金」を獲得。今年のテーマは、競技力向上とコンディショニング。
   情熱大陸の撮影開始。佐賀・伊万里で講習会。アスタキサンフォーラム成功。沖縄で陸連合宿。
   いわきでチーム合宿もやりました。    DNAで面白いトレーニングを開発中。

4月:里帰り合宿。杉森、木田、栗本、長島加入でナチュリル大所帯へ。
   ソーケンメディカルの創立25周年。松岡修造さんの放送。「つむじ風くん」の講習会。    93歳で祖母が永眠。静岡でチーム合宿。久保倉が300日本最高、400Hで日本新。
   2001年二瓶の100m日本新以来7年連続で日本記録を作りました。

5月:マイルリレー、木田・丹野・久保倉・吉田で日本新。情熱大陸。
   スーパーGPでドーハへ、池田が優勝。東北インカレ。GGNにびっくり。
   麻疹騒動で、インカレ出場がピンチ、危機管理とワクチン探しが大変でした。
 キッズアスリート・プロジェクト。

6月:日本インカレ女子総合優勝。国立競技場での胴上げは一生の思い出です。    ランディ1号・2号登場。公開練習に70名のマスコミ、びっくり。    東大柏キャンパスでトレーニングカンファレンス。
   日本選手権。自分なりには満足。

7月:岡山へとんぼ返り講演、同級生(長尾君)はいいもんだ。    杉森が入籍。ビックパレットで大講演。    南部陸上が終了して、世界選手権代表が決定。チーム川本からは、池田、丹野、久保倉、青木
   渡辺な、木田、渡辺ま、佐藤の8名。日本代表10分の1は大満足。    50歳になる年を記念して、筑波大学陸上競技部の同期会。みんなオヤジでした。    日本インカレ祝勝会。最初で最後ですね。
   探偵ナイトスクープ撮影後、ヨーロッパへ。

8月:DNガラン、世界選手権に向けて池田がやや上向きに。
   札幌合宿、ナショナルチームの最終調整。
   チーム川本発足、地元!の声援を背に受けて、これからも頑張ります。
   世界選手権大阪大会、期待された池田は力を出すことができませんでした。声援について再考。
   丹野は準決勝進出、電光掲示の「q」に涙があふれました。久保倉は失敗。
   青木、丹野、久保倉、木田のマイルリレーは日本新記録。

9月:日本学生チャンピオンシップ、インカレの勢いのまま、優勝、入賞者多数(16)。
   杉森披露宴。
   ワールドファイナルでシュツットガルト、コーチ席はたったの8!池田4位。
   上海GP、ドイツから成田でトランジットしただけで上海へ。56秒35のB標準。
   寒い、スーパー陸上

10月:秋田国体、スプリント種目を中心に多数参加。 <br>  コーチングに関する講演が増えました。 <br>   ナチュリルの入団発表、丹野、松田が新人。ありがたい会社です。
ジュニア選手権で大分へ。
日本選手権リレー、400Rはナチュリル1位、福島大2位、1600Rは、逆転。

11月:小学生クロカンリレー、地域指導者養成講習、陸上教室、普及・指導者育成は大切。
ももりんダッシュNo.1、地域とのつながりを実感。
コーチングの講演。
稲尾和久さん逝去、ご冥福をお祈りします。

12月:M&K開業。
50歳の誕生日、50本の赤いバラには感激。
富山市、上市町、東北北海道ジュニア合宿、兵庫高体連の講習会。
沖縄チーム合宿

2007年もいろんなことが、ありました。
1年間、応援ありがとうございました。

川本かんとく陸上日記のトップへ