川本かんとく陸上日記のトップへ
●HPを閉鎖して困ったこと:3月30日(木)

最近物忘れがひどくて、2階に上がったのはいいが「あれっ!何しに来たんだっけ?」と何もせずにリビングに引き返して、もう一度最初から考え直しということも。

ちょっと心配になって友人の脳外科で検査結果「大丈夫」と言われてホッとしています。

ただ、脳細胞の破壊はとどまることを知らず飲み会の翌日は
「よしだ〜、2次会のお金払った?」
「ちゃんと払っていただきました」
この会話が毎回繰り返されます。

特に飲み会で約束したことは一切覚えておらず、ただその瞬間を楽しんでいるダメオヤジです。

で、HPを閉鎖していたこの1年間もほとんどフラッシュバックすることができません。

過去を振り返らないから、昔のことはどんどん忘れてしまい、新しいことを考えようとしているからそうなったと言えば、まあ格好は付くのですがただのボケおやじとも言えます。

そこで、老後の楽しみのためにも日記風に日々の暮らしを書き残していこうかと考えました。


●3月29日(水)

今日は、日差しはあるもののちょっと寒い。
9:30から3時間ほどの練習でした。
全体的にはいい感じで仕上がっています。
今年の女子400Rの目標は44秒台。単独チームでこのくらいのタイムが出せないと・・・・
栗本、長島、熊谷は、最終学年なだけにちょっと真剣に取り組んでいます。

準備を考えるとインカレは7月開催が良かったのですが、
6月に間に合わせるとなると、時間が足らなくなり
例年より少しピッチを上げるしかありません。

インカレの開催はやっぱり秋がいいですね。

学生は5月の地区インカレ、6月の日本インカレ、7月の日本選手権と続きます。
大体が金曜日からの開催なので、移動を含めると木、金曜日の授業を休むことになります。
その他に、春季サーキットなどに出場したり、県選手権に出場したり・・・・
そうなると、受講日数が極端に減ってしまいます。
欠席届を提出して「頑張れ!!」と言ってくれる教授はいいのですが、
それはそれ、これはこれ!!と「欠席」としてしまう教授もいます。
そうなると学生達はピンチ!!
授業評価に出席のノルマが課してある講義は、ある意味アウトです。

(注:福島大学では試合が理由で、欠席は認められていません。)
  
どちらがいい悪いではなく、実際に授業を欠席するのは事実ですから仕方ありません。
が、ナントカしてあげたいのが監督の心情。

けっしてサボって欠席している訳ではありませんが、これで単位を落としてしまう部員もいます。
昨年の丹野も競技会続きでピンチの連続でした。
ただ、学生の試合と教授の休講が重なるとラッキー!
これで、丹野はナントカ単位を取れたみたいです。

川本?川本は他の運動部員が持ってきた「欠席届」は「頑張ってこいよ!」と言って受け取ります。


今日から大学へ岩手県の高校(不来方、黒沢尻北、宮古)が練習に来ています。
それぞれ教え子達が先生をしています。
夜は、当然ながらミーティング!!


●3月30日(木)

今日は練習休み。
こんな日は、仕事!!スプリント学会の原稿が待っています。
いわきの合宿中に書き上げようと思ったのですが、ついつい「24」シーズン4の誘惑に負けてしまいました。反省

朝、研究室に行くとメールが山ほど届いていました。
メールの整理で午前中はおしまい。

午後から「海外研修旅行調書」と「兼業申請書」を仕上げて、さあ、原稿!

と、思ったら「体協」からHP更新のメール。
担当のS君は、転出なのに最後の最後まで仕事をします。
とりあえず、サクサクっと作ってアップ。

S君は、非常にいい教え子で、体協への提出書類を忘れていると、さりげなく催促してくれました。
このお陰で、川本はどれほど助かったか知れません。
何せ補助金の申請などが主なものですから・・・・・
補助金ゼロ!!という危機も何度か乗り越えることができました。

グランドでは教え子チームが練習をしています。
でも、今日の福島は冬に逆戻りしたかのような寒さでした。
雷管の音もしていましたが、この寒さは岩手県チームも大変でしょう。

午後は、川本が大学にいるのが分かっているかのように電話がジャンジャン。
もう勘弁して!って感じです。
この時期は、地元メディアからの取材依頼が大半です。
有望新人を迎えてのお約束ものです。
プライバシーの問題もあるので、うちのチームは外に向けて推薦入試などの合格者名を公表していません。
でも、メディアの人はどこから仕入れてくるのか、よくご存じです。
まあ、メディアの人が自分で調べてくる分にはどうしようもないので、そのまま対応しています。
この3月からチームの広報は「さかみず」が担当することになり、少し負担は減ったのですが、
取材のお願いの最初は私にくるので、やっぱりイヤですねえ。

取材は受けるだけならいいのですが、日本陸連に事前申請しなくてはいけません。
以前は、取材する側が陸連に申請書を出して、陸連から知らせが来るという形だったのですが、
最近は、取材などを受ける側が申請を行うようになりました。
これがちょっと面倒だったのですが、さかみずがやってくれるの助かります。

結局、原稿は進まずじまいで、19時を過ぎてしまいました。
これから飲み会です。


●3月31日(金)

朝起きてみると、春なのに雪。
車にうっすらと積もる程度でしたが、ちょっとショック。

出勤する頃には、日も差してきていい感じで練習ができそうでした。
練習を開始すると・・・・・・
だんだん雪雲が近づいてきて、「きた、きた、きた〜〜」って感じで雪が降り出しました。

でも、もう春なので、途中で晴れ間もでて、いい感じで、「技術走」がやれました。

次は、リラックスした走りを覚えるための「ウェーブ走」
ちょっと向かい風だけど、気温が低いからスピードが出すぎない方がいいか!
少しスピードの上げ下げが大きいので、注意。
いい感じで、まとまりかけています。
と、思っていたら、今度は強風。ポールのマットが吹き飛びそうでした。
最後は、練習になりませんでした。

学生もですが、高校生もこの寒さの中、一生懸命練習していました。

春よ来い!

午後は、資料整理などを・・・・
明日は、JISSに測定、その後、合宿というスケジュールなので
留守にするみんなは、研究室で大忙し。

卒業後も残っている選手達は、陸上に関することをはじめこの研究室で請け負っている業務をそれぞれが分担してやっています。
練習もあるので、大変ですが、ある意味では、社会人としての仕事をこなしているようなものです。
ただ、練習するだけが仕事では、引退後困りますからね。

17:30
岩手の教え子チームが練習終了して宿舎に戻りました。
市内の「竹屋」さんに格安で泊まっています。
ここにも福島大の応援団が・・・・ありがたいことです。

18:00
おっと、大学のワゴン車を借りるのを忘れていました。
ダッシュで、会計課へ
みなさん普通の顔をして残業でした。
お陰で、退勤時刻を過ぎていたにもかかわらず、車を借りることができました。
めでたし。

今日は、教え子チームと夕食です。
正しくは「飲み」でした。

 

川本かんとく陸上日記のトップへ